レンドル最強説&フェデラー最強説blog

【レンドル最強説】の雑記部分をブログ化しました。右のリンクから本体へも是非どうぞ。

2017年、ウィンブルドン1回戦トップハーフ

トップハーフの初戦が行われました。

上位シードのマレーとナダルは完勝しました。
両者ともに優勝候補の筆頭格ではあるのでしょうが、
程度がわかりませんで、果たして当たろ前のように勝ちあがるものなのでしょうか。
取り敢えず1勝というところです。

一方で、第5シードのバブリンカが敗退しました。
全仏ファイナリストがウィンブルドンで初戦敗退というのも、以前は全然珍しくないことでしたが
4強時代以降、強い選手はどこでも勝つというのが当たり前のようになってきていましたし
4強だけでなくトップ10くらいの選手もなんだかんだである程度は勝っていましたから、その衝撃度は高いです。
シード選手は誰にも可能性はあるが、同時に誰でも敗退をする可能性があるというわけです。

キリオスも敗退しました。こちらは怪我による途中棄権でした。
多くの選手にとって怪我は大きな敵になっています。
キリオスは前哨戦でも怪我に苦しめられていました。
コンディションが良ければこれも上位進出の可能性が感じられる選手だけに
本当に何があるかわからない大会になっています。

ただ、概ね、シード選手は比較的順当に勝利した方だと思います。
チリッチ、錦織、ツォンガ、ジル・ミュラー、バウティスタ・アグーなどははストレート勝ちでした。

チリッチの相手はコールシュライバー氏でしたが獲得ゲーム数は「9」でした。
ん~惜しい。私の希望は「10」でした。的中率90%という所です。
私のコールシュライバー氏獲得ゲーム数予想力は、ナダルのクレー勝率程度の高さだと言えるでしょう。

注目の試合であったベルダスコvsアンダーソンは、アンダーソンが勝利しました。
コート適正的には順当であったと言えますが、タイブレークが2つある4セット勝負でしたので
内容の方はさぞ面白かったのではないかと思います。

圧倒的だったのがカルロビッチです。
最終的にベデネに敗退しましたがスコアは「7-6 6-7 7-6 6-7 8-6」でした。
タイブレーク4つ、これぞカルロビッチ!
注目のエース数は44本でした。
しかしこのエースの数、もちろん大変な数字なのではありますが、
このスコアであればもっとあっても良かったんじゃないのと思わせます。
我々はカルロビッチと長く付き合いすぎました。感覚がマヒしてしまってるんでしょう。

さてトップハーフの2回戦ですが、
・マレーvsブラウン
・プイユvsヤノヴィッツ
・アンダーソンvsセッピ
・ナダルvsヤング
・ミュラーvsロソル
・錦織vsスタコフスキ
などなど、注目の対戦が目白押しです。

今大会はボトムハーフ側に見どころが詰まっていると感じていますが
トップハーフ側のそれも初戦でこれだけ濃いのですから
2週間フルに楽しめる予感が漂います。



スポンサーサイト
  1. 2017/07/04(火) 06:00:00|
  2. 2017年7月~9月
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<2017年、ウィンブルドン1回戦ボトムハーフ | ホーム | 2017年、ウィンブルドン開幕>>

コメント

自分もカルロビッチのスコアを見て「おおっ!」と思い、
「一体どれだけのエースが・・・」と、わくわくしながら
スタッツを開いたのですが、44本で拍子抜けしてしまいました。
いや、それでも凄いんですけど・・・(^^;

「これなら60本くらいはいったかな?」くらいの感覚だったので。
(1ゲーム2本×6ゲーム=1セットで12本)
やはり感覚がおかしいのだとは思うのですが、そう思わせるだけの
結果を残している人ですからねぇ。
  1. URL |
  2. 2017/07/04(火) 18:08:48 |
  3. ラカン #KTFWzs4k
  4. [ 編集]

ですねぇ、なにせ3セットで45本の記録作ってたり37歳の全米・全豪でサービスエース最多記録を更新してる方ですからね・・・。
話を変えてワウリンカを倒したメドべデフですが前見た時はもっと叩くスタイルの選手だと思いましたが記憶違いだったかもしれません。
フォアはゆったりとしたスタイルでバックも威力よりはどちらかと言うと安定重視で一発で決めるタイプでは無いみたいですね。
どことなく後年のロディックを思い起こさせるようなそうでないような。
所々小技だったり前での処理の巧さだったりを見せることもあったので結構面白い選手だと感じ直しました。
ハチャノフはロシアの先輩クズネツォフにフルセット勝利。かのドンスコイはズべレフと対戦。
ルブレフも今日出ますし、うーんロシア選手が熱いです。
  1. URL |
  2. 2017/07/04(火) 19:20:17 |
  3. マルト #-
  4. [ 編集]

>ラカン様
>マルト様

1回戦敗退なのに満足させてくれる選手なんてそういないもんですが、カルロビッチというのは本当に特別な存在です。
シード選手であるにも関わらず、勝ち負けよりもスコアやスタッツが取り上げられますからね。
もちろん勝ってくれるに越したことはないわけで、しかもエース数ももう少しあってもなあ、
などというむちゃくちゃな要求すら沸き起こってしまうのでありますが。

メドべデフはまだきちんと観てないんですが、バブリンカ戦、確認してみたいと思います。


  1. URL |
  2. 2017/07/05(水) 09:24:15 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ausaga.blog71.fc2.com/tb.php/1084-db5a8ff2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Au-Saga

Author:Au-Saga

本体へのリンク

男子テニスデータ検証サイト
【レンドル最強説】
【更新履歴】
【ATP】

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター