レンドル最強説&フェデラー最強説blog

【レンドル最強説】の雑記部分をブログ化しました。右のリンクから本体へも是非どうぞ。

2017年、全豪準々決勝トップハーフ

〇フェデラーvsズベレフ×
〇バブリンカvsツォンガ×

いずれもストレートでの決着でした。
ボトムハーフよりは勝敗の読める対戦だったとは思いますが
第1週の荒れ方が嘘のような静かな決着だったとも言えます。

ベスト4はスイス対決となったわけですが、これはどちらが有利なんでしょうか。
どちらも調子がいいです。

力関係で言えばランキング的にも今はバブリンカの方が上ということになりますが
フェデラーの経験値もまた侮れないものがあります。

過去の対戦成績はフェデラーの18勝3敗で、バブリンカが勝ったのはクレーコートだけです。
ただ、バブリンカにはグランドスラムで見せる恐ろしいばかりの勝負強さがあります。
過去の対戦成績が当てにならないことは幾度かのジョコビッチ戦でも証明済みです。

ATPのページには興味深い記事が載っていました。
http://www.atpworldtour.com/en/news/wawrinka-infosys-january-2017

去年トップ10が「0-30」と「30-40」になった時に
サービスゲームをキープできた率というのが数字になっているのですが、
驚くべきことにどちらもバブリンカが1位となっているのです。

「0-30」と「30-40」どちらも2位はジョコビッチでそれぞれ53.9%と53.8%でした。
これも十分に高い数字なのですが、バブリンカの数字はさらにその上を行く実に61.4%と57.1%。
ジョコビッチを遥かに超えて抜きん出た数字を出しているのです。

セッピ戦の時にも触れましたが、タイブレークに強くなっているのも間違いないですし
確実に勝負強い選手になっているというのが明確に数字に表れています。

準決勝は短期決戦での決着の可能性もあり、そうなればどちらが勝ってもおかしくないと思いますが
競った試合になればなるほどバブリンカが有利になるのではないでしょうか。

今大会は毎回予想することに決めましたので今回も行きます。
正直フェデラーに勝ってほしいですが、勝者予想はバブリンカです。

フェデラーも乗っているときはポンポンと軽妙にポイントを取っていくでしょうが
粘りのストロークで調子が乱されるとバブリンカにペースを持っていかれます。
連戦の疲れもあり、試合が進むにつれて大事なところでミスが目立ち始めまして、
まずはバックハンドのエラーが増え、そして遂に決めに行くべきところでのフォアが決まらず
決定的なポイントをミスショットで落としてしまうという
残念さが滲み出るときのフェデラーの負けパターンが発動します
バブリンカもずっと安定したショットを続けているわけではないのですが
試合後半のいいタイミングで信じられないような強打が決まって大事なポイントを持っていきます。
とこのような展開でフェデラーが惜しい試合を落としてしまう、
という妙にリアルな雰囲気の予想でいかがでしょうか。



さて、その前にボトムハーフの準々決勝がありますね。
こちらの勝敗予想は既に前記事に書いておりますので再掲しませんが
トップハーフよりは遥かに混戦だと思います。
4人がそれぞれにタイプも違うので、
試合を楽しむという点でも満足感のある試合になってくれるのではないでしょうか。
トップハーフがいずれもストレート勝負でしたから、
競った試合も観たいなという思いもありますし。



スポンサーサイト

テーマ:テニス - ジャンル:スポーツ

  1. 2017/01/25(水) 10:27:15|
  2. 2017年1月~3月
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
<<2017年、全豪ベスト4 | ホーム | 2017年、全豪はベスト8が出揃う>>

コメント

フェデラーvsワウリンカの試合展開、妙にリアルですね。。苦笑
予想が外れることを祈ります。ナダルに決勝で勝ったら最高ですね。
つい最近だった感覚がありますが、全豪では実に8年振りですか。


フェデラーは全盛期以上にプレイのバラエティが増えてる気がしますが、全盛期にはなかった、急に調子がトーンダウンする危うさも、また観客をハラハラドキドキさせる要因かもしれません。


個人的なフェデラーのプレイスタイルの印象

〜2003 サーブアンドボレーを主軸したオールラウンダー
2004〜2008 フォア強打を主軸としたオールラウンダー
2009〜 ドロップショット増
2014〜 ネットプレー増
2015〜 SABR開発

完全な主観です。
また2010あたりから、若干フットワークとストローク精度が落ちた気がします。
周りのストロークレベルが上がったのもあると思いますが。
  1. URL |
  2. 2017/01/25(水) 13:35:01 |
  3. ATPウォッチャー #-
  4. [ 編集]

連投すみません。
フェデラー&ナダルは2012,2014の準決勝では当たってますね。
あまり印象に残らなかったですが。。
  1. URL |
  2. 2017/01/25(水) 13:36:40 |
  3. ATPウォッチャー #-
  4. [ 編集]

ディミトロフがストレートで勝ちました。
QFは片手バック勢が3人ともストレート勝ちです。
これでナダルが勝ったりするとベスト4が右利き片手バック3人+左利きという、
かなりレアな状況になりますが、果たして。
いやでもディミトロフ、決勝来るかもしれませんね。

あと、フェデラーはズベレフ戦、リターンとパスが冴えていましたね。
サーブ&ボレーヤー対策を知り尽くしたような戦い方に見えました。
おそらくズベレフにとってはベスト8に残った相手の中で
最も厳しい組み合わせだったのではないでしょうか。

バブリンカも好調そうなので記事の内容が当たらないように願っています。
  1. URL |
  2. 2017/01/25(水) 15:40:34 |
  3. ラカン #KTFWzs4k
  4. [ 編集]

連投失礼します。
ボトムハーフの2試合もストレートで決着しました。
準決勝はどうなりますかね。
  1. URL |
  2. 2017/01/25(水) 20:25:30 |
  3. ラカン #KTFWzs4k
  4. [ 編集]

>ATPウォッチャー様

今回、第9シードと第17シードという極めて残念な位置取りになってしまった両者が猛威を振るっているということは印象的です。
32シード制になったのは割と最近で2001年からですから、時代が違えば今回のフェデラーはノーシードだったわけです。
1回戦ジョコビッチvsフェデラーなんてのも有り得たわけですね。これはさすがにどうかと。
32シード制には未だ批判的な意見もあるようですが私はいいと思います。


>ラカン様

結局全てストレートだったのですが
同じストレート勝負でもナダルが一番苦戦しながらの勝利だったように思います。
バブリンカ、フェデラー、ディミトロフの3人は絶好調なのがわかりますが
ナダルも良い方だとは思うものの3人ほどではないと感じました。
それだけに頑張ってほしい感がまたにじみ出てくるのです。



・・・正直ナダルですね、私。今一番応援してるの。そして一番可能性が薄いと思っているのもまた事実。


  1. URL |
  2. 2017/01/26(木) 15:14:23 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ausaga.blog71.fc2.com/tb.php/1042-75e9d7c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Au-Saga

Author:Au-Saga

本体へのリンク

男子テニスデータ検証サイト
【レンドル最強説】
【更新履歴】
【ATP】

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター