レンドル最強説&フェデラー最強説blog

【レンドル最強説】の雑記部分をブログ化しました。右のリンクから本体へも是非どうぞ。

1981年全仏決勝

lendl-back2a.jpg borg-7a.jpg
更に昨日からの派生記事です。

今回はレンドルとボルグです。
1981年全仏決勝の動画
最後の部分だけなので昨日のものほど情報豊かな動画ではないのですが。

これはレンドルが最初にグランドスラム決勝に到達し、
ボルグが最後にグランドスラムで優勝した大会になります。
オンタイムで見てた訳ではないですが
後からハイライトで見たこともあり個人的にも結構思い出深い大会です。

ラリーは時代の通例に漏れず山なりのボールが主となります。
後年のレンドルの強打はまだ見ることができません。
事実、このときのレンドルは総合的にまだまだという感じで
ネットプレーでもとんでもないようなミスをしていました。
試合は5セットに及ぶ熱戦になりますが最後はレンドルが息切れします。
よく粘ったと感じますが、結局ボルグの巧さに封じ込められる形となりました。
余談ですが、同じく5セットマッチになった準決勝のクレルク戦も名勝負でした。

今の観点からすると随分緩いボールの応酬ですが、それでも
この時コート中央からストロークエースが取れる選手はレンドルだけでした。
ベースラインから強打でエースなんていうプレーはほとんどない時代だったのです。
クレルク戦は最後になってそれが決まりだして勝利を得ました。
一方ボルグ戦では最後になってそのショットを打たせてもらえず敗退しました。

レンドルの、時代を変える強打が覚醒するのはまだまだ先で
この時は巧さに封じ込められてしまうレベルではあったのですが
既にその片鱗は見せていたといえるでしょう。
そのような、若い頃のプレーが確認できる貴重な動画だと思います。

solomon-1a.jpg
因みにこの時、レンドルを除き最強のストロークを打つ選手は
恐らくハロルド・ソロモンだったでしょう。
そのトップスピンのフォアハンド、両手打ちのバックハンド、共に強力でした。
しかし時代的に止むを得ないとはいえますが、一撃で決める威力までは備わっておらず
ボルグやパナッタのような、かわしてくるストローカーには太刀打ちできませんでした。
(パナッタ戦は1勝5敗、ボルグ戦は0勝14敗!!)
むしろ相手ショットのペースを利用し、カウンター気味にコースを鋭く突いてくる
コナーズのストロークのほうが総合的に強力だったと判断できるかもしれません。
コナーズはこの後もしばらくはレンドルのストロークを封じることになるので
登場より実に10年間、世界のトップショットを持っていたことになります。

70年代を取り上げると、どうしても最後は
コナーズかボルグの賛美になってしまいます。
スポンサーサイト

テーマ:テニス - ジャンル:スポーツ

  1. 2007/02/28(水) 13:51:17|
  2. 過去の記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
<<クレルクについて | ホーム | ボルグvsビラス>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. |
  2. 2007/03/03(土) 13:16:01 |
  3. #
  4. [ 編集]

私もこの試合、ハイライトを見たことがあります。確かとんでもない長いラリーが続いて、興味があったので手元で計測したところ、1分34秒くらいでした。そのポイントは、最後はレンドルのエースで決まったのですが、ボルグのプレッシャーからか、必要以上に慎重になっているようなラリーが多かった印象があります。
  1. URL |
  2. 2007/03/03(土) 19:50:30 |
  3. sed491208 #-
  4. [ 編集]

そんなラリーがあったんですか!
覚えてないのか私が見たハイライトには入ってなかったのか・・・
こうなるとハイライトでなく試合全部を見たいですね。
ただテニスの試合というのは本当に市販されてないんでて困ります。
  1. URL |
  2. 2007/03/03(土) 23:31:36 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

 私はeBay(海外のネットオークション)でよくDVDを購入しています。ちなみにブログで紹介しているウェアも半分以上はeBayで収集しました。テニスものの映像といえば、「勝者として生まれた男たち」シリーズのビデオは何本か持っています。もちろん、シリーズの中にはレンドルのものもありますよ。
  1. URL |
  2. 2007/03/04(日) 02:18:19 |
  3. sed491208 #-
  4. [ 編集]

ありがとうございます

おお!
「勝者として生まれた男たち」って
確か90年代初めの何人かの選手のシリーズになっているやつですよね?
昔いくつかVHSで手に入れたことがあります。
ただ、レンドルはほとんど売り切れで手に入れられなかったんですよ。

手に入れた中で一番驚いたのはアガシシリーズの中の一つで、クーリエ戦だったのですが、
クーリエが「6-3 6-5」でリード、しかも40-15のマッチポイントまで行きました。
ここから逆転するのかあ、と思っていたら何と次のショットでアガシがリターンミス。
そのまま普通にクーリエのストレート勝ちという試合でした。
アガシシリーズなのにこの結果とは!凄い衝撃でした。

これ、もう手に入らないと思っていたのですが
オークションという手があったんですね
大変貴重な情報をありがとうございました。
  1. URL |
  2. 2007/03/05(月) 15:17:20 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ausaga.blog71.fc2.com/tb.php/116-72c710a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Au-Saga

Author:Au-Saga

本体へのリンク

男子テニスデータ検証サイト
【レンドル最強説】
【更新履歴】
【ATP】

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター