レンドル最強説&フェデラー最強説blog

【レンドル最強説】の雑記部分をブログ化しました。右のリンクから本体へも是非どうぞ。

2017年、全豪ドロー発表

全豪ドローが発表されました。

ん~、何と言いましょうか。

ドローを4つに分割した場合、第1クウォーターがダントツでやばい山になりました。
もちろんマレーの山なんですが。

まだマレーはベスト8まではいいでしょう。
近いシードとしてはプイユ、イズナー、クエリーがいまして、
いずも楽勝とは言えませんが危険度MAXというほどではありません。

問題はマレーとベスト8で当たるところ、錦織の山です。
今回錦織は第5シードですが、4と5のシードの差というのは本当に大きいです。
4回戦で当たる位置に、なんとベルディフorフェデラーを引いてしまいました。
注目のフェデラーの場所でしたが、ここに入ったわけですね。
第17シードでのエントリーとなったわけですが、
あろうことか、前記事で私が取り上げたベルディフの場所になってしまうとは!!

前記事で私は

>2回戦がデル・ポトロ、3回戦がフェデラーなんて目も当てられません。

なんてことを書きました。
その後デル・ポトロは欠場であることは教えていただきまして
さすがにそのような悪夢はなくなったと思いもしましたが、これではあまり変わりませんね。
一番の不幸者は、3回戦でフェデラー、4回戦で錦織、準々決勝でマレーと当たるベルディフということになりました。
私が前記事で取り上げた途端にこれですね。やっぱり変なフラグは健在だったでしょうか。

これは同時に、フェデラーにとっても錦織にとっても不運だといえます。
フェデラーは、まあ復帰のGSということで割り切ってくるかもしれませんが、
錦織は痛いです。4回戦でベルディフorフェデラーとは。その後もすぐマレーというわけですから。

去年の全米でマレーに勝ちましたが、錦織の場合はそれが必ずしも好材料と言えない部分もあります。
例えば2014年には全米でバブリンカとジョコビッチに勝ちましたが
その後の全豪ではバブリンカにコテンパンにやられてしまいましたし
ジョコビッチに関してはその勝利を最後に10連敗中と散々な状況です。
今回の錦織はベスト8進出ならば及第点と考えたほうがいいかもしれません。

日本には錦織とフェデラーのファンで、マレーのファンという人も多いのではないかと思います。
そういう人にとっては実にお気の毒とも言うべきドロー発表でした。
落胆の極みとも呼ぶべき不運の連続蒸留器、不運の回転木馬、不運の海底鬼岩城!

え、わ、私?
わわわ、ち、違います。

私は、・・・コールシュライバーファンです。
落胆とか全然してないです。


さて、第2クウォーター、トップハーフのもう一つの山ですが
ここには第4シードのバブリンカが入りました。
4回戦でキリオス、準々決勝ではチリッチかツォンガが相手となります。
皆いい選手ですが、先のインパクトからするとおとなしい!
せめてもう少し選手の分配がうまくできなかったでしょうか。


第3クウォーター、ボトムハーフの最初の山はラオニッチです(錦織がここに入れればねえ)。
ここに入っているシード選手は、シモン、フェレール、バウティスタ・アグーです。
実績的には悪くない選手が揃っていますが、前2者は今ちょっと元気がないので、
年初にチェンナイで優勝したバウティスタ・アグーがポイントとなりますか。
それとノーシードですが、そのチェンナイで準優勝だったメドベデフもここに入っています。

第3クウォーターのもう一つの山にはモンフィスとナダルが入りました。
ナダルは第9シードということで、これまた上位8シードからすれば嫌なポジションにいたのですが
今回はモンフィスが引き当ててしまったことになります。
この山のシードには他に年初のエキシビジョンでフェデラーに勝利したアレキサンダー・ズベレフと
どして我らがそコールシュライバー氏がいます。
先程錦織はベスト8で及第点という話をしましたがコールシュライバー氏に関しては出場するだけで及第点です。


ボトムハーフ最後の第4クウォーターですが、こちらはもちろんジョコビッチの山になります。
ジョコビッチは初戦でベルダスコと当たります。
今年のドーハ準決勝で大熱戦を演じたベルダスコとここで当たるとは初戦一番の見どころポイントになりました。
ベルダスコにも頑張ってほしいですが、ただジョコビッチが苦戦を連続で持ち込むようなことはしないと思います。
トップハーフのあまりの詰め込みすぎドローに対する贖罪程度の軽い見どころ演出といった雰囲気ではないでしょうか。
ジョコビッチが4回戦で当たる位置にはディミトロフ、準々決勝ではティエムorゴファンと
活きの良い選手が集まっていますのでこの山に見応えがないわけではありません。カルロビッチもいますしね。

ただ、2011年の覚醒以降、ジョコビッチにグランドスラムで勝利した選手というと
バブリンカ、クエリー、錦織、ナダル、フェデラー、マレーといった辺りになるわけですが
今回はナダル以外の全員がトップハーフに入ってます。
唯一残ったナダルも当たるとしてもベスト4です。
マレーに比べてジョコビッチの引きはかなり良かったといえるでしょう。
あとは未知なる若い力をどこまで信じるか、ですね。

今大会のドローの肝はやはりギリギリシードの存在ではないでしょうか。
シードは4、8、16の単位で割り振られるわけですが、
ここから惜しくも漏れた選手がドロー荒らしのような状態になっています。
すなわち第5シードの錦織、第9シードのナダル、第17シードのフェデラーの3人です。
ここに最終32シードのコールシュライバーを入れてあげてもいいかな。



スポンサーサイト

テーマ:テニス - ジャンル:スポーツ

  1. 2017/01/13(金) 13:31:11|
  2. 2017年1月~3月
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
<<2017年、全豪開幕 | ホーム | 2017年、ツアー第2週は全豪前週>>

コメント

遅くなりましたが、今年も本ブログを楽しく読まさせていただきます。

いやー錦織もフェデラーもタフドローになっちゃいましたねー
ベルディヒは…ほんとに管理人様のフラグすごすぎです笑

いまのドローと同じと仮定して、もしフェデラーが16シードに滑り込めてたら、4回戦でマレーの位置だったんですよね。
グランドスラムでBig4同士の対戦が4回戦って…もうずっとないことなんじゃないかなーと思ったり。
2015全仏のナダルVSジョコビッチも準々決勝だったし。
まぁ17シードなので、そうはならなかったわけですけど。
  1. URL |
  2. 2017/01/13(金) 20:31:36 |
  3. karo #vF6dOJDI
  4. [ 編集]

おめでとうございます

いや、驚きました
新年からブログ更新頻度が高いじゃないですか
この記事もノリノリじゃないですか
ベルディフ取り上げてみたらやっぱりフラグじゃないですか(笑)
今年もよろしくお願いします

しかし錦織キッツイなぁ…
  1. URL |
  2. 2017/01/13(金) 23:44:21 |
  3. aaa #-
  4. [ 編集]

>karo様
>aaa様

ん~、普通にベルディフに頑張ってほしいなあと思っていたらこれですからね。
もう当たって砕けろで頑張ってほしいです。
トップハーフの混戦はむしろ序盤から盛り上がりますということで割り切って楽しむしかないですね。
一方でジョコビッチの決勝進出を阻む要素が見当たらないというのもまたすごいですが。

更新できるときにはガンガンやっときますね。
できないときは本当にいろいろ重なってできなくなってしまいますから。





  1. URL |
  2. 2017/01/15(日) 20:56:24 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

管理人様、2010年4月~6月のカテゴリーの中にに2016年7月の記事がありましたのでお時間が空いた時に
訂正していただけると嬉しいです。
http://ausaga.blog71.fc2.com/blog-category-17.html
  1. URL |
  2. 2017/01/16(月) 00:40:50 |
  3. mik #-
  4. [ 編集]

>mik様

細かいところまで確認いただいてありがとうございます。
自分ではもう絶対にわからないような部分なのでこのようなご指摘は本当に助かります。
早速修正しておきました。
どうぞよろしくお願いいたします。


  1. URL |
  2. 2017/01/16(月) 18:08:23 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ausaga.blog71.fc2.com/tb.php/1034-1b73155f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Au-Saga

Author:Au-Saga

本体へのリンク

男子テニスデータ検証サイト
【レンドル最強説】
【更新履歴】
【ATP】

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター