レンドル最強説&フェデラー最強説blog

【レンドル最強説】の雑記部分をブログ化しました。右のリンクから本体へも是非どうぞ。

フェデラー5連覇

ウィンブルドン決勝を堪能しました。
予想ではもう少し簡単に終わると思ってたのですが
思いのほか競ったので楽しませてもらいました。
今大会は思うように観戦できなかったので、
その鬱憤を晴らすことができました。

去年と比べても、ナダルがここまで頑張ってくれるとは
正直嬉しい誤算だったといえます。
打てば打つほど調子を上げてくるナダルのショットは芝でも健在で
観ていて楽しめました。
ナダルにも充分チャンスはありました。

しかし、総括するなら
やはりフェデラーが勝つ試合だったのではないかと思います。
たしかにナダルにもスコア的にはあともう少しという場面もあったし
長いラリーになると多くポイントをとっていたように思います。
でもフェデラー必殺の多彩な引き出しは終始健在で、
いつものクレーでのようにナダルにバックハンドを狂わされる
というようなことはありませんでした。もっとも
ナダル以外の選手とやるときよりはさすがにミスも多かったですが。

試合の最初のほうで印象的なプレーがありました。
フェデラーがラリー中にバックハンドのスライスを合わせて
ダウンザラインに深く流したショットがありました。
ナダルのペースをかわす巧いショットだと思ったのですが
ナダルは構わずフォアに回り込み、
それを更にダウンザラインに打ち返してエースを取ってしまいました。
今回の試合で最初におお!と声を出した瞬間でした。

かつては主力であった繋ぐための緩い球、というのも
もはや意味を成さない時代になったようです。
少なくとも現在のNo.1とNo.2には通用しないみたいですね。
フェデラーが今回もスライスの多用を止めて、終始バックハンドを
短くクロスに運んでいたのもむべなるかなと感じました。

フェデラーはサーブが決定打でしたが、それが最後まで持続したので
負けないだろうなという印象を強くしていました。
もっとも、これが入らなくなったらあるいは、
という心配もゼロではなかったと思うので、特にファイナルセットなど
フェデラーサイドから見ていたらハラハラだったかもしれませんが。

そのフェデラーの思いのほか好調だったサーブは
特に第3セット以降は安定感抜群で、
かつてのビッグサーバーを思わせました。
ナダルはレシーブで一撃を狙っていたのもあると思うので
エース連発にも繋がりましたが、
それがちょうど99年のサンプラスvsアガシの決勝とシンクロしました。
現在はフェデラーよりももっと速いサーブを打つ人はいくらでもいるのに
どうしてこういうプレーができる人はいないんでしょうか。
ある時期を境にサンプラス的なプレーから離れたフェデラーでしたが、
今改めて見返してみると、サンプラスに一番近いのは
やっぱりフェデラーだったというのが面白いところです。
ただし、ナダルのストロークの威力はアガシの時代の選手よりも更に上で
サンプラスそのままのプレーはさすがに難しかったようです。
フェデラーがブレークされたゲームはことごとくネットに仕掛けに行ったゲームでした。

フェデラーのグラスコート連勝記録は依然持続中で、
どこまで伸びるのか、その終着を見届けるのは来年以降に持ち越しですが
ナダルのクレー連勝を止めたのがフェデラーであったように
可能性の最も高いところにいるのはやはりナダルなのかなと感じます。

ナダルとしてはこれからの残りのシーズンが重要になるでしょう。
フェデラーから王座を奪うにはハードコートでの活躍が必須になります。
特に来年はマスターズシリーズの再編問題で
クレーコート大会の重要度も下がってしまう可能性が強いです。
これまで全豪も全米もベスト8が最高で、
しかもここ2年、年の後半に怪我を悪化させており、
ハードコートでの活躍は未だ充分とはいえません。
脚力が生命線のナダルにとって
ハードコートで長い期間勝ち続けるのは難しいチャレンジです。
しかしこれを乗り越えない限りフェデラーの壁には手が届かないでしょう。
一応現在2強時代ではありますが、
総合で言えばナダルはまだフェデラーを見上げている状態なのです。

今大会は、当サイトで扱っている選手や若い選手が活躍してくれました。
フェレーロとロディックがベスト8、ヒューイットがベスト16、
サフィンは3回戦でしたがフェデラーとの対戦でした。
また、ガスケ、バグダティス、ベルディフ、そしてとりわけジョコビッチの活躍は
今後のテニス界の賑わいを予感させてくれます。
惜しむらくはやはりマレーの欠場だったでしょうか。

個人的な注目であったダビデンコ、ヘンマン、サントーロの活躍も期待以上でした。
スポンサーサイト

テーマ:テニス - ジャンル:スポーツ

  1. 2007/07/09(月) 15:24:17|
  2. 試合結果
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<コメントありがとうございます | ホーム | 皆さんお久しぶりです>>

コメント

フェデラーもナダルもすごすぎる!

Au-sagaさま
   今年の決勝は私がこれまで見てきた試合の中でも最高レベルにスリリングな試合で、大いに楽しめましたし、感動しました。フェデラー自身は試合中は常に自信満々だったのかもしれませんが、見ている方はハラハラしっぱなしでヘトヘトになりました。
   (フェデラーを応援しながら見る立場からは)ファイナルセット第6ゲームまでは、フェデラーがポイントをとる時は偶然が重なって紙一重でなんとかポイントをとっているという感じでしたが、試合の最終盤に一気に集中力のレベルを上げてブレークを2つ揃えたのは、さすがとしか言えないですね。一方のナダルは集中力はともかく、プレーのパフォーマンスがほんの少しだけ落ちたのかもしれません。
    それでも、敗れたとはいえナダルは強かった。芝でもお構いなしに強打を連発できるので、わざわざスライスを使う必要を感じないのかもしれません。かつて、作家の村上龍氏はアンリ・ルコントのことを「クレーでも芝と同じ(攻撃的な)プレースタイル」と評していましたが、ナダルは逆に芝でもクレーと同じように自分のスタイルを貫いたように感じました。むしろポジションをクレーの時より前に取っているのでハマりだすと余計に手が付けられない。ひょっとしたら未来のテニスは芝でもスライスの割合や必要性がどんどん少なくなって強打偏重へと変わっていくのでしょうか・・・(芝コートのクレーコート化、ハードコート化)。

   一方でフェデラー。今回見事に5連覇達成ですが、27年前のようなこと(つまり、大熱戦の末に5連覇達成、その翌年に同じ相手に敗れ、同時に燃え尽きて引退)は彼には起きてほしくないですね。
   グランドスラムタイトルはこれで11個目ですか・・・。早ければちょうど1年後に最多記録を塗り替えるんですね・・・。もしそうなったら初タイトルからわずか6年での達成ですね。

  1. URL |
  2. 2007/07/10(火) 02:31:05 |
  3. ロナウジーニョロニョロ #m2SnQX12
  4. [ 編集]

芝コートにおけるバックスピン系ショット

Au-sagaさま

やはりこちらに書き込んだほうが良かったですかね。
芝コートにおけるバックスピン系(スライス)ショットには4、5つほどバリエーションがあります。

今回の決勝でロジャーはその全部を繰り出していましたが、特にベースラインからバックハンドで打つスライスショットとしては2つが顕著です。

一つは比較的高い打点から、弾道も比較的高く飛び、滞空時間も比較的長い「守備・防御的」ショット、
もう一つは中間あるいは低い打点から弾道を低くして、
滞空時間が短い「攻撃的」ショット、です。

前者は以前はシングルスのネットプレーにつなげるアプローチとして良く用いられており、ナブロチロバはその名人でした。ただし、これはウィナーを狙うのではなく、その後の流れのための繋ぎです。また、片手打ちのバックハンドの場合、押された際に崩れた姿勢を回復し切り返すために使われることもあります。


後者は着地後バウンドが短く球速も速いので処理が難しく、体重の乗った勢いのあるショットを打たれてしまうと、ラケットの面に当ててもうまく返せないことが殆どであり、大抵はウィナーになります。

芝のコートはバウンドが低いのでさらに威力を増すため、この後者のショットの持つ意味がとても大きいのですが、これは芝のサーフェスで練習してみないとなかなか分からないでしょうね

  1. URL |
  2. 2007/07/10(火) 04:11:21 |
  3. White City #o/PXu/q6
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ausaga.blog71.fc2.com/tb.php/165-ebaeb153
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Au-Saga

Author:Au-Saga

本体へのリンク

男子テニスデータ検証サイト
【レンドル最強説】
【更新履歴】
【ATP】

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター