レンドル最強説&フェデラー最強説blog

【レンドル最強説】の雑記部分をブログ化しました。右のリンクから本体へも是非どうぞ。

2016年、ウィンブルドンベスト4出揃う

大会ベストマッチが更新されました。
ラオニッチvsゴファンも良かったですが、
昨日のフェデラーvsチリッチには参りました。

こんなにも手に汗握る試合というものを久々に味わいました。
フェデラーのギリギリのところでの踏みとどまりと巻き返し、
そしてチリッチの勢いのあるショット。
第3セット途中までのサーブがずっと続けばチリッチの完勝で終わったでしょう。
しかし僅かな望みにかけて最後まであきらめないフェデラーは凄かったです。

芝生は思ったよりイレギュラーが少なそうでした。
ただしベースライン付近は荒れてましたので
フェデラー得意のバックのライジングがネットにかかるケースが多かったです。
フェデラーが巻き返しを開始したころからはチリッチのショットが
スタートほどの伸びでなくなったでなくなったのもあるかもしれませんが
前めでのカウンターを増やしていたのが印象的でした。
あと強引なショットを抑えて守備的なショットを増やしていったのはありだと思いました。
このスタイルはそのまま次のラオニッチ戦でも有効だと思います。

負けたチリッチもやっぱりいい選手ですね。調子のいい時は、という但し書き付きにはなりますが。
あの全米優勝以来、タイトルがなかったとは知りませんでした。
もしも今回優勝してたらどんだけ効果的な優勝の仕方なのかというところでした。
もはやヤン・コデス級といったところです。

今大会は低めのショットの処理がカギだと思ってました。
チリッチはその点とても効果的にプレーしてました。
まずは単純にサーブが抜群に良かったこと。
これは、そもそも返球されないので低めも何も関係なくテンポよくサービスキープができます。
そしてもう一つ、その肝心の低めのショットそのものがきちんと処理できてました。
天候がカラリと晴れていたのもあってバウンドが高めだったのかもしれませんが
低い球でも守備的でなく強い返球をしていました。
私は長いラリーになれば引き出しの多いフェデラーの方が有利だと思っていたのですが
チリッチは全く打ち負けないどころか圧倒する場面が驚くほど多かったです。

ショットパワーでは圧倒的にチリッチでした。
フェデラーは細やかなフットワークこそ健在ですが、スピードは以前ほどではないと感じました。
しかし技巧は全く衰えていないです。昨日の勝利の要因はこの技巧とそして経験だったと思います。
チリッチは低めのショットがしっかりと強打できてたので単純なスライスでは効果が薄いです。
しかし、横に流れながらのショットではミスをすることが多く、
フェデラーは非常に効果的にそれを使ってました。
ドロップショットや追いつきざまのタッチショットなども含めて、
フェデラーにしかできないプレーが随所に観られたと思います。

心配なのは相手がフェデラーの技巧についてこれるようなプレーをしてくると果たしてどうなのか、
というのと、あとは何といっても疲労度合いですかね。
若いラオニッチが昨日のチリッチと同等プラスアルファで戦ってきたらちょっと厳しいです。
私の予想はあくまでもラオニッチですので。


さて、改めてベスト4の顔ぶれを見てみましょう。
・フェデラーvsラオニッチ
・マレーvsベルディフ

大会序盤では番狂わせがあって荒れ模様の大会でしたが
ここに来てメンバーを見るとさして不安定な感じはしないです。

残った選手はいずれもベスト4経験者ですし、グラスコート適正も高いです。
また今大会のポイントであるサーブと低い球に関しても問題ない選手ばかりなので
質の高いプレーが期待できると思います。
あとは本当にコンディションがどうかですね。


スポンサーサイト

テーマ:テニス - ジャンル:スポーツ

  1. 2016/07/07(木) 12:00:42|
  2. 2016年4月~6月
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12
<<2016年、ウィンブルドンは準決勝が終了 | ホーム | 2016年、ウィンブルドン4回戦>>

コメント

昨日はしびれましたね。
ところで、管理人さんの「ラオニッチ」予想は、勿論、いつもと同様に外れることを予見されての事なんですよね?

本気で書かれている雰囲気があって少し心配しております。。。
  1. URL |
  2. 2016/07/07(木) 10:37:55 |
  3. Roger LOVE #-
  4. [ 編集]

お久しぶりです。
スコアのみの観戦でしたが、本当に冷や冷やしました。
ジョコビッチが敗れた絶好の機会でまさかチリッチに・・・と。

それでも第4セットを取れれば勝てるだろうと思っていましたが、
タイブレとなり、じっとライブスコアを見つめ続けていました。
チリッチ好調そうなスタッツでしたが、そんな展開だったんですね。
後で動画が上がったら確認しようと思います。

しかし、フェデラーは回復が間に合うか気になりますね。
2014年の全米のQFでも2セットダウンを跳ね返しましたが、
次のSFでチリッチにストレートで敗れています。
今回は試合時間はそこまで長くなかったですが。
(合計ゲーム数はマレーvsツォンガより多いのに、時間は短い)

そして、唯一ストレート勝ちを収めたベルディヒ vs マレーも気になりますね。
  1. URL |
  2. 2016/07/07(木) 11:53:38 |
  3. ラカン #KTFWzs4k
  4. [ 編集]

フェデラーのWB84勝を記念してコナーズとの比較をしてみます(フェデラーは暫定ですが)

  コナーズ    フェデラー
  84-18    84-10
  優勝2回    優勝7回
  決勝6回    決勝10回
  準決勝11回   準決勝11回
  準々決勝14回  準々決勝14回

こうして見るとフェデラーの準決勝以上での強さが際立ってますね、これ以上はあえて何も言いますまい
準決勝以降が楽しみです
  1. URL |
  2. 2016/07/07(木) 15:19:30 |
  3. ジャックナイフ #-
  4. [ 編集]

すごかった!!とにかくすごかった!!
両者のプレー、要所要所の駆け引き、本当に素晴らしかったです!!
ハラハラドキドキが止まりませんでした!!
特に第4セットのタイブレークはもうやばかったです。
夜遅くに思いっきり騒いでしまいました(^_^;

限りなくマッチポイントに等しいブレイクポイントをチリッチににぎられ、観てる側ですら緊張してしまう場面で、どうしてあんな速くてラインぎりぎりのセカンドサーブが打てるんでしょう。
あのメンタルの強さ、勝負強さには改めて驚かされました。

チリッチも今大会はすごく好調でしたね。
2014年全米に匹敵するレベルといって過言ではないと思います。
  1. URL |
  2. 2016/07/07(木) 16:49:49 |
  3. karo #vF6dOJDI
  4. [ 編集]

いやぁ。。。

手は冷たくなるのに、汗ばんできて、しまいにプルプル震えてきました。
窓を開けての観戦だったので、声は抑えめにしていましたが、たぶん隣の家の人にいぶかしがられていたことでしょう。。。。

この試合ムチャクチャ体に悪いですよね。血圧の乱高下に、血管がかなり老け込んだと思います。

  1. URL |
  2. 2016/07/07(木) 20:32:30 |
  3. かめ #k0H9quHE
  4. [ 編集]

星の違い

流石フェデラー!と言いたいところですが、あそこまで好調で良いサーブを打ち続け、ストロークも好調でフェデラーをネットにつかせず、フェデラー側も平凡なストロークミスを重ねているというのに、チリッチが勝てないというところに役者の違いというか、両者はそういう星の下に生まれたんだなぁ、という気がしましたw
  1. URL |
  2. 2016/07/07(木) 20:33:16 |
  3. SST #-
  4. [ 編集]

全ての山で可能性ある1.2位が上がってきたという感じですね。誰が優勝しても面白そうですし、マレーもベルディヒもフェデラーをWBコートで倒してますし緊迫感ある組み合わせですね。ジョコビッチがいないと、実はジョコビッチが封じ込めていたチリッチのような選手が台頭してきますね。ラオニッチもそうでしょう。錦織も怪我を早く治して台頭してほしいものです。
やはりフェデラーマレーになったらコーチが優秀とか言ってマレーを押し始めるのでしょうか。
  1. URL |
  2. 2016/07/08(金) 09:05:02 |
  3. ぽーち #2TDfamfI
  4. [ 編集]

おお!
フェデラーのウィンブルドン勝利数のネタを書き込もうと思ったら先を越されてしまいました。
マスコミはこういうマニアックな記録を取り上げてはくれないので、
こういう話題ができることこそこういったデータサイトの醍醐味ですね。

しかし、このウィンブルドンはメモリアルな記録が他にもまだまだあります。
フェデラーは準々決勝の勝利でグランドスラム307勝目を挙げました。
女子のナブラチロワを抜いて男女を通じて最多記録だそうです。
大抵の記録で女子のそれが男子を上回っている中、この記録の更新はまさに快挙と言っていいでしょう。
フェデラーは他にもグランドスラム連続出場、グランドスラム連続世界ランク1位在位と言った記録で女子のそれを上回る記録を残しています。
あとはグランドスラム連続準決勝・準々決勝進出あたりもそんな感じ行ってそうです。

フェデラーのグランドスラム成績は現在307勝50敗です。
ナブラチロワのそれは306勝49敗だそうです。

ちなみに女子のS・ウィリアムズもこのウィンブルドンで300勝に到達しています。現在303勝42敗です。
まあここ最近は敵がいないですから、勝率が高いのは納得です。


さてさてフェデラーの話題はこのくらいにして、ジョコビッチです。
今大会3回戦で敗れてしまったジョコビッチですが、グランドスラム勝利数でついにレンドルを抜きました。
現在のジョコビッチのグランドスラム成績は223勝35敗です。
レンドルは222勝49敗ですから、勝率がかなり高いですね。
次のアガシは224勝53敗ですから、全米で3回戦に進めばアガシも抜いて225勝目となります。

フェデラーに次いで歴代2位のコナーズは233勝49敗です。ウィンブルドンの敗戦で2016年中の到達は不可能になりました。
最速でも到達は来年の全豪になります。

しかしこれは読めません。
ジョコビッチの実力ならばあっという間に到達するのは明白ですが、そう思われたウィンブルドンで思わぬ敗戦を喫しています。
単なる取りこぼしの1つとも言えますが、2011年以降それが全くなかったのがジョコビッチの売りでしたから、それがここで出た、というのが衝撃的な事態です。

ちなみにナダルは現在200勝30敗、ジョコビッチとは20勝以上の差がついてしまいました。
そしてマレーは現時点で170勝39敗。どうにか200勝には到達できそうですが、どうなるでしょう。

各グランドスラムの勝利数でもジョコビッチはすごいです。
全豪では歴代2位のエドベリをすでに抜き、全仏勝利数では歴代3位のビラスにあと1勝と迫っています。

ウィンブルドンは歴代5位の54勝、全米では歴代7位の57勝です。
この2大会は長い伝統があるだけにレジェンドの数字がやばいです。

そういえば今回ウィンブルドンでコナーズを捉えたフェデラーですが、全米では1回戦にカツとアガシに並びます。
もう1勝すると勝利数を80に乗せるとともにコナーズに次ぐ歴代2位に躍り出ます。
とはいえコナーズまではそこからさらに18勝必要です。
現実的には2019年の全米まで出場してそれなりに勝ち上がらなくてはいけません。
この人、ヤバすぎます。


最後にウィンブルドンの展望ですね。
鍵はやはりラオニッチでしょうか。
ここが大ベテランフェデラーとどう戦うかが楽しみです。勝てば現時点で最も若いファイナリストになります。
一方にフェデラーも勝てば記録づくめの1勝になります。

もう一方はマレーvsベルディヒ。
マレーが勝てば自身11度目のGS決勝。ベルディヒが勝てばウィンブルドン6年ぶりの決勝。
マレーさん、ここは負けてられません。ジョコビッチが敗れたときくらい、優勝しないと。
ベルディヒも強いですが、それ以上にマレーさんがしっかりしてくれないといけません。

さてあまり期待するとこのくらいにしましょうか。


今大会はグランドスラム関連の記録がトレンドなので、これを期にまたグランドスラム成績にスポットを当ててみたいものです。
4年前、フェデラーがコナーズを抜いた時とはフェデラーやジョコビッチの数字が段違いです。
マレーも数字を伸ばしています。
いまはどうなっているでしょうか?
  1. URL |
  2. 2016/07/08(金) 13:10:28 |
  3. 2R #2mo2qD.Q
  4. [ 編集]

皆さま、コメントありがとうございます。

でも危ないです。話題がフェデラー一色になってますよ。
よほど期待されているのは分かりますが、気持ちは抑えないと。

ラオニッチかベルディフだと思いませんか?

  1. URL |
  2. 2016/07/08(金) 13:44:25 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

管理人さん、コメントありがとうございます。
そうですね。
期待しまくりで話題がフェデラー一色になってしまってますね。。。

でも、あんなプレーを見せられると、気持ちが抑え切れないんですよーーー(笑)

ラオニッチ!ラオニッチ!ラオニッチ!
・・・ってこのブログでは叫んで起きますが、私は名前の通り、彼の優勝を心から願っています。
  1. URL |
  2. 2016/07/08(金) 15:26:54 |
  3. Roger LOVE #-
  4. [ 編集]

ああ・・・

フェデラーの全英準決勝不敗記録が途絶えてしまいました。
第四セットはタイブレになれば取れると思ったのですが、
あの流れで最後のゲームを40-0から落とすとは・・・
チリッチ戦の疲れでしょうか。

せっかくの週末ですが、不貞寝します(泣)
  1. URL |
  2. 2016/07/09(土) 01:08:19 |
  3. ラカン #KTFWzs4k
  4. [ 編集]

もーう!
皆フェデラーフェデラー言い過ぎだから~
自分も本当はフェデラーフェデラー言いたかったから~

チリッチ戦の後何回ひゃっほーうって言ったか!!
どんだけフェデラーに昇天させられたか

ここじゃ、このブログじゃ、褒めちゃダメ!
ダメなの。

特にフェデラーとかマレーとか錦織とか!!
褒めちゃダメ、期待してもダメ!
キリオスは別にいいけど。

あああ~!



は・・・!



皆さま、取り乱しまして、大変、大変失礼いたしました。
ここはコメント欄ですから、ついつい油断して別人格が出てきてしまいました。

つとめて冷静を装っている記事本文の私に戻ります。

あの、大丈夫です。全然大丈夫ですから。

皆さんはフェデラーのことも誰のこともうんと褒めてください。
遠慮なさらずに好きなことをどんどん書き込んでください。
今後とも変わらずのお付き合いよろしくお願いします。

私の、私だけの気持ちの問題ですから。
好きな選手を褒めた後の、しかし負けてしまった後のあの落胆。
あれを味わうくらいなら、「きっと勝たないよ、ふふん、」
と防衛線を張っていたほうがましだという非常に後ろ向きな、
傷つくことを恐れて守りに入った人間の哀れな生き様なんです。

昨日のラオニッチの積極的で生き生きとしたプレー観ましたか?
もう惚れ惚れします。私の生き方とは真逆です。
私がもしもプロ選手になっていたらフォアもバックもスライスしか使わない
信じられないほどの守備型の選手になっていたことでしょう。

トーナメントはあと1試合残しています。
まだまだ終わってないですから落胆に負けずに大いに楽しみましょう。


いや、みなさん、楽しんでください。
私の分も・・・

仕事の都合で私きっと決勝が観られないんです。よよよ。




・・・もーう!

こういう時に限って~
また別人格になるぞ!

  1. URL |
  2. 2016/07/09(土) 12:28:10 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ausaga.blog71.fc2.com/tb.php/1004-201bf259
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Au-Saga

Author:Au-Saga

本体へのリンク

男子テニスデータ検証サイト
【レンドル最強説】
【更新履歴】
【ATP】

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター