レンドル最強説&フェデラー最強説blog

【レンドル最強説】の雑記部分をブログ化しました。右のリンクから本体へも是非どうぞ。

2016年、リオ・オリンピック2回戦

んもう、せっかくのあのジョコビッチ推しの記事なんだったのか。
書いた瞬間に負けたくらいの勢いでしたね。

ジョコビッチの敗退により、ダニエル太郎の輝かしい予定が一つ減ってしまいました。
順調に2回戦も勝ったというのに。
しかしまあデル・ポトロとの熱戦に期待しましょう。
ポテンシャルでは最強のデル・ポトロですから、普通にいけば当然勝てないでしょうが
ジョコビッチに勝つって並大抵じゃないですからね。
そろそろ体に負担がかかっているかもしれません。
結局今大会初戦で敗退したシードは16人中2人でした。
そしてその2人を倒したのがデル・ポトロとダニエル太郎ということですから
この3回戦こそが事実上の決勝となるのです。
決勝が言い過ぎなら事実上の最強ノーシード決定戦と申せましょう。

その他2回戦では、ナダルvsセッピも注目です。
ジョコビッチに続いてナダルも・・・となり得るかどうか。
ナダルには頑張ってほしいですが色々と不安が付きまといます。
この試合の勝者は杉田vsシモンの勝者と対戦します。
マスコミはメダルメダルうるさいですからね。
ナダルにも頑張ってほしくはありますが、まあ
杉田がさくっとベスト4まで勝ち上がってしまうのもいいんじゃないでしょうか。


錦織は不安です。第4シードなのだからベスト4は当然?
いえいえそう甘いものではありません。
次に対戦するオーストラリアのミルマンは初戦をなんと「6-0 6-0」で勝ち上がっています。
こんな強敵に錦織は勝てるのでしょうか。
そしてその後には、スロバキアのマルティンが控えています。
この選手は2回戦でかのコールシュライバー氏を戦わずして退けるという離れ業を披露しています。
恐るべき精神攻撃力の持ち主です、どんな手を使ったのでしょう。
正直ミルマンもマルティンもランキング70位台のあまり知らない選手ですが
錦織にとってはとてつもない強敵であることは間違いありません。
失ゲーム0の相手と連続で戦わなければいけなんです。
しかもその後の準々決勝は勝てないことが約束されたような対戦が控えていますし。

もうメダルメダル言うのやめようね。
柔道と水泳に任せておけばいいじゃない。

スポンサーサイト

テーマ:テニス - ジャンル:スポーツ

  1. 2016/08/09(火) 09:24:40|
  2. 2016年4月~6月
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
<<2016年、リオ・オリンピックはベスト8へ | ホーム | 2016年、リオ・オリンピック開幕>>

コメント

管理人様

ついつい銀メダルで満足して決勝のフラグを立ててませんでした。危うく全米2014の二の舞になるところでした。
決勝ではナダルもしくはデルポトロが怪我からの復活!ATPが喜びそうですし、マレーのようにその後のGSにも繋がりそうです。もしくはゴフィン優勝で昨年のデ杯の無念を返上…ベルギーは盛り上がりそうですね。それともダニエル、杉田がトップ選手を抑えて奇跡の優勝!盛り上がりますね。(最後の2人だったら問題ありませんでした)
  1. URL |
  2. 2016/08/09(火) 16:51:48 |
  3. ぽーち #2TDfamfI
  4. [ 編集]

ジョコビッチがシンシナティ欠場

こんばんは。
リオオリンピックも試合が進んでいますが、続くシンシナティに関するニュースも入ってきています。


これが最大のニュースでしょう。
シンシナティマスターズ、ジョコビッチが欠場です。

これで今年もゴールデンマスターズは実現しないことになりました。
http://www.ubitennis.net/blog/2016/08/09/novak-djokovic-set-to-skip-the-cincinnati-masters/
一応ソースを乗っけておきます。

フェデラーも欠場ですから、錦織は現時点で第5シードです。
また現在は、怪我でリオをスキップしたワウリンカの去就も不明です。
もしワウリンカも欠場となれば、またしてもマスターズ第4シードということになります。

トップシードはマレー、ついで出場ならワウリンカ、そこからナダル、ラオニッチ、そして錦織と続きます。

対抗シードを見てみますと、
第4シードになった場合、3回戦はキリオス、アグー、ロペス、クエバス、QFはベルディヒ、ティエム、ツォンガ、モンフィス、SFはマレーかナダルとなります。
ワウリンカが出場し第5シードの場合は3回戦はモンフィス、フェレール、ゴファン、チリッチ、QFはマレー、ワウリンカ、ナダル、ラオニッチです。
キリオスとかロペスとか、怖い選手はいますがやはりこの差は明白です。第4シードに入れば大きいです。

まあ、かといって欠場を願うのはフェアではありません。

ただ、マレーもナダルも錦織もまだ勝ち残っています。戦況次第では彼ら自身が欠場する可能性もままあります。
まあ、マレーは大丈夫だと思いますけどね、なんだかんだタフな選手です。
2014年の終盤とかに比べたら、まだ楽だと思います。
ナダルと錦織はオリンピックの成績次第ではシンシナティで力が出せないというのはままあるのが気がかりですね。
  1. URL |
  2. 2016/08/10(水) 01:06:32 |
  3. 2R #2mo2qD.Q
  4. [ 編集]

涙涙

ジョコが一回戦で負けてしまっただけでも涙でしたのに、
シンシナティも欠場なんて...オリンピック時も本調子じゃなかったのかも?
と思っちゃいます。
怪我だとしたらしっかり治して、全米獲ってほしいです。
マスターズ制覇よりやっぱりグランドスラム勝利数ですよねっ
  1. URL |
  2. 2016/08/10(水) 12:55:30 |
  3. もん坊 #-
  4. [ 編集]

やっぱり何かあるのかな?

後出しと言われればそうなのですが、ウィンブルドンの1回戦から何か集中力が出来ていない気がしていました。3回戦でクエリーに負け、心配したトロントで優勝したとはいえ、ずっと引っかかっていまいした。
本人の体調面というより、何か心配事(家族の健康問題など)があるんじゃないかなと。

言霊っていうことばもありますし、単なる推論だけなので書き込みするのは憚られておりましたが、ここにはどうやら『金の斧、銀の斧』の女神様がいらっしゃるようなので、思い切って書き込んでいます。

どんな応えを出してくださるのかしら・・・・。怖いなぁ。。。。


  1. URL |
  2. 2016/08/10(水) 16:33:00 |
  3. tote #-
  4. [ 編集]

皆さま

ジョコビッチは急に心配をかける選手になってしまいました。
カナダで勝っているし、今回の敗退もデル・ポトロの良すぎた部分があるので
そう悲観せずに行けば私はジョコビッチならまだ大丈夫だと思っているのですが
精神的なところで疲れとか何らかの状況が発生するのならばさ俺が危険だと思います。

かつてフェデラーが少し力を失いかけた頃は
フェデラーと同等以上のショットを打つような選手もガンガン出てきていて
プレーそのもののレベルで他の選手が追いついた感じがあったのですが
今はジョコビッチに匹敵するような強さの選手がいません。
言い換えればフェデラーが落ちかけてもなかなか落ちなかった頃に比べれば
ジョコビッチがまだ強さを維持し続けるのは遥かに簡単なはずなのです。
これはもちろん見方を変えれば他の選手の不甲斐なさもあるのですが
ここで少し低迷してしまうようだと混沌の時代を招くかもしれません。
ジョコビッチが休養をしっかり取って挑む全米の展開は注視したいと思います。

  1. URL |
  2. 2016/08/12(金) 10:48:26 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ausaga.blog71.fc2.com/tb.php/1011-a88635c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Au-Saga

Author:Au-Saga

本体へのリンク

男子テニスデータ検証サイト
【レンドル最強説】
【更新履歴】
【ATP】

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター