レンドル最強説&フェデラー最強説blog

【レンドル最強説】の雑記部分をブログ化しました。右のリンクから本体へも是非どうぞ。

2017年、全仏はベスト8へ

私的なことで恐縮ですがなんで忙しくなりますかね、この大事な時に。
おかげでずっと記事の書き込みができませんでした。すいませんでした。

早くも準々決勝ということでざっと触れていきます。


・マレーvs錦織

まさかと言っていいのか、マレーが調整してくるとは意外でした。
最初の2試合は苦戦気味であったのに、山場のデル・ポトロ戦を凌いだ後は好調に転じた雰囲気です。
大会前までのマレーであれば錦織の勝機も充分と思えたところですが、
相性の悪さも相まって錦織には厳しい対戦となりそうです。

錦織自身はどうにも調子が上向いてきません。
そりゃ実力者ですから良い時は良いのですが、いかんせん波が激しすぎます。
「6-0」や「0-6」が多いというのは何とも言えません。
ここまで2つの「6-0」2つの「0-6」を経験しています。
決めるべき時に決めないことも多く、マレーのような選手だとそこは巧妙に突かれてしまいます。
マレーは偉大な選手、何せ世界No.1ですから。
過去の対戦はマレーの8勝2敗です。錦織、厳しいと見ます。


・バブリンカvsチリッチ

バブリンカも大会前の評価はいまいちでした。
しかしグランドスラムに入るとこうして調整してくるのですからさすがは優勝経験者です。
危険なドローを引いたわけではありませんでしたが、ドルゴポロフ、フォニーニ、モンフィスと
足元を掬われかねない実績のある選手との対戦を潜り抜けております。
特にモンフィスは地元選手であり、大会で最も魅せるプレーを披露してきた難敵だったといえます。
これらの試合を全てストレートで勝利してきていますから、バブリンカ、調子は良いとみていいでしょう。

チリッチも全てストレートで勝ち上がっています。
こちらもグランドスラム優勝者、ばっちり調子を合わせてきたということでしょうか。
4回戦は注目のK・アンダーソン戦でしたが、アンダーソンの途中棄権で簡単な勝ち上がりとなりました。
アンダーソンは無事にキリオスを倒してくれたのでまあいいでしょう。それだけで賞賛に値します。

好調同士の対戦ということで見応えもありますが、
過去の対戦はバブリンカが11勝2敗と大差をつけてチリッチを圧倒しています。


・ナダルvsカレノ・ブスタ

今回ベスト8に残った中で唯一上位8シードでないのがカレノ・ブスタです。
カレノ・ブスタはラオニッチとのフルセットの死闘を制して勝ち上がってきました。
スペイン期待の若手が台風の目として勝ち上がり、ナダルに立ち向かう、いいじゃないですか。
ただ、大会通じて好調だったスペイン勢を応援するファンにしてみれば
何も2人がここで潰し合わなくても、という思いはあるかもしれません。

そもそも同国スペイン選手がクレーでナダルに勝つ例ってありましたっけ。
ごく最近のナダル不調時であれば1例くらいあったのかな?
昔の引退選手であれば、モヤとかフェレーロが勝っていた例がありますが。

ただ、カレノ・ブスタも覚醒してきている時期です。
何せ25歳、当ブログで提唱している25歳ピーク説のど真ん中にいる選手なわけです。
もっとも、近年はピーク年齢が後ろにずれ気味であるのですが。
いずれにしろ心身ともに好調な状態ですからナダルにどれだけ全力でぶつかっていけるか注目しましょう。
過去の対戦はナダルの3勝0敗です。


・ジョコビッチvsティエム

ジョコビッチもまたしっかり調整してきました。
シュワルツマン戦はフルセットになりましたが、クレーシーズン初期の頃とは評価も随分違います。
この男が復調してきたら怖いです。他の、例えば偽No.1的選手とは一味違った貫禄があります。

ティエムも好調で全てストレートで勝ち上がってきています。
ジョコビッチもティエムもここまでそう強烈な選手とは当たっておらず、
両者の対戦も予定調和的なところがあったといえます。
唯一、ティエムはゴファンと対戦する可能性がありました。
これが実現していれば面白かったと思うのですが、ゴファンは不幸なアクシデントで大会を去ってしまいました。

今シーズンここまで好調で来ている若きティエムへの期待もありましょう。
しかし、これまでの対戦成績ではジョコビッチの5勝0敗です。
そしてジョコビッチは王者の風格を取り戻してきているというわけで、こうなるとティエムには難しい試合になります。
他に若手ではカレノ・ブスタも残っているわけですが、こうした若い選手が
よりによって最強クラスの選手と当てられてしまうというのもドローの悲劇と言えましょうか。

試合がまだ行われていないのに悲劇と断じてはいけないと思いますが、
私の予想では上位4シードがベスト4進出ということになります。



スポンサーサイト
  1. 2017/06/06(火) 12:22:00|
  2. 2017年4月~6月
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9
<<2017年、全仏はベスト4へ | ホーム | 2017年、全仏1回戦>>

コメント

大会前で言ったら
・ジョコビッチティエム:そりゃそうだ
・ナダルカレノブスタ:クレーならラオニッチ負けるか
・バブリンカチリッチ:しっかり本番に合わせてきてるね
・マレー錦織:そりゃないでしょう。前哨戦見た?
って感じでびっくりしました。

バブリンカが好調そうで面白そうですが、予想は管理人様と同じですね。願わくばラッキーな(大会前評価で)第1シードを引いた錦織にサプライズを期待します。
  1. URL |
  2. 2017/06/06(火) 18:04:27 |
  3. ぽーち #2TDfamfI
  4. [ 編集]

他の、例えば偽No.1的選手とは一味違った貫禄があります。>
一体誰の事ですかねぇ(棒) 心の曇った自分の目には上で「偉大な選手、何せ世界No.1ですから」と言われている選手と同一人物に見えるのですが(笑)
錦織選手を勝たせるための逆フラグとしては粗雑な気がしなくも・・・。
冗談は置いてナダルは最近では2014年にバルセロナでアルマグロに負けてましたね。
まだあの頃は怪しい感じがしつつもその年の全仏は制したのは記憶に新しい所です。
およそ2年経って戻してくるとは本当に予想外でしたが不調に見えた15年、16年の2年の合計成績は100勝34敗勝率.746、
GSの成績が芳しくないのでマイナス的な印象になってますがそれでも勝てないと言うわけでは無かったですから改めてみると恐ろしいです。
ジョコビッチにはなすすべもない試合が続きましたが、力があがってきた錦織選手に2015年シンシナティでは完敗したのを見た時はこのまま落ちるのかと
思ったら2016年には五輪では敗れはしたもののインディアンウェルズ、バルセロナで連続ストレート勝ちするのを見るにいかにトップ選手と言えども
この怪物的選手には本調子では無くてもそう簡単には勝たせてもらえないというのを実感させられましたね。
このまま彼は10度目の全仏の栄冠を果たして手に入れる事になるのか・・・。
  1. URL |
  2. 2017/06/06(火) 18:32:15 |
  3. マルト #-
  4. [ 編集]

キリオスに対するコメントはマレーと同じ愛なのか、それとも本気で好きじゃないのでしょうか。
確か以前ディミトロフと同様周りの期待が過剰ということであまり好きじゃないという話だったと思いますが。
キリオスはコーチも付けましたし、クレーの結果はしょうがないにしてもグラスシーズンには活躍してほしいと思ってます、怪我が多いのが気になりますが。
  1. URL |
  2. 2017/06/06(火) 21:39:17 |
  3. たかはし #-
  4. [ 編集]

フラグ

と言いたいとこですが間違いなくナダルは勝つでしょうし、錦織はたぶん駄目でしょう
ワウリンカもたぶん勝つでしょうが、さて予想が難しいのはやはりティエム対ジョコビッチ
どうなるでしょうねぇ楽しみです
  1. URL |
  2. 2017/06/07(水) 00:50:32 |
  3. aaa #-
  4. [ 編集]

皆さま。
ありがとうございます。

フラグに過度な期待は禁物です。
上位4人の実績はやっぱり図抜けているんですよね。
もっとも、その実績が結果に結びつかなくなってきているというのが近年の傾向で今大会でもそのような展開を期待した人も多いのでしょうが。

しかし、実績組の本番に合わせてきている感は本当に凄いですね。感心します。


  1. URL |
  2. 2017/06/07(水) 12:00:14 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

> そもそも同国スペイン選手がクレーでナダルに勝つ例ってありましたっけ。
> ごく最近のナダル不調時であれば1例くらいあったのかな?

誰か書くのではないかと思ったのですが、一応書いておきます。

例のいわくつきのブルークレーにてベルダスコが対ナダルの初勝利を挙げています。
が、特殊なクレーなのでこういう場合にカウントして良いものかどうか・・。
(公式記録ではクレーとして扱われていますが)

あとは2014年のモンテカルロのQFにて、フェレールがナダルに勝っています。
フェレールがナダルにクレーで勝ったのはこの1回だけです。
ということで、記憶に残っていました。
※と思ったら、フェレールが勝った2004年のStuttgart は対戦当時クレーだったので2回目ですね。
 今のH2Hだとグラスと表示されますが・・・

他は上でマルトさんが挙げられているアルマグロくらいだと思います。
ここ何年かですと。

その前は管理人様が例として挙げられた試合だと思うのですが、
2008年ローマでフェレーロが勝ったところまで遡るのではないかと。
  1. URL |
  2. 2017/06/07(水) 13:17:18 |
  3. ラカン #KTFWzs4k
  4. [ 編集]

ジョコビッチは去年全仏優勝した時はGS4大会連続優勝、最終戦優勝のビッグタイトル5冠保持者でした。ベッカーと一緒だった頃は本当に強かったですね。
錦織選手には頑張ってほしいです。Au-Saga様は錦織のこと応援していますか?
  1. URL |
  2. 2017/06/07(水) 21:18:18 |
  3. 全米オープン好き #-
  4. [ 編集]

>ラカン様

ありがとうございます。自分で調べればよかったんですけどちょっとものぐさしてしまいました。
例が無いわけではないですが、対戦数を考えるとレアケースといえますね。


>全米オープン好き様

正直申せば、錦織選手、めちゃくちゃ応援してます。
ただ、それを文面に出さないのは、もう私のゲン担ぎのようなものです。
冷静に分析している体を保つことで緊張感や不安を払拭しているのかもしれません。


  1. URL |
  2. 2017/06/08(木) 12:08:30 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

Au-Saga様へ
ジョコビッチの5冠保持は2015ウィンブルドン→2015全米→2015ATPファイナル→2016全豪→2016フレンチと、昨年の全仏優勝した時点での事です。
年間ではないとはいえこれだけビッグタイトルを連続して獲ったのは実力は当然として運もかなり味方していたと思います。

錦織選手残念でした。ただ、ベルダスコ戦の打ち合い、マレーとも良い場面が結構あったりと久々にかっこいい錦織が見れました。
レンドルファンというとプレースタイルが似ているジョコビッチ、マレーも好きですか?昔の選手だとベッカーはやっぱり魅力ありますね。
  1. URL |
  2. 2017/06/08(木) 15:58:43 |
  3. 全米オープン好き #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ausaga.blog71.fc2.com/tb.php/1075-a1681bed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Au-Saga

Author:Au-Saga

本体へのリンク

男子テニスデータ検証サイト
【レンドル最強説】
【更新履歴】
【ATP】

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター