レンドル最強説&フェデラー最強説blog

【レンドル最強説】の雑記部分をブログ化しました。右のリンクから本体へも是非どうぞ。

2017年、全豪は3回戦が終了

ベスト16が出揃いました。

第1週からこんなにも注目カードが目白押しという大会も珍しいんじゃないでしょうか。

トップハーフでは、マレーがここまで1セットも失わずに勝ち上がっています。
次はミーシャ・ズベレフとの対戦です。
ここを超えると、いよいよ次は・・・です。

その、いよいよ、の相手ですが、ここはあまり触れますまい。
てゆーか触れられない。
なんでこのカードが決勝でないのか。
どちらが勝つともどちらに勝ってほしいとも言えない非常なる困惑の一戦です。

勝ち上がりに関しては、フェデラーが思わぬ圧勝でベルディフを下しました。
錦織も初戦の苦戦を持ち込まずに2回戦、3回戦を勝ち上がっています。
どちらもコンディションは良い、とそう判断しましょう。

バブリンカはトロイツキを下しています。
トロイツキは2戦をフルセットで勝ち上がってきていて
体力面でもバブリンカ戦の戦いぶりに注目でしたが
1セット目を取った上に4セット目もタイブレークになるなど
フルセットにこそなりませんでしたが体力の限界を感じさせずに奮闘してくれました。
バブリンカの対戦相手はセッピです。
セッピは2回戦のキリオス戦でフルセットを戦っています。
1回戦と3回戦は4セットでしたがいずれもタイブレークが2つあったので
体力的には消費していてもおかしくないです。
疲れを感じさせぬ元祖フルセット男の底力を見せてくれるかどうか。

ツォンガは、チリッチ、トミックとシード勢を連続撃破してきたイギリスのエヴァンスと対戦します。
エヴァンスは今大会のダークホースの一人です。
トミックが敗退したことで地元オーストラリア勢は姿を消しました。
グランドスラムは地元選手の活躍が難しくなってきていますが
唯一の例外がイギリスであるなどとこの半世紀一体誰が予想できたでしょうか。


ボトムハーフに行きましょう。
ジョコビッチの敗退で混戦模様となっている山ですが、
そうした目で見ると3回戦は実に好カードが目白押しでした。

まずモンフィスvsコールシュライバー
私の一押し選手もここまで勝ち上がってきてくれましたが、
これ以上の勝利はさすがにきつかったでしょう。
せっかく2勝したのに取り上げてあげることができずに申し訳ない気持ちです。
しかしそれほどニュースの多い毎日だったということなんです。
勝ったモンフィスはナダルとの対戦となります。

ナダルvsズベレフも3回戦の注目カードの一つでした。
フェデラーvsベルディフと並んでこの試合は何としても観たいと思ってました。
ズベレフは最後力尽きましたが大いなる可能性を感じさせてくれました。
これは本当に楽しみな選手です。
フルセットまでもつれても体力を持続させたナダルは凄かったですが
かつてのパワーとフットワークで相手を圧倒していた頃とは違って
我慢のプレーをしながら戦わなくてはいけないようになっているんですね。
フェデラーの老獪さはないので体力が追い付かなくなった時の継続力は不安です。
頑張ってほしいとは思いますが。

現在ボトムハーフで最上位シードとなっているラオニッチは、バウティスタ・アグーと戦います。
それぞれシモン、フェレールを下しての勝ち上がりです。
いずれも下位シードとはいえキャリアのある実力派が相手でしたので簡単な勝利ではありませんでした。
ラオニッチはボトムハーフで一番決勝進出に近い位置にいる選手と見込まれています。
当然、次の試合も順当にいけばラオニッチという評価かもしれませんが
バウティスタ・アグーも今調子がいいので個人手になかなり注目したい一戦となっています。

ティエムとゴファンがぶつかります。
これまた数年後のグランドスラム決勝カードとなってほしいような対戦です。
このパワー時代に技術を伴って勝ちがってくれる両者には
プレー内容も合わせたテニス界の牽引者となってほしいです。
これはボトムハーフで一番の注目カードであることは間違いありません。

3回戦でゴファンにストレートで敗退したのがカルロビッチです。
初戦で度肝を抜いたカルロビッチも遂にここで力尽きました。
コールシュライバーと同じでよくぞここまで頑張ってくれたという思いです。
カルロビッチのエースはゴファン戦が25本でした。
ストレート勝負だったのであまり多くないです。(カルロビッチにしては)
結局今大会のエース数、119本で終わることになりました。
2位のイズナーが66本ですのでダブルスコア未満です。あ~少ない(カルロビッチにしては)
ラオニッチが現在60本ですから、もしも決勝まで行ったらカルロビッチを抜くかもしれません。
因みにサーブスピードでは236km/hでラオニッチが1位です。
カルロビッチは・・・計測なし!!さすが下位シード。
大会運営もわかってない。
カルロビッチの逃した最速記録がこれまでにどれだけあるか、考えたことがないんでしょうかね。

因みに女子ではセレーナ・ウィリアムズ(195km/h)を抑えて
大阪なおみがサーブスピード1位なんですね(198km/h)。
セレーナくらい技術も伴った選手ともなれば別ですが、
これまでパワー型の女子のプレーに感心することはほとんどありませんでしたので
将来その辺を克服した選手になってくれればいいですが。
すいません、正直私、女子については門外漢であまり気の利いたコメントが出せないです。

さて、4回戦もう一つのカードはディミトロフvsイストミンです。
ジョコビッチを下して一躍時の人となったイストミンですが、
続く3回戦でもフルセットを戦っての勝ち上がりとなりました。
話題を持っていっていますが、2戦連続のフルセットはきついでしょう。
対するディミトロフはこのところ好調で、
3回戦のガスケ戦も好勝負になるかとの期待も抱きましたが
予想に反してストレートで決着してきています。

ディミトロフはあるかもしれません。
イストミンはすでに疲労も限界まで来ているでしょうし
ティエムvsゴファンも死力を尽くした戦いの後でディミトロフとの戦いになる可能性があります。
その次はラオニッチでしょうが、ラオニッチもバウティスタ・アグー、モンフィスorナダルと
曲者揃いの相手に体力を削られながらの勝利ということが考えられます。
トップハーフはだれが来ようともうぼろぼろの状態でしょうから、
ディミトロフ、ジョコビッチ敗退の最大の恩恵を受けた人物ということで
思わぬ美味しさを味わうことになるかもしれません。


スポンサーサイト

テーマ:テニス - ジャンル:スポーツ

  1. 2017/01/22(日) 10:31:34|
  2. 2017年1月~3月
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:11
<<2017年、全豪4回戦トップハーフ | ホーム | 2017年、全豪2回戦ボトムハーフ>>

コメント

マレー(錦織、フェデラー)の山がタフ過ぎてあまり気にしていませんでしたが、
ボトムハーフの方がシードダウンが少ないんですね。
というか、ここまでジョコビッチ以外は全員シードを守っています。
対してトップハーフはマレー、錦織、バブリンカ、ツォンガと半数のみ。

個人的には、イストミンにSFくらいまで勝ち上がって欲しいですが、果たして。
あと、ティエムとゴファンがここで当たってしまうのはちょっと惜しいですね。
そして、自分もディミトロフ行けるかも? とは思うのですが、管理人様が取り上げてしまうと不安が・・・(笑)

とりあえず、今日の注目の一戦が楽しみです。
24時頃からNHKの総合でも放送されますし。
  1. URL |
  2. 2017/01/22(日) 13:29:18 |
  3. ラカン #KTFWzs4k
  4. [ 編集]

まだ試合は終わってませんが…あの方が!!!!
大ピンチです!!

ズベレフ兄、めちゃめちゃうまいです。
いままで弟の方しかプレーを見たことありませんでしたが、兄はゴリゴリのサーブ&ボレースタイルなんですね。

面の作り方がすごくうまくて、スライスも浮かないし、なんか“柔“のスタイルという雰囲気で、今の時代では異質に見えますね。
  1. URL |
  2. 2017/01/22(日) 15:50:37 |
  3. karo #0Zy3iHN.
  4. [ 編集]

あわわわ、なんということでしょう・・・

> トップハーフでは、マレーがここまで1セットも失わずに勝ち上がっています。
> ここを超えると、いよいよ次は・・・です。

これが・・・、この程度の記述が・・・、フラグだった・・・と?!

マレーファンの方には残念ですが、これは正直、色々と夢が広がってしまいます。
まあ、まだ折り返し地点ですし、浮かれずに行方を見守りたいと思います。
  1. URL |
  2. 2017/01/22(日) 16:31:33 |
  3. ラカン #KTFWzs4k
  4. [ 編集]

か、か、管理人さーん!
私もフラグ頑張って探しましたが上記くらいでしたよー
ジョコが破れていよいよあの方の全豪優勝が…とか書かれずに負けてしまうナンバーワンなんて…
  1. URL |
  2. 2017/01/22(日) 16:36:24 |
  3. ぽーち #2TDfamfI
  4. [ 編集]

いつもは読み専なのですが

楽しみにいつも読んでいます.
フラグですが...ドロー考察のところにありました.

>まだマレーはベスト8まではいいでしょう。
>近いシードとしてはプイユ、イズナー、クエリーがいまして、
>いずも楽勝とは言えませんが危険度MAXというほどではありません。

...なんというロングパスッ!

錦織関係のフラグは...見当たりませんね,大丈夫...か?
  1. URL |
  2. 2017/01/22(日) 16:54:14 |
  3. ぐるぐる #-
  4. [ 編集]

な、なんたるフラグ...!!

うーん。なんかいつものキレが無かったですね。まぁ、でも Big4 の中では割りかし負ける方ですし、たまにはこんなこともありますかね。
  1. URL |
  2. 2017/01/22(日) 17:07:20 |
  3. SST #-
  4. [ 編集]

久しぶりに投稿させてもらいます、いやはや今回の波乱の原因は管理人様の貯まっていたパワーが引き起こしたものではないかと思っています。心なしか最近の管理人様に元気が無いように思っていたのですが、今年はなんだかひさびにやる気があるような気がします、僕は最近あまりテニスを見ようという気になれなかったのですが今年は久しぶりに興味が沸いてきました。まあ何と言うんでしょう、誰が勝つかわからない全豪が帰ってきたということでイストミンとズベレフの決勝を楽しみにしてみようじゃありませんか
  1. URL |
  2. 2017/01/22(日) 21:48:34 |
  3. ロデックファン #-
  4. [ 編集]

全豪荒れてますが、みなさんのコメントもおもしろすぎ!
  1. URL |
  2. 2017/01/22(日) 22:12:38 |
  3. かめ #-
  4. [ 編集]

いやー近年のグランドスラムでは稀に見る波乱ぶりですね、ケルバーも敗退しましたし。
男子のグランドスラムで1,2シードが準々決勝に達せずに敗退したのは2004年全仏以来です。
これで35歳のフェデラーとセリーナが優勝したら何というか・・・。
いや、勿論凄い事なんですが・・・
  1. URL |
  2. 2017/01/22(日) 22:43:24 |
  3. mik #-
  4. [ 編集]

見事なフラグ回収

>どうも。
>確信しました。

>ジョコビッチよりもマレーよりも、管理人様のコメントの魔力の方が強いということを。
>まさにこれが真の世界ランク1位ではないでしょうか。

ジョコビッチが敗れたときに自分こう書いたのですが、あーマレーごめんよ。ついうっかりあなたも入れてしまったばっかりにこんなことになってしまって。

世界ランク1位 Au-Saga(逆フラグ)。
もうここまで来たら間違いないでしょう・・・。

>でも予想を、とのことでしたので、ここは敢えて予想します。

>4回戦はフェデラーの勝利、準々決勝はマレーの勝利。
>ボトムハーフはディミトロフとラオニッチがベスト4進出。

>いかがでしょう。

コメント欄から管理人様のコメントを抜粋。
こうしてみるとフェデラーはまず1つ跳ね除けているではないですか。さすがロジャー
ボトムハーフは・・・跳ね除けてほしいなあ・・・



さてと本題に入りましょう。
マレーが敗れました。相手はミーシャ・ズベレフ。ミーシャ自体はかなり前から知ってたんですが、今大会前までグランドスラムで5勝しかしてなかったんですね。
びっくりです。今回の活躍ですでにキャリアハイの更新が決まっています。

マレーが全豪でベスト8を逃したのは2009年以来8年ぶりです。
この時の相手はベルダスコでした。この時のベルダスコは準決勝でナダルと5時間14分という大激闘を繰り広げた末に敗れています。
その前の2008年は1回戦敗退。
この時の相手はまだノーシードだったツォンガでした。ツォンガはその後準決勝でナダルを破り決勝に進みましたが、ジョコビッチに敗れ準優勝でした。

ちょうどBIG4が確立されるまでの過渡期でした。
ジョコビッチが今大会以前の全豪でベスト8を最後に逃したのがさらにその1年前の2007年でしたから、実に長い間BIG4が高い壁となって全豪に君臨していたことになります。
いやすごい。

しかしマレー、グランドスラム全体でみると2015年全米で4回戦でアンダーソンに敗れていますので意外と久々ではないんですね。
むしろ前回が欠場を除けば5年ぶりでした。この間2013年全仏を腰の故障で欠場しています。余談ですが、あのフェレールが唯一グランドスラム決勝に顔を出したあの大会ですね。

全米では意外に準決勝以上に進んだのは3回だけです。
全豪の方がよほど安定しています。ジョコビッチさえいなければ全豪の名手になれていたかもしれません。
全豪ではここ7年で準優勝5回、ベスト4が1回、ベスト8が1回あります。そしてこの7年、敗れたのはフェデラー2回ジョコビッチ5回です。
この2人以外に8年ぶりに全豪で土をつけられたことになります。

うーむ。マレーは2回戦での足の負傷が影響したのでしょうか?
いや、ネットの声を見るとネットプレーというのが対マレーで効くらしいとそういう声も聞きます。

あ、もう1つマレーが負けたかもしれない理由がありました。
稀勢の里が優勝しました。去年マレーが持っていた神通力を稀勢の里に渡して元のマレーに戻ってしまったのかもしれません。
マレーから力をもらった稀勢の里は、どうやら横綱昇進が確実視されているようです。おめでとう。
自分がここを見始めたころ、フェデラーとナダルを朝青龍と白鵬になぞらえていたのが懐かしいです。
まあ、その後の流れは全然違いましたけどね。


ジョコビッチにも追加で触れます。
ジョコビッチが全豪でベスト8を逃したのは前述のとおり、3回戦進出を逃したのはその前年、初戦でゴールドステインに敗れて以来でした。
ところで今回ふと思って軽く調査してみたんですが、ジョコビッチ、自分より若い選手にグランドスラムで負けたのは2014年全米の錦織戦と去年のウィンブルドンのクエリー戦だけなのです。
マレーは7日だけジョコビッチより年長なので入りません。今回勝ったイストミンもジョコビッチより年長です。
しかしクエリーもジョコビッチと同じ1987年の生まれです。1988年以降に生まれた選手でグランドスラムでジョコビッチを倒したのは錦織ただ1人です。

一方のマレーは7日だけ年下のジョコビッチと去年の全米の錦織以外にも2009年全米のチリッチ、2014年ウィンブルドンのディミトロフ、今回敗れたミーシャ・ズベレフがいます。
ただしミーシャ・ズベレフはマレーと同じ1987年の生まれです。



更に次の話題です。
トップハーフの準々決勝はフェデラーvsM・ズベレフおよびワウリンカvsツォンガとなりました。
2試合ともに片手打ちバックハンドvs両手打ちバックハンドの構図となっています。
利き腕はズベレフのみ左です。
4回戦敗退の選手たちはエバンスが片手打ち、マレー、錦織、セッピが両手打ちです。4人とも右利き。
トップハーフ4回戦は両手打ち同士が1試合、片手打ちvs両手打ちが3試合で片手打ちが2勝1敗でした。

一方ボトムハーフは、
ラオニッチ、バウティスタ=アグ、ナダル、モンフィス、ゴファン、イストミンが両手打ち、ティエムとディミトロフが片手打ちです。
利き腕はナダルのみ左です。

ラオニッチとナダルのブロックは4人とも両手打ちなのでベスト4に両手打ちが上がってくることが確定しています。
もう一方のブロックの4回戦はいずれも片手打ちvs両手打ちです。
面白いのはどちらの組み合わせも年少選手の方が片手打ちです。
ドロー全体を見ても、4回戦に勝ち上がった16人の中ではこの2人がもっとも年少です。
これ、なかなか面白いデータな気がします。
トップハーフで敗れたエバンスもラオニッチやゴファンよりは早く生まれていますが、彼らと同じ1990年生まれで16人中5番目に若い選手です。
一方で最年長のフェデラーと3番目に年長のワウリンカも片手打ち。
ちょうど片手打ち選手たちが両手打ち選手を挟み込んでいるような構図になっています。
まだ両手打ち選手の方が多いですが、組み合わせを見る限りベスト4を独占することこそできませんが、久々に片手打ちが存在を発揮する大会になりそうです。
もしトップハーフでフェデラーとワウリンカが勝利し、ボトムハーフでティエムかディミトロフのどちらかが準決勝へ勝ち上がった場合、グランドスラムで2007年全豪以来10年ぶりに片手打ち選手3人のベスト4進出という事態になります。

片手打ちの復権がなるのか、それとも両手打ちがその本領を発揮してまたしても片手打ちを凌駕するのか、
ここはデータサイトですからこういうマニアックなところを突いていくのもなかなか面白いのではないでしょうか。

というか、上位選手が順当に勝てば実現するのですが、ジョコビッチもマレーも敗れた今、上位とか下位とかもう関係ないですね。


あとデータサイト的においしそうな展開といえばフェデラーが優勝した場合にローズウォールにスポットが当たりそうなところでしょうか。
あるいはワウリンカが優勝すれば史上最強の3位の称号をさらなるものと出来ますし、最年少グランドスラマー更新の可能性も十分あります。
あとはやはり殊勲のズベレフやイストミンが優勝した場合でもデータサイト的には燃え上がるでしょう。


波乱が多いとやはり話題性も多くなりますね。
  1. URL |
  2. 2017/01/23(月) 02:02:20 |
  3. 2R #2mo2qD.Q
  4. [ 編集]

もう自慢ですよね、ある意味これ。

当ブログ定番の話題ではありますが、この「フラグ」っていつから出だしたんでしたかね。
遠い昔からなんでしょうがここまで強烈さが持続するとは我ながら恐ろしいもんです。

いやー皆さん、しかしよく読んでますね。私の愚かで浅はかな記事を。
改めて引用されると恥ずかしさの極みたる諸々の大外しの書き込みを。

でもいいんです。
いっそそれで遊んじゃおうというのも悪くない考えではないですか?


というわけで、新しい記事で今後の試合の予想を載せていますので
ここ、コメント欄では少し趣旨の違う予想大会でもしましょうか。

では、

「カルロビッチは大会サービスエース数で1位を守ることができるか!」


現在、カルロビッチがエース119本でダントツの1位となっています。
もちろんカルロビッチは敗退していますのでこれ以上増えることはありません。
他の選手が果たしてこの記録をこえることができるか予想してみましょうというわけです。

まず一番の本命であるラオニッチですが、現在3試合で60本です。
ラオニッチは1試合平均20本となりますから、この調子で決勝まで行けば140本になります。
勝ち上がりさえすれば余裕ですね。準決勝まででも120本。数字的にカルロビッチ越えは不可能ではないです。
ラオニッチの勝ち上がりが一体どこまでなのか、とその一点にかかってきますね。

因みに一足先に試合を進めているトップハーフでも
ツォンガが4試合で75本、フェデラーが4試合で68本、バブリンカが4試合で65本と
3人がそこそこ良い数字を出しています。
それぞれ試合平均からの見込み数字を出してみますと以下のようになります。

ツォンガ(決勝:131.25本、準決勝:112.5本)
フェデラー(決勝:119本、準決勝:102本)
バブリンカ(決勝:113.75本、準決勝:97.5本)

決勝まで行ければいずれも結構いい感じです。

というわけで、ここまでの数字から私の予想です。

「トップハーフは誰もカルロビッチを超えない。
 ただしラオニッチは超えるため、カルロビッチは大会2位のエース数となる。」

どうでしょう。


  1. URL |
  2. 2017/01/23(月) 12:02:51 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ausaga.blog71.fc2.com/tb.php/1039-d0682129
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Au-Saga

Author:Au-Saga

本体へのリンク

男子テニスデータ検証サイト
【レンドル最強説】
【更新履歴】
【ATP】

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター