レンドル最強説&フェデラー最強説blog

【レンドル最強説】の雑記部分をブログ化しました。右のリンクから本体へも是非どうぞ。

2016年、パリはベスト8が出揃う

準々決勝の顔合わせは以下の通りです。

・ジョコビッチvsチリッチ
・イズナーvsソック
・ラオニッチvsツォンガ
・マレーvsベルディフ

この中で一番の驚きはイズナーvsソックのアメリカ対決でしょう。
どちらもノーシードでファイナル出場も関係のない選手です。
まあイズナーはシードでもおかしくない選手ですが、ソックは完全にダークホースです。
これまでティエム、ガスケを下してきていますので十分な結果だといえます。

チリッチはゴファンとのファイナル出場をかけた直接対決を制しで勝ち上がってきました。
この勝利によりファイナル出場権を決めています。
次のジョコビッチ戦は気持ちも晴れた上での良いチャレンジになりそうです。
ただ、ジョコビッチにはこれまで14戦して0勝14敗と何故か全く勝てていない状況です。

チリッチに負けたゴファンは出場を逃してしまいました。
先週のデル・ポトロもそうですが、今回も早いラウンドでチリッチと不運の続いたドローになった感はありますが
この敗退はすなわち誰にでも勝てる選手でないとファイナル出場の資格はない
ということの裏返しですから来年はしっかりと克服してほしいです。

ツォンガは錦織に大逆転のすれすれで勝利しファイナル出場への望みをつないでいます。
ただし条件は優勝なのでかなり厳しいチャレンジにはなっています。
錦織は、らしからぬ変な負け方でしたが、ファイナルへの調整を考えたらこの位でもありかもしれません。
欲を言えばポイントでラオニッチの上に行ってシード4を獲得したかったところでした。

このところ3大会連続で初戦敗退を喫していたベルディフでしたが、今回は勝ち上がっています。
ファイナル出場もまだ可能性が残されており、今大会での準決勝進出が第一条件となっています。
すなわち次の試合で勝たないといけないのですが、
空気を読まないことに関してはツアー屈指ともいうべき選手が相手ですので
これもそこそこハードルが高いチャレンジといえそうです。
ただ過去の対戦成績は6勝9敗と健闘してますので絶望的ではありません。
自力で勝ち取れる場所にいるわけですから可能性として充分にあるといえます。

ファイナル出場の最後の切符は、パリでツォンガが優勝すればツォンガ、
ツォンガが優勝せず、ベルディフが準決勝以上に進めばベルディフ、
どちらも達成されない場合はティエムのものととなります。

ゴファンと共に初出場若手選手としてのエントリーを期待していたティエムですが、
今大会でも初戦敗退してますし、正直、今の調子で出場しても3連敗が頭をよぎります。
もちろんいざ出場をして気持ちを新たに活躍してくれれば嬉しいですがその辺りどうでしょうか。



スポンサーサイト

テーマ:テニス - ジャンル:スポーツ

  1. 2016/11/04(金) 10:39:33|
  2. 2016年10月~12月
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:15
<<2016年、パリはマレーが優勝 | ホーム | 2016年、ウィーン&バーゼルからパリへ>>

コメント

ティエムファンとしては空気を読まない選手に勝ってもらわないといけないところなんですが(笑)
先日チリッチとベルディヒで最終戦は決まりかなあ、なんてコメントしましたけどちゃんと計算してみればティエムはシードだから45ptが
自動的に加算されるし、ベルディヒは準決勝まで行かないといけない、つまり空気読まない人に勝たないといけないし
ティエムはまあ安全圏だとわかったので楽観視しています。
ジョコビッチが準々で敗れたので、1位になれるプレッシャーで空気読まない人が負けるなんてこともあるかもしれませんけどね。
  1. URL |
  2. 2016/11/05(土) 03:15:31 |
  3. フェレールのくわえタオル #-
  4. [ 編集]

現在の条件ではその人は決勝に行けばNo1になれるので、
きっと空気を読まずに準々決勝で勝ってベルディヒのファイナル出場を阻止した上、
準決勝で負けて自身のNo1を阻止するのではないでしょうか。
  1. URL |
  2. 2016/11/05(土) 03:49:19 |
  3. ふぁぶ #-
  4. [ 編集]

>フェレールのくわえタオル様
>ふぁぶ様

ジョコビッチの神通力が少し陰った今、色々と空気読まない人次第になってますね。

既にベルディフは退けられており、早速一つ空気感を出しています。
ティエムの進出が決まったわけですが、モンフィスが怪我で黄色信号と考えれば
一応ベルディフは補欠の立場にはおります。

準決勝はラオニッチ戦ですが、空気読まずに敗退も大いにあり得ますね。

  1. URL |
  2. 2016/11/05(土) 10:22:17 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

キャリアハイ更新の面白さ

実は、ラオニッチも次の試合にキャリアハイの3位浮上がかかっているんですよ。

なので勝った方がキャリアハイを更新する試合なのです・・・。

そしてチリッチはすでにキャリアハイを更新しているのですが、
準決勝を勝てばモンフィスをも抜き去ります。

そしてモンフィスはチリッチが勝つとキャリアハイを更新できなくなるのです。
モンフィスのキャリアハイは7位。チリッチが勝つとチリッチが6位に浮上して7位どまりになってしまうのです。
なんということでしょう!

最近は大抵この辺のラウンドになるとBIG4ばかりになることも多かったのでこういうことも少なかったのですが、
今回のパリはなかなかわくわくしますね。
  1. URL |
  2. 2016/11/05(土) 10:39:01 |
  3. 2R #2mo2qD.Q
  4. [ 編集]

こんにちは

元気のないジョコビッチの敗退により思ったより早くマレーにチャンスが来ましたね。管理人様の逆フラグにも乗って遂にNo1でしょうか?
しかし私最近チリッチに注目しております。WBでもフェデラーをあわやストレート?まで追い込んでたプレーを見て2014USopenを彷彿させました。その後フェデラーとのメンタル勝負で折れましたが…しかしその後も波はあるものの、これで後半にマレー、ジョコ、錦織とトップ5にストレート勝ちしており1000も500も取りました。
ちょっと早いですがNo1争いだけでなくファイナルのラウンドロビンは面白そうですね。前半走ったモンフィスティエムが戻すのか、後半上げて来ているチリッチなのか、パリ早期敗退して力を溜めれるワウリンカ錦織か。結局トップ2か。試合の順番や疲労でも勝敗がコロコロ変わりそうですし、トップ2もNo1争いで硬くなりそうで楽しみです。タイトル不足な錦織には何とか2勝を挙げて貰いたいですが。
  1. URL |
  2. 2016/11/05(土) 11:25:28 |
  3. ぽーち #2TDfamfI
  4. [ 編集]

マレー、1位奪取までいよいよあと1勝となりましたね。
ラオニッチにはここまで7連勝中で、しかも殆どセットを取られていません。(19セット中3セットだけ)
更にラオニッチはこのところ調子が今一つで、一方でマレーはデ杯で負けて以降連勝中。
となれば結果は明らかではないかと思えますが・・・終わってみないとわかりませんよね。
準決勝と決勝はNHKで放送されるので、楽しみにしています。
果たして今夜もいつもの「絵」を見せてくれるのでしょうか。
  1. URL |
  2. 2016/11/05(土) 12:25:53 |
  3. ラカン #KTFWzs4k
  4. [ 編集]

おめでとうアンディ・マレー世界ランク1位

逆フラグがとんでもない方向に作用しました。

ラオニッチが準決勝を棄権。
まさかの不戦勝でマレーの世界ランク1位が確定しました。

正直、肩透かし感が、すごいです・・・。

不戦勝で世界ランク1位奪取確定というのは、かなりレアな記録ではないかと思います。
  1. URL |
  2. 2016/11/05(土) 23:30:19 |
  3. 2R #2mo2qD.Q
  4. [ 編集]

ビックリですね。
2011WB準決勝のジョコビッチのような僥倖パフォーマンスなく奪取とは…
せめて決勝は勝って欲しいですね。ポイント差もつきますし。
  1. URL |
  2. 2016/11/05(土) 23:53:50 |
  3. ぽーち #2TDfamfI
  4. [ 編集]

NHKの中継で知ってビックリしました。
何はともあれ、管理人様、マレーファンの皆様、おめでとうございます。
今年は何かと大きな出来事の多い一年ですね。

まだツアーファイナルでひっくり返る可能性もあるので、
気を抜かずにもう一頑張りして欲しいです。

これで最強の2位、といった称号ともお別れですね。
  1. URL |
  2. 2016/11/06(日) 00:52:45 |
  3. ラカン #KTFWzs4k
  4. [ 編集]

空気読まなかったのはまさかのラオニッチでしたね。。。
マスターズの準決を出たくない選手なんていないでしょうし、もちろん本人に悪気はないのでしょうけど。。。
  1. URL |
  2. 2016/11/06(日) 01:29:28 |
  3. ふぁぶ #-
  4. [ 編集]

マレーが戦わずしてNO1・・・喉から手が出るほど欲しかった称号をこういう形で手に入れるのも史上最強のNO2だった彼の縁というものでしょうか?

で、マレーがNO1になってしまったので、史上最強最強のNO2は誰になるのでしょう?

ワウリンカはまだNO2になったことないですよね?

いずれにしろブログ主様の総括が楽しみです
  1. URL |
  2. 2016/11/06(日) 10:03:19 |
  3. カムイ #JXoSs/ZU
  4. [ 編集]

皆さま

まさかの準決勝でしたよ。
まず誰もチリッチが勝つと思っていたのではないでしょうか。
そして、もう一試合。あろうことか、Walk Over。

もう、夜更かし!土曜だから気持ちよく夜更かししたのに!!

しかしモンフィス、ラオニッチと万全でない状態でファイナルを迎える選手がいることも心配です。

で、史上最強のNo.2ですが、ビラスということになるのではないかと思います。
実質ビラスは1位を取っていたとしてもおかしくない選手でしたからね。
ビラスほどの絶対的なNo.2というのもここ40年でマレー以外にはありえないようなものでした。
つまり今回のマレーのNo.1就任はビラスに対する裏切り行為ともいえるわけです。

それと皆さん忘れないでください。
今回のマレーの達成、その最大の要因は、本人の力やタイミングの良さでなどではなく、
コーチですからね。

  1. URL |
  2. 2016/11/06(日) 11:20:50 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

おめでとう!!

最強の二位から普通の一位へ

これはある意味格落ちしたと行っても過言では無いのでは?
  1. URL |
  2. 2016/11/06(日) 13:01:30 |
  3. sue #-
  4. [ 編集]

史上最強のNO2はビラスですか?
実際のプレーを見たことないので、ピンと来ませんが、こちらのメインサイトの「年末トップ10在位ランキング」を見ると納得です。

1位未経験としては歴代最高の9年を誇ったNO2なのですね。
また、年末NO2を2回というのも、NO1未経験者としては最高回数(意外に少ない)です。

80年代以降で分かりやすい選手というとチャンになりますか。
NO2在位も今年マレーに抜かれる?まで49週とトップですし、トップ10在位もビラスを外すと最高のNO2です。

40週以上 NO2を記録してNO1になれなかったのは、マレーとチャンだけであって、これは30週以上ではシュテッヒのみ、20週代は不在で10週以上でイバニセビッチのみと、改めてチャンの凄さを再認識させれました。

錦織はそのチャンにどれだけ迫れるか、追い抜けるのか?それが現実的な目標でしょうね。
  1. URL |
  2. 2016/11/06(日) 22:14:35 |
  3. カムイ #JXoSs/ZU
  4. [ 編集]

>sue様
>カムイ様

これで歴代2位比較にマレーを使うことはできなくなってしまいました。
あとはバブリンカが1度でも2位になってくれればビラス、チャンとの2位対決に名乗りを上げることができます。
ただ、どうしてもバブリンカに「2位」という印象がないものですからマレーよりもしっくりこないというか違和感はぬぐえない感じはします。
グランドスラム3つも取っている選手ですから資格は充分なんでしょうけど。

しかし、2位に長くいて1位にならないというのは難しい事なんですね。
1位にならずに2位に10週以上いるって生涯グランドスラムより人数が少ないじゃないですか。


  1. URL |
  2. 2016/11/07(月) 11:49:33 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ausaga.blog71.fc2.com/tb.php/1024-e9151cf8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Au-Saga

Author:Au-Saga

本体へのリンク

男子テニスデータ検証サイト
【レンドル最強説】
【更新履歴】
【ATP】

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター