レンドル最強説&フェデラー最強説blog

【レンドル最強説】の雑記部分をブログ化しました。右のリンクから本体へも是非どうぞ。

2017年、全米開幕

少し遅い休みをいただいておりましてブログから離れておりました。
ブログ的にシンシナティをスキップした形となってしまいましたが
改めて今週からは気を引き締めて全米を追っていくこととしましょう。

さて、いよいよ今年最後のグランドスラムです。
今年は、選手たちの蓄積疲労がはじけ飛んだ形となりました。
実力者、ベテラン、中堅の様々な選手が怪我に倒れ、テニス界の勢力図に多大なる影響を与えています。

いよいよ時代が変わるかと思われて随分と時間が経ちましたが
遂にここへ来て一気に混沌の時代が幕を開けた形となっています。

一足先に休息をとっていたフェデラーとナダルは
ある意味タイミングを味方につけたといえるかもしれません。
他の多くの選手よりも1年早く休息の判断をしたことで
今年は再び脚光を浴びることができました。

それには両者の凄さももちろんあるのですが、
周りの多くの選手たちが疲労のピークを迎える時に復帰したのは
それこそタイミングの妙だったといえるのかもしれません。

今大会でも優勝候補に名を連ねている二人ですが、決して圧倒的ではないはずです。
今年のフェデラーは休息明けの調整が上手くいっていますので
その意味で期待の持てる部分はありますが、
怪我明けというのもあり全豪、全英ほどのベストコンディションとは思えないです。

ナダルもクレーシーズンに精力を使い果たしたのか、疲れが見えます。
今年は見事なクレーシーズンを迎えたナダルですが、
実のところクレー以外では全豪でのみしか見事と呼べるパフォーマンスは見せていない
というのも気にしておくべきでしょう。

もっとも、グランドスラムでの調整力には定評のある両者ですから
どのようなパフォーマンスを見せてくれるのか注目しておきましょう。

ナダルが第1シード、フェデラーが第3シードでして
両者は勝ち上がれば準決勝で対戦します。これは少し残念です。
当たるとすればやはり決勝での対戦を観たかったです。

第2シードはマレーです。
しかし間に合いませんでした。棄権を発表しています。
いや、だったらドロー発表前にですな、フェデラーを第2シードにですな、
と思わせられたのは私だけではないはず・・・なんと空気の読めない選手なのでしょうか。

大会はジョコビッチ、マレー、バブリンカ、錦織、ラオニッチと
5人ものグランドスラムファイナリストを欠くことになります。

かといって、出場するツォンガ、デル・ポトロ、チリッチ、ベルディフ、フェレール等の
他のファイナリストが優位かといえばそうでもありません。
これらの選手が勝つ可能性ももちろんありますが、確率はあまり高くないようにも思えます。
今年はこの中ではチリッチが一番調子がいいです。
コンディションの良さがちょうど大会期間中に重なってくれれば、といったところでしょう。

今回のような混沌とした中での開催の場合は
コンディションが実績を上回る重要性を持つことになります。
ウィンブルドンのジル・ミュラーのように実績とは関係なく
唐突に活躍しだす選手が出てくるのが面白さでもあるのです。

北米ハードシーズンに入って存在感を見せているのは
実績のある中堅、ベテラン組ではなくより若い選手たちです。
カナダではズベレフやシャポバロフ、シンシナティではディミトロフとキリオスが活躍しました。
もっとも、カナダの2人はともかく、シンシナティの2人は、既に実績組といってもよい選手であって
マスターズ決勝に出てくるのも遅すぎではないかと感じる部分は否定できません。
それでも、今回の結果は何よりの自信になっているでしょう。
大勝した次の大会であっという間に負ける癖は今の若い選手達の共通の特徴ですから
そういったことのないようには注意してほしいところです。
因みにシャポバロフは現時点ではまだ予選を戦っていまして本選出場は未定です。
出てくれば面白いとは思いますがここも成り行きを見守っていきましょう。

こうしてみると優勝候補と呼べる選手は多岐に渡っています。
名の出ていない若手中堅にも可能性を持つ選手は多くます。
これは同時にそれほどの混戦なのだと言い換えることもできます。
こうした本命不在の大会は人によっては面白さに欠けると感じることでしょう。
しかし将来を見据えたときに、今のこの狭間の時代を知っておくのは、
数年後のテニスの面白さを引き立てる糧ともなり得るのです。

開幕を待ちましょう。
初戦から目を離すべきではないかもしれません。



スポンサーサイト
  1. 2017/08/27(日) 09:41:31|
  2. 2017年7月~9月
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10
<<2017年、全米1回戦 | ホーム | 2017年、カナダマスターズはズベレフが優勝>>

コメント

シャポバロフの本選出場ってすでに決まったませんでしたっけ。
  1. URL |
  2. 2017/08/27(日) 11:31:15 |
  3. たかはし #-
  4. [ 編集]

本当に、ドロー前に。。。

マレーったら、まったくぅ。。。。。でもニューヨークへ行ってからの発表ですからね。出たかったんでしょうね。。。一番苦しいのは彼なんですよね。
  1. URL |
  2. 2017/08/27(日) 23:16:22 |
  3. かめ #k0H9quHE
  4. [ 編集]

これだけ脱落者がいると北米ハードシーズンの意味が違って聞こえますね(笑)
  1. URL |
  2. 2017/08/28(月) 02:57:08 |
  3. フェレールのくわえタオル #-
  4. [ 編集]

>たかはし様

シャポバロフ出場決めましたね。
場所としては第8シードツォンガの近くです。
初戦はいきなりメドベデフですから早速楽しみな対戦となります。


>かめ様

そうなんですよね。
もしも早く休むと決めてたのなら、現地入りすることもなく
もっと復帰のための時間を有効に使えたはずですから本当に出たかったのだろうと思います。
ドローの組み換えが行われましたが、ボトムハーフとトップハーフの入れ換えまでは行われず
第5シードのチリッチがマレーのポジションに入ることになりました。


>フェレールのくわえタオル様

今のテニス界には、ソフトシーズンやイージーシーズンはありませんから
選手もたまったものではありませんね。


  1. URL |
  2. 2017/08/28(月) 10:23:14 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

シンシナティは以前悪い意味で取り上げていたディミトロフとキリオスの決勝でしたね
テニスに対する姿勢、少しは改まりましたかね?
正直これからも主役にはなり得ず、調子のいい時にだけ活躍というタイプだと思いますがさて

今までツアーの主役を担ってきた面々が色んな理由で本命足り得ない今大会は
久しぶりにアメリカ勢の活躍を期待出来るかも知れません(ソックはいきなり消えそうですが)
ジョンソン、イスナー辺りに期待でしょうか、ウィンブルドンで活躍したクエリーも注目したいところですが、あれから彼の試合を見ていないので調子が分かりません
今の調子はどうでしょうか
女王セレナのいない今大会、久しぶりにアメリカ男子が活躍して盛り上げて欲しいものです
  1. URL |
  2. 2017/08/29(火) 10:35:10 |
  3. aaa #-
  4. [ 編集]

全米始まりました。

フェレールが前哨戦で復調の兆しを見せていて、その活躍が地味に嬉しかったです(やっぱりなんだかんだでベテランメンバー好き)。
なので、今大会はフェレールに個人的には注目したいと思います。

と思ってたら、1回戦敗退…orz
これが、いつか管理人様がおっしゃっていた、ベテラン特有の急に調子が落ちるというやつなのか。。。

…気を取り直して、期待の若手筆頭、サーシャのテニスを楽しみたいと思います。
  1. URL |
  2. 2017/08/29(火) 12:47:59 |
  3. karo #vF6dOJDI
  4. [ 編集]

>karo様

サーシャ!
危なかったですね、ファイナルセットでの勝利。
・・・と思ったら危なかったのはミーシャでしたね。

サーシャは初戦としては比較的手ごわい相手だったと思いますが「7-6 7-5 6-4」での勝利でした。
このスコアは、強い選手が早いラウンドで力加減を見ながら戦う時のものですよ。
全仏やシンシナティのような不安もありましたが、堂々とした風格が出てきていると言えます。


  1. URL |
  2. 2017/08/29(火) 16:18:41 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

アメリカ勢

> aaa様

私もそろそろアメリカ勢が頑張るのではと思って見ています。
ソックとプイユ(こちらは仏人ですが)は「この夏のハードコートで飛躍しそう」と春先に思いました。
ただ、ワシントンの後のソックのコメントにがっかり。こいつは当分、伸びないという評価に傾きつつあります。
全米はイズナーと割かしドローに恵まれているドナルドソンに注目しようと思ってます。
ドナルドソンは昨年100位以下のランキングながら3回戦まで進出しています。地の利かなと思うので。
と思ったら、ドナルドソンの相手がプイユですね。。。両者に頑張ってと声援送るしかないなぁ。。。
  1. URL |
  2. 2017/08/29(火) 23:40:04 |
  3. かめ #k0H9quHE
  4. [ 編集]

試合は観れていませんが、まさかのサーシャ、負けてしまいました…

フェレールに続いてサーシャまで…
こうなってくると、私もついに期待がフラグとなってしまう人種になってしまったのか…

…いや、違う。私の期待ではなく、

>サーシャは初戦としては比較的手ごわい相手だったと思いますが「7-6 7-5 6-4」での勝利でした。
>このスコアは、強い選手が早いラウンドで力加減を見ながら戦う時のものですよ。
>全仏やシンシナティのような不安もありましたが、堂々とした風格が出てきていると言えます。

これがフラグとなったのか?!
  1. URL |
  2. 2017/08/31(木) 11:44:32 |
  3. karo #vF6dOJDI
  4. [ 編集]

>karo様

あちゃー
いやね、そんなつもりは全然なかったんですよ。
てゆーか、普通に勝ち上がっていくだろうと思っていましたから。
いよいよボトムハーフは分からなくなりますね。
またチリッチが持っていくのか・・・。


  1. URL |
  2. 2017/08/31(木) 14:05:40 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ausaga.blog71.fc2.com/tb.php/1093-e1010424
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Au-Saga

Author:Au-Saga

本体へのリンク

男子テニスデータ検証サイト
【レンドル最強説】
【更新履歴】
【ATP】

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター