レンドル最強説&フェデラー最強説blog

【レンドル最強説】の雑記部分をブログ化しました。右のリンクから本体へも是非どうぞ。

2017年、全豪4回戦トップハーフ

ん、なんかあれですね。
私、記事本文、コメント欄問わず色々余計な事書いてました?

>今はジョコビッチ、マレー以外は伏兵と言って差し支えないでしょう。

だって。あははは。

いっそ今大会は伏兵の大会なんだ、と割り切ろうにも
1,2位に勝った選手以外、残っているのは名の知れたシード選手ばかりなんですよね。
そこがまた微妙です。

トップハーフは、シード順で行けばもちろん錦織も残っているべきだったわけですが
相手がフェデラーですからここは番狂わせとは言えませんで
結局ズベレフ以外はフェデラー、バブリンカ、ツォンガとそこそこ順当なんです。
で、ボトムハーフもイストミン以外はシード選手ですから
他にもシードがバタバタ負けて伏兵だらけの大会になっていればいっそスカッとしたんですけど、
結局はそうもならず、なんだかんだで「微妙」のその一言で終わってしまいます。

残っているトップハーフの選手は完全にベテランで占められています。
最も若いズベレフでも今年30歳になるとそういう年齢です。
期待できる若手がボトムハーフに寄ったのもありますが、せめて錦織が残っていれば・・・
因みにボトムハーフの方はベテランから若手までそこそこ分布しています。
モンフィスvsナダル、ティエムvsゴファンとベテラン同士、若手同士の対戦ががありますから
ベスト8の顔ぶれとして年齢の偏りが出ることはないでしょう。

さて、注目のフェデラーvs錦織でしたが、試合の方少し振り返ってみましょう。
開始直後に錦織絶好調の時間帯がありましたが、それ以外は基本的にフェデラーの試合だっと思います。
もう改めてその引き出しの豊富さには恐れ入る思いです。
こうもフォアハンドがビシビシ決まるとどうしようもありません。
フェデラーは流れの選手ですから、かつてのネットプレイヤーの多くがそうであったように
思わぬタイミングでふと調子を乱すときがあります。第4セットがそうでした。
ほとんどフェデラーのセットだったのに僅かの時間帯だけ気が抜けたような感じになって錦織がセットを取りました。
錦織が僅かの機を上手く突いたのはさすがとは思える部分でしたが
フェデラーとしては最後までそう危なげはなかったと思います。
データ的には第5セットになった段階でフェデラーに危機感があってもおかしくないはずでしたが
試合の展開上そのような空気にはなりませんでした。
フェデラーは年齢的にも5セットマッチが多くなると後の試合に響いてくる恐れがありますが、
昨日の試合は展開が早かったので5セットマッチにしてはダメージが少なかったと思います。
そして、こんな絶好調のフェデラーを相手にしても5セットまで粘れる錦織も見事だったと言えます。

同時にフェデラーの方もこの好調がずっと持続するとは思い難いという思いもあります。
この段階で調子が良すぎるフェデラーというのもまた不安の種なんです。
不調なら不調でもっと不安なくせにまったく我ながら勝手なもんですが。

フェデラーの次の相手は猛威を振るっているズベレフです。
ズベレフは左利き、ネットプレイヤーというレア度の高い正に伏兵的な戦い方でもってマレーを退けたわけですが
こうした戦い方に一番動じない選手、それがフェデラーだと思います。
それでもこれまでの選手とは戦い方を変える必要があるのでペースが乱れることも考えられます。
仮にズベレフには勝利しても、その次のバブリンカorツォンガ戦では
再びベルディフ、錦織に対したような正当的なプレーに戻さなくてはいけません。
フェデラーの体力とペース。これがいかに持続されるのかは今後の試合を左右する注目のポイントではないでしょうか。

ズベレフvsマレーは、もうマレーがダメでした。
早い段階で精神的にやられたのか、脚が動いてなかったし
自棄的に強引な打ち方をしたときにしかポイントが取れないようなそんな雰囲気でした。
もちろんズベレフのサーブとネットパフォーマンスもよく、うまく翻弄したと思います。
しかしNo.1ともなればこれで乱されるようではいけません。
負けるにしても相手の見事なプレーにやられた、という方がまだ潔い気がします。
マレーは7年連続でベスト8に達していたのですが、遂に途切れてしまいました。
そういえばベルディフもフェデラーに敗退したことで6年連続ベスト8が途切れていました。

バブリンカvsセッピは観ていないんですが、タイブレーク3つの決着でした。
ストレート勝利ではあるのですが、でもこれ、実はバブリンカ危なかったんじゃないですか。
もしタイブレークのいくつかを落としていたらフルセットの攻防になったわけで体力的に過酷になった可能性があります。
なにせ相手はあのセッピですから、フルセットになったらどういう展開になるか想像もつきません。
結局タイブレークをしっかり取ったのが明暗を分けたといえます。
バブリンカは一時期タイブレーク勝率の著しく低い選手でしたがここへ来てぐんぐん勝率を上げています。
勝負強さというのは大会を勝ち抜く上で大きな武器になります。

ツォンガvsエヴァンスも面白かったです。
片手打ちバックハンドは、バブリンカやガスケのような例外を除けば
常に攻撃で相手を圧倒することはできません。
しかしそのタッチやカウンター気味のショットにはやはり味わいを感じます。
エヴァンスのバックハンドは完成度が高かったとは言いませんが
やはり私は片手打ちが好きです。観ててそう思いました。
試合の方は、最後はツォンガの底力が上回った感じです。
エヴァンスはセカンドサーブを攻略されてしまいました。
ツォンガは2008年にここ全豪でセンセーションを巻き起こしたときから
パワーと技術を兼ね備えた選手としての資質が変わらないですね。
相手の強打をかわすようなプレーもあれば、強引に狙いに行くショットもあって観てて楽しいです。
まあこれがうまく噛み合わないこともあって安定度の欠如にもつながることもしばしばなわけですが。
次のバブリンカ戦は過去の対戦成績も接近してますし、
このままの調子を持続してくれれば面白い試合になるんじゃないでしょうか。



さて、それではお待ちかね、予想のコーナーに行きたいと思います。
もう開き直って予想します。

フラグを考えて敢えて、とか、この選手には勝ってほしいから敢えて、とか
そういうひねくれたことはしないです。

普通に当てに行きます。
まあ無理に試合の勝者を決めていくだけ、というのも芸がないので
展開を予想するということになるとは思うのですが。

ではずばり、決勝はフェデラーvsナダル!

うそうそ、すいません、思いっきり希望を書いてしまいましたね。

もちろんそうなってくれれば嬉しいですが、正直可能性は薄いでしょう。
フェデラーはともかく、ナダルがそこまで勝ち上がれるとは思わないです。

ではどこで敗退するか。次のモンフィスか。
実は今大会モンフィスの試合を観ていなくて調子の度合いがわかりません。
モンフィスが勝つ可能性もありますが正直よくわからないです。
でも少なくともその次のラオニッチを超えることはないでしょう。

ズベレフがナダルを相手にあのような試合をしましたから、
同じだけパワーがある選手が更に安定感も備えてプレーできれば勝利は硬い気がします。
もっともラオニッチはサーブはズベレフ以上ですが、ストロークパワーに関しては超えてないと思います。
でも総合力では上で、ネットの展開や緩急に応じる柔軟性もありますので
やはりナダルには勝利するのではないでしょうか。
ラオニッチはその前にバウティスタ・アグーに勝たねばならず、
個人的にも注目の一戦だと思っていますがラオニッチが不覚をとることはないと思います。

ボトムハーフ4回戦で一番の注目カード、ティエムvsゴファンはまったく分かりません。
この手の若手選手は過去の対戦成績も参考にならない部分がありますが
一応データとして載せると、ゴファンが4勝3敗でリードしています。
ハードコートでもはゴファンの2勝1敗で、しかもティエムの勝った1勝はゴファンの途中棄権なので
実質データ上の優位性はゴファンにあります。
ここはもう予想云々ではなく純粋に両者のプレーを楽しむということで行きましょう。
で、勝った方がディミトロフと対戦することになるわけですが
ここはさすがにディミトロフとしておきます。実力的には3者とも僅差だと思います。
しかし前哨戦からここまでの好調ぶりを考えて今大会に関してはディミトロフが一歩リードなのかなという処です。

時の人イストミンはさすがに2試合5セットマッチを戦っていますし、
さすがに次のディミトロフ戦は勝てないかなという予想です。

取り敢えず今回はボトムハーフのベスト4までの予想でした。
トップハーフはまた今度。




スポンサーサイト

テーマ:テニス - ジャンル:スポーツ

  1. 2017/01/23(月) 12:03:24|
  2. 2017年1月~3月
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9
<<2017年、全豪はベスト8が出揃う | ホーム | 2017年、全豪は3回戦が終了>>

コメント

いやー、探せば色々とフラグがあるものですね。
ロングパスやキラーパスが。

色々書きたいこともありますが、あまり時間が取れないのと、
語り過ぎるのも野暮だと思いますので一点だけ。

ディミトロフの無事を祈るばかりです(笑)

ただ、管理人様が実は無意識ではイストミンに期待していて、
逆張りによる援護射撃だとすれば、それはそれでアリかなとも・・・。

いずれにしろ、どちらが勝っても先が楽しみです。
  1. URL |
  2. 2017/01/23(月) 12:31:04 |
  3. ラカン #KTFWzs4k
  4. [ 編集]

>ラカン様

いやもうここまで来ると、今回は普通に勝敗予想です。
もちろん勝ってほしいということで言えばディミトロフよりもイストミンですが
それを意識しての敢えての逆張りというわけではないです。

そんなこんなで、まずはゴファンが勝ちましたね。
予想の範囲外の試合ではありますのでまだフラグの加減は分かりませんが。

  1. URL |
  2. 2017/01/23(月) 15:40:13 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

流石にここまで来ると、フェデラーナダルのクラシカルファイナル見たいですね。2011決勝以来ですか。
勿論以前と違い容易い道のりではありますが。しかし今年のGS、MSは新旧充実して混沌としそうな予感がプンプンしますね。
  1. URL |
  2. 2017/01/23(月) 22:10:09 |
  3. ぽーち #2TDfamfI
  4. [ 編集]

フェデラーより年長の選手のGSベスト8、ベスト8進出時の年齢などの話

こんばんは。
ボトムハーフはラオニッチ、ナダル、ゴファン、ディミトロフが勝ちました。

組み合わせはラオニッチvsナダル、ゴファンvsディミトロフです。


トップハーフのM・ズベレフ、フェデラー、ワウリンカ、ツォンガと合わせてベスト8は両手打ちが5人、片手打ちが3人になりました。
両手打ちの5人のうちズベレフとナダルが左で後は全員右利きです。

準々決勝はきれいに分かれて
左両手vs右片手、右片手vs右両手、右両手vs左両手、右片手vs右両手という感じの組み合わせになっています。

生まれ年にすると
1987vs1981、1985vs1985、1990vs1986、1990vs1991というかんじになりまして、ボトムハーフはナダル以外は90年代生まれと若々しい面子になっています。

またフェデラーという選手の特殊性も浮き彫りになっていますね。
1人だけ突出して高年齢です。

そこで最後にフェデラーより年長の選手がベスト8に入ったのはいつか調べてみました。

まず全豪ですが、2010年大会のダビデンコでした。ダビデンコはフェデラーより2ヶ月だけ年長です。
更に最後にフェデラーより年長の選手が2人全豪ベスト8に入ったのは2008年大会のブレークとニエミネンでした。
ニエミネンはフェデラーより12日だけ年長です。
更にさらに、同じく3人がベスト8に入ったのは2007年大会のダビデンコ、ハース、ゴンザレスでした。
この大会ではハースとゴンザレスが準決勝に進んでいますが、フェデラーより年長の選手が準決勝および決勝に進んだのはこれが最後です。
2006年大会まで来ると逆転して、ダビデンコ、キーファー、グロージャン、サントロ、リュビチッチと言った名前が見えます。
2005年大会もアガシ、サフィン、フルバティ、ヒューイット、ダビデンコと5人が名を連ねています。
この年のサフィンがフェデラーより年長の選手が全豪を制した最後になっています。というかこの先BIG4とワウリンカしか優勝していません。
2004年大会もサフィン、アガシ、グロージャン、アラジ、フェレーロと5人。
フェデラーがいない2003年はエル=アノーイ、シュットラー、フェレイラ、フェレーロ、グロージャン、アガシの6人がフェデラーより年長の選手です。
そして2002年以前はフェデラーより年長の選手のみで構成されています。

ちなみに残りの2人は2003~2005年はナルバンディアンとロディック、2006年はナルバンディアンとバグダティスです。


続いて全仏。
意外と最近です。
2013年大会でのハースが最後です。ハースはこの時35歳です。
更に2011年大会でチェラがベスト8に入っています。
2010年全仏ではフェデラーより2ヶ月半だけ年長のメルツァーがジョコビッチを破ってベスト4まで進んでいます。
フェデラーより年長の選手がベスト4に入ったのはこれが最後。
フェデラーより年長の選手がベスト8に2人入ったのは2009年のダビデンコとゴンザレスが最後。
2008年大会はゴンザレスのみですが、2007年大会ではダビデンコ、カニャス、モヤの3人がベスト8入り。
2006年大会はダビデンコとリュビチッチの2人だけ。
2005年大会でようやくハネスク、ダビデンコ、カニャス、プエルタの4人がベスト8に入り、そのうちプエルタが決勝進出。ちなみにハネスクはわずか2週間だけ年長です。フェデラーより年長の選手が決勝に進んだのはこれが最後。
2004年大会でやっとクエルテン、ガウディオ、ヒューイット、モヤ、ヘンマン、チェラと6人が名を連ねています。
フェデラーより年長の選手の優勝はガウディオが最後。この年以降はBIG4+ワウリンカ以外優勝していません。
2003年もコスタ、フェレーロ、ゴンザレス、フェルカーク、モヤ、アガシの6人。
ようやく2002年に全員がフェデラーより年長になり、2001年は自身初のグランドスラムベスト8進出を決めたフェデラーが最年少です。


さらにウィンブルドン。
フェデラーより年長の選手がベスト8に入ったのは2009年が最後なのですが、なんとこの大会では4人がフェデラーより年長でした。
ヒューイット、フェレーロ、ハース、カルロビッチというメンバーになります。
この4人、見事に組み合わせが分かれましたが、ジョコビッチを破ったハースだけがベスト4に進み、フェデラーに敗れました。
2008年大会ではサフィン、シュットラー、クレマンの3人がフェデラーより年長でした。
このうちサフィンは2回戦でジョコビッチを破っています。
この大会では上記の3人にアンチッチを加えた4人がノーシードからベスト8に入っています。
さらにサフィンとシュットラーはベスト4まで進みました。
決勝にばかり注目が行きますが、今振り返るとこの年はものすごく面白いですね。
アンチッチがベルダスコに大逆転勝ちしていたり、M・ズベレフがフェレーロを撃破していたり、ワウリンカはデル=ポトロを破ってサフィンに敗れていますし、クレマンはチリッチを破っています。マレーはガスケを2セットダウンから逆転で倒しています。

話を戻して2007年はフェレーロのみですが、2006年もステパネク、ビョークマン、ヒューイット、ニエミネンの4人がフェデラーより年長でした。2005年もゴンザレス、ヒューイット、ヨハンソン、グロージャンの4人。
2004年もヒューイット、グロージャン、ヘンマン、シャルケンの4人。
2003年にようやくビョークマン、シャルケン、ヘンマン、グロージャン、ポップ、フィリプーシスの6人となります。
フェデラーより年長の選手の決勝進出はこの年のフィリプーシスが最後です。
フェデラーがいない2002年はヒューイット、シャルケン、ヘンマン、アンドレ・サ、マリッセ、クライチェク、ラペンティの7人がフェデラーより年長。あと1人はこの大会準優勝のナルバンディアンです。フェデラーより年長の選手の優勝はこの年のヒューイットが最後。2003年以降唯一BIG4が一度も他の選手にタイトルを渡していない大会です。

2001年はサンプラスを破ってベスト8のフェデラーが最年少です。
その前年2000年には当然全員がフェデラーより年長になるのですが、1969年生まれのバイロン・ブラックが名を連ねていますが、1960年代生まれが名を連ねているのはこれが最後。逆に1980年代生まれの名が見えるのは2001年が最初です。


最後に全米。
2009年大会のゴンザレスが最後です。
2008年はフェデラーが最年長ですが、2007年はダビデンコ、ハース、モヤ、チェラの4人が年長です。
フェデラーより年長の選手の優勝はフェデラーより年長の選手のベスト4進出はこの年のダビデンコが最後。
2006年大会もブレーク、ハース、ダビデンコ、ヒューイットの4人。この年もこのうちダビデンコがベスト4。
2005年大会もヒューイット、ニエミネン、アガシ、ブレークの4人。この年のアガシがフェデラーより年長の選手の最後の決勝進出です。
2004年大会はアガシ、フルバティ、ヘンマン、ハース、ヒューイットの5人が年長です。

2003年大会はフェデラー不在ですが、アガシ、フェレーロ、ヒューイット、シャルケン、エル=アノーイの5人がフェデラーより年長。この年の全米のロディックがBIG4よリ先に大会初優勝を飾った選手の中では唯一のフェデラーより年少の選手です。全米以外の3つのグランドスラムではBIG4より先に大会初優勝を飾った選手は全員フェデラーより年長の選手になっています。

2002年の全米はヒューイット、エル=アノーイ、ミルニ、アガシ、サンプラス、ゴンザレス、シャルケンの7人がフェデラーより年長。残り1人はロディック。驚いたことにフェデラーより年長の選手の最後の優勝を飾ったのは前時代の王者サンプラスでした。
2001年大会もクエルテン、カフェルニコフ、ヒューイット、ザバレタ、サフィン、サンプラス、アガシの7人。もう1人はロディック。
2000年以前は全員がフェデラーより年長の選手です。


調子に乗りすぎて随分と長くなりましたが、やはりここ5,6年はほとんどのグランドスラムでフェデラーが最年長あるいはフェデラー不在で8人全員がフェデラーより年少という結果になりました。
35歳でのベスト8は2013年全仏のハース以来ということになりますね。

全豪に絞るとアガシがギリギリ34歳が最後なので1979年のColin Dibley以来です。
1978年のアッシュも35歳です。
そして1977年(12月)までさかのぼるとローズウォールが出てきます。ここまで来ると別格です。この時43歳。ローズウォール、この年の1月の全豪やその前年1976年の全豪ではベスト8どころかベスト4入りしています。40歳越えで2度のベスト4、1度のベスト8とは恐るべし。
35歳以上まで広げると1970年の各大会からが対象なので優勝3回、準優勝3回、ベスト4 4回、ベスト8 1回を記録しています。うーん恐るべし・・・。
  1. URL |
  2. 2017/01/24(火) 02:33:20 |
  3. 2R #2mo2qD.Q
  4. [ 編集]

>ぽーち様

両者グランドスラムでは2005年から対戦していまして、決勝でも2006年から対戦しています。
実現すれば11年越しでの決勝ということで、
こんな記録は他にサンプラスvsアガシくらいしかないのではないかと思います。
レーバーとロズウォールもお互い長いんですけど、ことグランドスラムに限定してしまうと
僅か2年しか顔を合わせてないのでほぼ実績なしということになります。
昔の選手も長い選手はいるんですが2人となると中々見つかりません。
実現してほしいですが、まあちょっと確率的には厳しいかなあ・・・


>2R様

私の記事本文よりも長い膨大なデータ提供ありがとうございます。
待ち焦がれていた片手打ちの復権もここへ来てようやく活気を見せてくれています。
ディミトロフやティエムのような若い片手打ちが出てきてくれいることは大きいです。
最近の傾向として、フォアの強打で相手を押していくスタイルは20年前から変わってないですが
その強打を返す技術も進歩してきていて、その返球を更に効果的に処理する方法として
ネットに詰めるというのが見直されています。そうなると、強打はフォアに任せて、
ネットでより柔軟にさばけるようにバックは片手打ちが良いという考えが増えるのもおかしくないと思います。
もう少し時間が必要でしょうが一時期は完全に消え去る雰囲気のあった片手バックが再度増えてくるでしょうか。

また、年齢に関しての考察もありがとうございます。
改めてフェデラーの特殊性が現れていますね。
フェデラーに続世代のグランドスラマーたちは決勝の相手も同じような選手になっているのですが
意外にもフェデラーに決勝の相手がバラけています。
特に4回優勝の全豪と5回優勝の全米はそれぞれ決勝で下した対戦相手が違います。
一方で全仏と全英は決勝の相手も複数回対戦者がほとんどとなっています。
これも面白い傾向です。

  1. URL |
  2. 2017/01/24(火) 11:24:59 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

か、管理人さぁ~ん!そんな決勝のフラグは立てないでください!('◇')ゞ
あ、でも、2人1組でのフラグと考えれば、フェデラーが御しやすい相手が来るととらえることもできるか?

こちら痛く同感です。
「同時にフェデラーの方もこの好調がずっと持続するとは思い難いという思いもあります。
この段階で調子が良すぎるフェデラーというのもまた不安の種なんです。
不調なら不調でもっと不安なくせにまったく我ながら勝手なもんですが。」
  1. URL |
  2. 2017/01/24(火) 21:47:36 |
  3. かめ #-
  4. [ 編集]

>かめ様

また変なフラグ立ててましたか・・・・
いやでももうこれ以上は何も言いますまい。

こうなってくると1試合1試合ハラハラもんですね。
でもそういう時に限って試合の方はあっさり終わったりもするんですが。


  1. URL |
  2. 2017/01/25(水) 08:29:59 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

すいません、言論統制してしまいました。(^^♪
管理人様の予測は当たっても当たらなくても、楽しんでいます!
  1. URL |
  2. 2017/01/25(水) 21:10:13 |
  3. かめ #-
  4. [ 編集]

>かめ様

ありがとうございます。
全然大丈夫です。
これからもガンガン私の書き込み内容いじってください。


  1. URL |
  2. 2017/01/26(木) 14:50:19 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ausaga.blog71.fc2.com/tb.php/1040-731eeabd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Au-Saga

Author:Au-Saga

本体へのリンク

男子テニスデータ検証サイト
【レンドル最強説】
【更新履歴】
【ATP】

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター