レンドル最強説&フェデラー最強説blog

【レンドル最強説】の雑記部分をブログ化しました。右のリンクから本体へも是非どうぞ。

2017年、全仏はベスト4へ

まあ正直、私の中では、錦織、バブリンカ、ナダル、ティエムでした。
予想とか期待とかそういうのはよくわからないですが、とにかくなんとなくこの4人でした。

でも実際には
・マレーvsバブリンカ
・ナダルvsティエム
となりました。

錦織のみ残念だったということになります。
スコアは「6-2 1-6 6-7 1-6」でした。
これまでの流れで行けば、錦織は第1セット取っちゃダメだったんでしょう。
錦織は大会通じて好調ではなかったと言えます。長く怪我も続いていました。
それでここまで来れるのだからさすがとも言えますし、良くやってくれたと労いたい気持ちもあります、
しかし、せっかく勝ち上がってきたならそれはそれでもう一つ上、という思いを抱いてしまったのも事実です。
ナダルに勝てる気はしませんがが、マレー位になら勝てるのではないかという淡い期待、
そんなものもありましたが残念ながら空気を読まない偽No.1に粉砕されてしまいました。

もっとも、マレーも全仏に入ってから本当に調整してきてます。
決定的な強敵とは当たってなかったジョコビッチと違い、デル・ポトロを引いていたわけです。
今の状態ならばいかなクレーコートと言えど錦織に勝っても不思議ではありません。
錦織を相手に第2セット以降のプレーならばNo.1として及第点と言えるのではないでしょうか。

せめて全仏以前の状態のマレーと当たっていればなあ、と思いたくもなりますが
錦織自身も全仏前は更にコンディションが悪かったですから、
その辺は言いっこなしで純粋に力負けしてしまったということになりましょう。

今後の錦織は、全米に完全に照準を合わせたコンディション調整をしてほしいです。
全米ならばチャンスはあります。そしてもう本当に最後のチャンスかもしれないですから。


バブリンカは強さを見せつけました。
チリッチも良い選手でパワー一辺倒でないショットで抵抗していたのですが、
相性の良さもあってか、昨日の試合ではパワーも緩急もバブリンカの方が1枚上でした。
クレーで、片手打ちバックの選手がトップ選手間のラリーを支配できる、というのも
両手打ちが出てきてからはレンドル、クエルテン、バブリンカの3人しかいないんじゃないでしょうか。
前2者は全仏3回優勝しています。まだ1回のバブリンカは果たしてどうでしょうか。

過去の対戦成績ではマレーの10勝7敗となかなか良い勝負になっています。
クレーではバブリンカの2勝1敗ですが、去年の全仏ではマレーが勝っています。


ナダルはカレノ・ブスタの途中棄権で労せずに駒を進めています。
今大会は棄権が多いので特別このナダルの勝ち上がりがどうということもないのですが
ことあるごとにナダルの体力が心配だと言ってきた私の立場は・・・

いや、ナダル、遂に31歳になりましたから、体力も限界に到達しているはずです。
次の相手は若いぴちぴちのティエムですから、これは注意が必要です。
しかも、ローマでは負けてますから。
ローマのティエムはナダルに勝った後ジョコビッチに負けましたが、今回はジョコビッチに勝っています。
日々めきめきと成長しているのです。


ティエムはジョコビッチに勝利してナダルとの対戦に駒を進めています。
スコアは「7-6 6-3 6-0」。
ティエムが勝つ予想をした人も多くいたとは思うのですが、ここまで簡単にとは意外でした
ジョコビッチは復調していなかったんですかねえ。
それともティムの力が上回っていたのか、判断の難しい試合でした。特に第1セット。
私はジョコビッチ側に余裕というか、相手の出方を伺いながらプレーしているような感じを受けました。
パワーで押すよりもプレースメントを重視したショットが多く、しかも深く入っていたので
タイブレークを取られた段階でもまだ全然いける感じを持っていました。
で、その後、え?となったわけです。
私、ジョコビッチのプレー評価高すぎるんでしょうか。
もっとパワー偏重のショットも打てるように思うのですが最近はほとんど打ちません。
私はこれを様子見のプレーと見ていたのですが、もしかして以前のパワーがないということなのか。
もちろんあの粘りは確実になくなっているので精神的な要因で低調というのは間違いないんですけど
精神的要因だけでなく体力的にも落ちているのだとすると今後の復活というのは大変です。
まあ、復活ということで言えばフェデラー、ナダルの恐るべき例がありますし、
これまで散々この2人にくらいついてきたジョコビッチですから
ここでもまた同じことができるか、というのは注目に値するポイントだと言えます。

勝ったティエムは今どれだけ強くなっているんでしょうか。
今シーズンはナダルに連敗した後にローマで勝ちました。その時のナダルに疲労があったのは事実ですが
今のティエムはローマよりも更に強くなっていると言われても頷けるものがあります。

しかも私にとってはバブリンカに匹敵するか、むしろそれ以上の期待をかけることも可能な
クレーコートを支配できる片手打ちバックの選手なわけですから、嫌でもプレーに期待が高まります。
ただ、相手はこういう有望な選手をコテンパンにしてきた悪魔のような選手ですので
もう失うものはないという気持ちでぶつかっていって欲しいです。
そのような気持ちでぶつかっていって欲しかったカレノ・ブスタがほぼ何もできなかった前例がありますが
ティエムは、そんなことないですよね?


スポンサーサイト
  1. 2017/06/08(木) 08:30:00|
  2. 2017年4月~6月
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12
<<2017年、全仏はいよいよ決勝へ | ホーム | 2017年、全仏はベスト8へ>>

コメント

そうですね

おそらく管理人さんとしては今のマレーであれば錦織も何とかするかもという予想と期待が半々程の、
ティエムについてはクレーシーズンを通して好調をキープしている今の状態ならジョコビッチを倒し得るだろうという予想があり、期待もあり、しかしまたローマの結果があれだったからという不安もあったということだったろうと推察致します

ジョコビッチについては好調時に強力なカードとして機能したバックハンドをダウンザラインに自信を持って打てる状態にはないですから、ああいう戦い方になるのかなと
完全にキレてしまった第3セットは論外ですが
思えば2012年も一時バックハンドのダウンザラインが入らない時期があり、勝つには勝つけど2011年程ではないということもありました
プレーを組み立てる上で一つ武器が減るというのは大きいです
この武器が機能し始めればまた奥の深さというか懐の深さというか、それが戻るのでしょうが
  1. URL |
  2. 2017/06/08(木) 12:11:50 |
  3. aaa #-
  4. [ 編集]

もはやこの先はどのような勝ち上がりになっても話題性が高いというか、
注目度が高いというか、とにかく楽しみですね。

個人的には、バブリンカ vs ティエムの片手バック対決が実現して欲しいところです。
実際の第1シードと実質的な第1シードの戦いというのも面白いと思いますが。
  1. URL |
  2. 2017/06/08(木) 12:32:01 |
  3. ラカン #KTFWzs4k
  4. [ 編集]

ジョコビッチは個人的には負けを予想していたのですがここまでとは思いませんでした…。
ローマでのティエム戦はティエムの状態も込みでの結果だということも改めて確信したところでもあります。

ジョコビッチの不調は大会単位で調子を保てないに尽きると思っています。割とベテランに多そうですがフィジカルが持たないんでしょうかね。
ここから復調できるかも結構微妙な気がしていて、今回が実質初めて体験する衰退期のように思います。
こうなると果たして通算勝率の維持もできるのかはちょっと心配ですね。

波といえば錦織は試合の中でコロコロ変わるジョコビッチ以上の劇場型になってますが、こちらもフィジカルなんですかねぇ…。
  1. URL |
  2. 2017/06/08(木) 16:56:10 |
  3. TOTO #-
  4. [ 編集]

>aaa様

なるほど、確かにあの史上最高とも称されたバックハンドの脅威はないですね。
私が感じた様子見感はそこから来てるんでしょうか。
もはや様子見ではない、ということなんですが。


>ラカン様

片手打ち同士の決勝なんてグランドスラムではいつ以来でしょうか。
10年前の全豪かな?
フェデラーがいてこの状態ですから片手打ちの低迷期は長いと言えます。


>TOTO様

ジョコビッチはフィジカル面もあるでしょうが、第3セットの落とし方など、精神面に問題ありという気もします。
一方で錦織は完全にフィジカルだと思います。
かつての5セットになれば勝つ、というあの頃の体力はないのでしょう。
今の体に合った戦い方をしていくことが今後につながっていくだと思います。


  1. URL |
  2. 2017/06/08(木) 18:11:18 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

錦織は怪我の治療に専念してほしい
  1. URL |
  2. 2017/06/08(木) 21:38:42 |
  3. no tennis no life #-
  4. [ 編集]

やはり錦織はフィジカルっぽいですね。今年28という年齢で一昔前なら引退チラつくレベルですしチャンスは残り少ないのかも…。

ところで全然関係ない話ですが、NHKのみんなの選ぶウィンブルドンレジェンドみたいな企画ありますが個人的に納得いかないです。
なぜローズウォールが選択肢にないのかと!

いや優勝者だけってなら分かりますが、レンドルが選択肢にありますし(笑)ローズウォールってホントに忘れられてるですかね…。

そういえば錦織の年齢を考えていると、ローズウォールがレーバーと初対戦した頃の年齢って29歳のシーズンだったんですね。意識したことがなかったですが、来年の錦織に相当する歳なのかと。
歴史上でも最高クラスに現役が長いローズウォールでも、年齢的なファクターは不利に左右していたかどうかがかなり気になってしまいました。
  1. URL |
  2. 2017/06/08(木) 22:43:55 |
  3. TOTO #-
  4. [ 編集]

錦織残念でした。1stのマレーの低調ぶりを見るにドロー運の良さを感じましたがそれ以上に錦織の乱高下が凄かったです。そしてそれはメンタルというよりも肉体的余裕がないからミスも増え、それでも強打をし続け崩れていったように思えました。
ベルダスコ戦だとベルダスコも乱高下しますから勝てますが流石仮でも第1シードでした。
そうした肉体的問題は私も年齢というよりはあちこち痛めているからのような気がします。ナダルの一年前もそんな感じでした、フォアをふかすとかネットとか浅いとか。今だから言うわけではないですがその時もナダルを年齢的な物ではなく怪我と手術の影響とコメントした気がします。ナダルは今年当初から身体が痛い所なく自信を持ってプレー出来ていることが何より大切のようなコメントをしていますが正にそう思います。ジョコビッチマレーもマイアミあたりで怪我で休んだ影響がクレーシーズンの低調に繋がっているのではないでしょうか。ただ痛い所と付き合いながら戦うのも大切で錦織だとQFレベルジョコビッチだとMS決勝レベルまで来れてしまうのですが、トップを倒すには至らないということでしょう。
だからどうすればと言う答えはフェデラーでさえ模索しながらやっているのですから難しいですが、今年はオリンピックもないですし芝は最小限で北米ハードコートシーズンまでしっかり身体を休めて欲しいと思います。
全仏はナダルティエムが激戦になったりティエムが勝つことがあるとトップハーフにもチャンスが回ってくると思います。長文失礼しました。
  1. URL |
  2. 2017/06/09(金) 00:25:40 |
  3. ぽーち #2TDfamfI
  4. [ 編集]

全仏準決勝観戦記

テレビでご観戦の日本の皆様には申し訳ありません.じつは先月末からしばらくパリに滞在(例年は秋にしているのですが,今年は諸般の都合により5ー8月となりまして)している関係で,ローラン・ギャロスにて観戦できることになりました.(ただRGのサイトのできが悪く,チケットを取るのに難儀しました.)

女子の準決勝と抱合せではあるものの,とにかく準決勝2試合を現地で観戦できたのは非常な幸いでした.お粗末ながら,現地にて感じたことをご報告させていただきます.

第一試合のマレー対バブリンカの試合は,一進一退の力のこもった熱戦で,4時間半を超えました.最終的に勝ちきったバブリンカの底力には敬服しましたが,マレーの復調ぶりも本物で中身の濃い試合が堪能できました.ただ,流れから言うとちょっと不思議な試合だったような気がします.

最初にブレークしてチャンスを握ったのはバブリンカでしたが,この日は素晴らしいウィナーもある代わりにそれ以上にアンフォーストエラーもあるという具合で,調子が安定せず,キープできず,またサービングフォーザセットも取り切れずにタイブレークにもつれ込んで,そこでもミスでセットポイントを取りきれず,と言った具合で悪い流れになってしまいました.第2セットは2ブレークして取り返したのでこれで調子に乗れるかと思ったのですが,やはりミスが多く,第3セットも前半リードするも後半取り返されて5-7で落としたときは,これでマレーの勝ちと思いました.マレーのしぶとい守備とドロップショットを交えた(よく決まっていた)前後の揺さぶりに,ペースを掴めず,これは今日はダメと言う感じでした.ところがわからないもので,第4セットもタイブレークにもつれ込み,そこでこのセットをとったバブリンカに流れが行ってしまったようです.場内の声援も後押ししていたでしょう.かかる声と拍手の殆どは「アレースタン!」で「アンディ!」と言うのはその10分の1もなかったかもしれません.最終セットになると,あれほどバックアウト,サイドアウトを繰り返していた強打もどんどん決まるようになり,最後はあわやベーグルかというほどでバブリンカが取りきりました.

マレーはすごくいいテニスをしていたと思います.第4セットまではミスも非常に少なかったですし.それにしても応援は少なかったですね.完全アウェー状態で,ちょっと気の毒でした.去年のブレグジットが関係していたりするんでしょうか.バブリンカに対する声援は圧倒的でした.彼がフランス語圏のスイス人であることも関係していたかもしれません.(私には謎です.)

ナダル対ティエム戦はこれに比べればすんなりストレートで決着しました.印象としては,ほぼ先だってのバルセロナの再現といってもいいでしょうか.第1セット第1ゲームこそナダルの立ち上がりの不安定なところを攻めてブレークできたものの,あっさり次にブレークバックされ,その後はベースラインからの強打が決まらないと苦しくなる展開でした.ティエムの片手バックハンドはきれいに振り抜けているようにみえるのですが,それよりも攻め手の幅の狭さがペースをつかめなかった原因のように見えました.一発の強打だけでは,という印象です.先に展開できない事が多く,結局攻め手に窮するということになってしまったようです.最終セットは少し気持ちも切れてしまったのか,ベーグルになってしまいました.

というわけで,決勝はナダル対バブリンカとなりました.ナダルのクレー魔神ぶりは疑うべくもありませんが,そのナダルとしてはいちばん警戒すべき相手となったのではないでしょうか.むしろマレーのほうがやりやすかったでしょう.決勝戦はチケットがありませんので,テレビ観戦です.

尚余談ですが,こちらのテレビの放映は日本よりさらにもう一段地元びいき一辺倒です.地元女子選手が勝ち進んでいると,男子の有力選手そっちのけでフランス選手を放映します.選手数はたくさんですしね.というものの,例年のことながら,上の方になると残っていません.フランス選手全般勝負弱さがあるように思うのですが,贔屓の引き倒しというような現象でもあるのでしょうか.
  1. URL |
  2. 2017/06/10(土) 08:08:19 |
  3. brunello448 #-
  4. [ 編集]

事実上の決勝戦と謳われてたナダルVSティエムでしたが、終わってみれば、もう一方の準決勝の方が決勝らしい死闘になりましたね。

いやー久々(?)に4時間以上の試合をリアルタイムでフル観戦しましたが、もう観てるだけでヘトヘト。

両者ともに良さが出ててすごかった。あれだけきれいに攻めと守りの構図になるのもおもしろいです。
バブリンカのメンタルがほんと素晴らしかったと思います。普通あれだけマレーに返球されて、自分のアンフォースドエラーが増えてきたら「何か攻め方を変えなきゃ」なんて考えても良さそうなもんなのに、「だったら相手が返球できなくなるまで打ち込めば良い」といった感じでフォア・バックともに打ち込み続ける姿は圧巻でした。

>brunello448様
現地観戦うらやましいです!!
しかも準決勝だなんて、ただただうらやましいです。
マレーVSバブリンカ戦は、歓声がほとんどバブリンカ寄りだったということでしたが、ナダルVSティエム戦は、やはりナダルへの歓声が圧倒的な感じなのでしょうか?
  1. URL |
  2. 2017/06/10(土) 10:38:04 |
  3. karo #vF6dOJDI
  4. [ 編集]

現地歓声

karo様,

ティエムに対する声援はそれなりにありまして,ティエムに対する拍手もそれなりにありました.無論ナダルに対する歓声のほうが圧倒していて七分三分というところだったでしょうか.ただここ数年の低迷期(と言っては失礼でしょうが)を脱してここまで復活して来たナダルに対する拍手と声援には温かいものが混じっているように感じられました.やはり彼の存在感とレジェンドに対する敬意が大きかったのでしょう.

引き換え,マレー対バブリンカ戦ではバブリンカがミスすると「アー⤵」とか「オー⤵」とか露骨に落胆の声が会場を支配してしまってマレーちょっと気の毒でした.(私もバブリンカ寄りで,言ってしまってました:-) マレーごめん.)

とにかくめったに見られないいい試合を現地で観ることができて幸せでした.

決勝戦は熱戦を期待したいです.
  1. URL |
  2. 2017/06/10(土) 17:42:58 |
  3. brunello448 #-
  4. [ 編集]

皆様、コメントありがとうございます。

もう何年も、錦織は怪我が一番の敵になってますね。
一度でいいからベストコンディションでグランドスラムに挑めればと思いたくなります。
ウィンブルドンは捨ててもいいから全米でどうにか、という期待も。


>TOTO様

ローズウォールの件ですが、なるほど確かに29歳なんですね、レーバーの初対戦。
意外と期間が長くないのには驚きます。

ローズウォールが偉大な選手であることは誰もが知っていますが
どの程度偉大であったかまでをきちんと知っている人は少ないのでしょう。
レーバーは年間グランドスラムという分かりやすい指標があるわけですが
悲しいかな、結局はほぼそれだけで評価されているのだと思います。

ちなみにローズウォールも鉄人ですが、体力が温存できるという理由で
ある時期からはサーブ&ボレーにプレースタイルの比重を置くようになりました。
今ほどではないにしても、以前からテニスが
十分に体を酷使するスポーツだったということの証ではないかと思います。

当時もローズウォールが特別なのであって、
同じ時代の他の選手はやはり30歳そこそこで衰えて引退しているわけですからね。


>brunello448様

うらやましい。
私はもちろん全仏は生で観たことなどないです。
そういえば一番最近生でテニスを観たのっていつだろう・・・


  1. URL |
  2. 2017/06/10(土) 22:04:49 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

>brunello448様

会場の雰囲気を教えていただき、ありがとうございました。
パリの観客は少し冷酷なイメージがありましたが、ナダルの今シーズンの復活劇には、パリの方々もやはり特別な想いがあるんですかね。
マレーは少し気の毒でしたが、シーズン後半にがんばってもらいましょう。

これから決勝始まりますね!!
お互い楽しみましょう。
  1. URL |
  2. 2017/06/11(日) 22:18:37 |
  3. karo #vF6dOJDI
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ausaga.blog71.fc2.com/tb.php/1076-93608805
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Au-Saga

Author:Au-Saga

本体へのリンク

男子テニスデータ検証サイト
【レンドル最強説】
【更新履歴】
【ATP】

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター