レンドル最強説&フェデラー最強説blog

【レンドル最強説】の雑記部分をブログ化しました。右のリンクから本体へも是非どうぞ。

2017年、ローマ、大爆笑の巻

せっかく(笑)、わかりやすいフラグ立てたのに(笑)、まさか逆張りしてくるとは(笑笑笑)。
お笑いの世界は浮き沈みが激しいと言われますが、彼は安泰です。さすがです。

もう、あれだ。
ズベレフの話しましょうか。

ケヴィン・アンダーソンがまた良かったですね。
見応えのあるラリーの応酬となりました。
最終的にズベレフが勝ちましたが苦戦させられました。

アンダーソンはコート別で勝率のあまり変わらない選手です。
グラスコートでもそこそこ戦えるというのはプレーを見ていて分かります。
低い球の処理がうまいですね。その点についてはズベレフよりも上である気がしました。
長身で足元も上手い選手というのはプレーの幅が広いですが器用貧乏に陥ることもあります。
アンダーソンはややその傾向があるかなとも思えます。
パワーもあるのですが一撃の決定力に関してはズベレフの方が上に思えました。
いずれにしろこのような見応えのあるラリーというのは良いですね。

名前だけNo.1のしなびた無気力プレーを見せつけられるより遥かにましです。
あ、フォニーニは良かったですよ。今大会は地元ですからね。
バルセロナとマドリッドでナダルが勝ったのに続いて
地元の活躍というのがトレンドになっていると言えましょうか。

この流れで行くと、今は全体的に少し元気がないですが
フランス勢も全仏での活躍に期待できるのかもしれませんね。


《よくある質問》

Q:え、ということはウィンブルドンも??

A:はい。ウィンブルドンを庭にしているフェデラーにはホームと言えますからきっとそこそこの活躍をするでしょう。



さて、対するジョコビッチは初戦をストレートで勝ち上がりました。
ただし、第1セットはタイブレークで、しかも相手は予選上がりのイギリス人!!ですから
不安が払しょくされている気配はまだまだ感じられません。

次の対戦相手はバウティスタ・アグーとカレノ・ブスタの勝者です。
ジョコビッチはクレー巧者との対戦は得意としている方ではありますが
今年に関しては決して安心できません。
カレノ・ブスタとはモンテカルロで戦っていますがフルセットでの勝利でしたし
マドリッドでもアルマグロには苦戦しました。
しかもそれを超えてもその次には錦織かデルポトロと当たる可能性があるのです。


・・・あまりフラグ立てないほうがいい??

いや、立てますよ。

ジョコビッチはマレーと違います。なんだかんだで立て直してくるはずです。
今大会でナダルと再戦しますよ。
実現しないのはそれはナダルが負けた時くらいのもんです。



スポンサーサイト
  1. 2017/05/17(水) 11:05:09|
  2. 2017年4月~6月
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<2017年、ローマはベスト8へ | ホーム | 2017年、マドリッド優勝はナダル。続いてローマも開幕>>

コメント

いやー、いけません、いけません。
正直ジョコビッチはマレーと同等かそれ以上に深刻な気がします。
能力の方はそれは確かにジョコビッチのほうが上ではありますが今の精神状態を考えると立て直すかどうかはかなり不安が・・・。
って、これが逆にフラグになればいいのですが。
ちなみにベデネはご存知かもしれませんが元々はスロベニア人で帰化してイギリス人選手として出てる選手ですね。
規定でデ杯メンバー入りできない話を聞いた時はかわいそうだと思いました。
後、アグーとカレノ=・スタはスペイン選手ですが個人的にはクレー巧者感は薄い気もします。
1年前のTENNISDAILYの選手名鑑では二人共モヤやフェレーロなどを憧れてい育ってきたと書かれていて、
その2人はマルチコートタイプのスペインテニスの先駆者のでその影響もあるでしょうね。


  1. URL |
  2. 2017/05/17(水) 11:38:06 |
  3. マルト #-
  4. [ 編集]

>マルト様

詳細の情報ありがとうございます。

クレー巧者感が薄いというのはなるほどと思いました。
が、そうするとますますジョコビッチに不安が・・・

  1. URL |
  2. 2017/05/17(水) 12:06:15 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

記事タイトルに思わず笑ってしまいました。

いやー、もう何年もそうですが、彼は本当に管理人様の強大なフラグパワーをものともしないですね。
いつも斜め上というか、思惑の裏の裏の裏くらいを狙ってきます。
昨年No.1になり、いじられキャラもついに卒業かと思いましたが、今年も期待どおりです笑。


…試合観れてませんが、今の彼は何が悪そうな雰囲気なのでしょうか?どこかのサイトで、ウィナー級ショットを打たれても打たれても拾い続ける、いつまでも走り続ける粘りのフットワークが見られなくなった、というのを読みましたが、そんな感じなのでしょうか?
それともジョコビッチのように全体的な姿勢として元気がない感じなのか…
(コメント欄なので、弄ばずに素直に少し心配してみました)
  1. URL |
  2. 2017/05/18(木) 17:20:47 |
  3. karo #vF6dOJDI
  4. [ 編集]

モナコが引退

こんばんは。
元世界ランキング10位のJ・モナコが現役引退を発表しました。
個人的には2008年全米での錦織の1回戦の対戦相手としての印象が強いです。
思えばあれからもう9年経つんですね。

生涯成績は342勝271敗。
コート別勝率は、クレーが6割を超える代わりにその他のコートでは50%割れとなっています。
グランドスラム出は負け越していますが、マスターズでは勝ち越しています。

ざっくりですが、引退情報でした。
  1. URL |
  2. 2017/05/18(木) 21:12:33 |
  3. 2R #2mo2qD.Q
  4. [ 編集]

引退ですか。

モナコ、引退ですか。もう33歳だったのかぁ。そしてランキングは200位近いとこまで落ちていたんですね。
アルゼンチンというと、デルポとモナコって思っていたので、去年、デ杯のメンバーになっていないことに気づき、驚いたのを思い出します。
「通貨危機のころはボールも満足になく、打っては拾いを繰り返していた」というインタビューも衝撃的でした。

昔なら33歳で引退というのは「なんという長寿!」となるんでしょうけど、今はそう思えないですね。
あの方ももう30ですしね。。。マスターの義務からも徐々に解放されて、休みながらやっていくんですかねぇ。
しばらくはフル出場で意地を見せてほしいところですが。
  1. URL |
  2. 2017/05/18(木) 22:53:08 |
  3. かめ #k0H9quHE
  4. [ 編集]

我々の期待の星、ズベレフがフォニーニに勝ちました。
これもきっと第1シードの人がフォニーニを苦しめたお陰でしょう。
我々ズベレフファンとしては、第1シードの人に感謝しなければいけませんね。
この先もドロー運を味方につけたズベレフが猛威を振るうでしょう。

・・・次に当たるラオニッチが好調のようですし、チリッチも好調みたいなので
トップハーフはどうなりますかね。
  1. URL |
  2. 2017/05/19(金) 00:17:37 |
  3. ラカン #KTFWzs4k
  4. [ 編集]

ファン・モナコは怪我で最近あまり活躍を見ませんでしたね。
ニューボールズの少し下の世代となるでしょうか。
少し前からニューボールズ世代がバタバタと引退していましたが
その下の世代にまで引退が及ぶようになってきてしまいました。

アルゼンチンは一時期スペインに匹敵するテニス王国感がありました。
ニューボールズ世代ではガウディオ、プエルタ、コリア、ナルバンディアン、カニャス等々、
モナコはこれらの選手よりも若いという意識でおりましたので引退となると少々驚きを感じます。
モナコは1984年生まれなので他に同世代としてはベルロク(83)やセバジョス(85)がいます。

ただ、アルゼンチンは去年デ杯を取っていますし、スペインよりは若い世代にも可能性があるといえます。
何と言ってもデル・ポトロがいますし、更に下の世代ではデルボニスやシュワルツマンが出てきています。

モナコ本人に関しては実は私は正直あまり試合で印象に残っているものがないです。
風貌がカッコいいというのと筋肉の付け方が凄いというのが印象です。

アルゼンチン選手はコレチャ以来、ウェイトトレーニングを積んだ筋骨隆々たる選手が多いイメージですが
モナコはその典型的な選手と感じました。

  1. URL |
  2. 2017/05/19(金) 14:15:54 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

実は私もそうなんです。

> 管理人様

>> モナコ本人に関しては実は私は正直あまり試合で印象に残っているものがないです。
>> 風貌がカッコいいというのと筋肉の付け方が凄いというのが印象です。

引退ニュースに驚いている割には、この部分、実は私も全く同じだったりします。(^^♪
  1. URL |
  2. 2017/05/19(金) 21:00:22 |
  3. かめ #k0H9quHE
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ausaga.blog71.fc2.com/tb.php/1070-df6312b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Au-Saga

Author:Au-Saga

本体へのリンク

男子テニスデータ検証サイト
【レンドル最強説】
【更新履歴】
【ATP】

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター