レンドル最強説&フェデラー最強説blog

【レンドル最強説】の雑記部分をブログ化しました。右のリンクから本体へも是非どうぞ。

2017年、モンテカルロはナダル

優勝はナダルでした。終わってみれば圧勝でした。
同一大会10回優勝はオープン化後初、クレーコート50タイトルも歴代最多ということで
フェデラーと同様にここへきて尚、伝説を書き換えにかかっています。

もちろん純粋にこの結果は嬉しいですが、元々団子状態とされていた中での結果ですから、
ナダルがクレー王座に復活ののろしを上げたということなのか、
はたまた他の候補勢が軒並みつぶれあった要因が大きいからなのか、
その辺りの判断はつきかねます。

間髪を入れずにバルセロナがありますし、そのままクレーシーズンは続いていきますが
恐らくナダルもかつての調子で戦い続けることはできないでしょうから
どの程度のペース配分をしていくのかは大いに気になる部分です。

トップ2があの状態ですので、他の選手にはチャンス到来のはずなんですがどの選手もいまいちピリッとしません。
実力的には錦織などは大いにチャンスというはずなのですが、いかんせん手首の怪我というのは大きいです。
下手をすればジョコビッチ、マレーよりも深刻といえるかもしれません。

今大会、ナダルという存在があったとは言え、準優勝者がラモス・ビノラスであったという点は
今年のクレーシーズンが混戦になり得ることを十分に予感させてくれています。

もちろんモンテたカルロで不甲斐なかった上位選手たちが今一度奮起することもあり得るでしょうから
そうした部分も含めた力関係の推移を注視していきたいと思います。


スポンサーサイト

テーマ:テニス - ジャンル:スポーツ

  1. 2017/04/25(火) 09:19:14|
  2. 2017年4月~6月
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<ナダルvsゴファンの誤審について | ホーム | 2017年、モンテカルロはべスト4>>

コメント

杉田祐一、バルセロナでベスト8進出

最新記事の荒れっぷりが半端ないのでこちらに。

錦織の欠場によるラッキールーザーとして本戦入りした杉田が快進撃を見せています。

1回戦でロブレド、2回戦でなんとガスケ、3回戦でカレノ=ブスタを破りベスト8に進出。
次の相手はティエムです。

杉田のランキングを考えたら十分すぎる成果です。
キャリアハイ更新もほぼ確定です。

なんだかんだで日本人もトップ100に入る選手なら粒ぞろいになってきています。
  1. URL |
  2. 2017/04/28(金) 09:07:29 |
  3. 2R #2mo2qD.Q
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ausaga.blog71.fc2.com/tb.php/1060-5dbdca95
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Au-Saga

Author:Au-Saga

本体へのリンク

男子テニスデータ検証サイト
【レンドル最強説】
【更新履歴】
【ATP】

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター