レンドル最強説&フェデラー最強説blog

【レンドル最強説】の雑記部分をブログ化しました。右のリンクから本体へも是非どうぞ。

データ更新とナダル世代のデータ

本サイトのほうでデータ更新をしました。
今回はいわゆるナダル世代の選手を多く追加しました。
以下の5人です。
・ジョコビッチ
・マレー
・ガスケ
・バグダティス
・ベルディフ

データとしてまとめても良いくらいのキャリアを
各々がようやくつんできたというのが原因ですが、
個人的にこれらの選手のコート別の傾向を知りたいという欲求もありました。
※モンフィスはもう一歩(通算60勝58敗)
 というところだったので今回は保留としました

データ的には【収集データ】の一覧の中に組み込まれる形でしかないので
それぞれの傾向は少々わかりにくいかもしれません。
しかし、詳しく見てみると実はかなり面白いデータが取れています。

例えば、コート別の勝率を見ると
上記5人のうち3人(バグダティス、ベルディフ、ガスケ)は
ハードが最も勝率の低いコートとなっているのです。
元々ハードは得手不得手の出にくいコートだと思っていましたが
最近はそうではないということなのでしょうか。
このデータは新しい傾向をも見せているのかもしれません。

djokovic-1a.jpg
今回の集計ではなんといってもジョコビッチが一番の収穫でした。
生涯勝率やGS勝率の高さ、各種コートでの安定した勝率、
そしてその脅威のタイブレーク勝率!!

詳細のデータは本ページの項に譲りますが、
2位のフェデラーを10%も突き放しているのは脅威でしかありません。
総数はそんなに多いとはいえませんが(47勝15敗)
それでももちろん4勝1敗などではありません。
参考データとしては充分な記録といえるでしょう。
今年のジョコビッチを見てみると、GSだけでも
ウィンブルドンで10回(8-2)、全仏で4回(4-0)タイブレークを戦っています。
そしてそのほとんどを取っているのだから恐るべしです。

現在フェデラー最強説(仮)の中でナダルのみは比較対象としていますが、
これら選手達にこうも面白いデータを見せ付けられてしまうと、別にもう一つ、
ナダル世代をまとめたページなんかがあっても良いかも知れないと思いました。
もちろんちょっと思っただけなんですが。
なにせ、ページとしては抜群に面白くなるとは思いますが
この世代はデータ更新も凄く激しそうなので
メンテナンスを考えるとどうしても逡巡してしまうのです。
スポンサーサイト

テーマ:テニス - ジャンル:スポーツ

  1. 2007/07/14(土) 10:26:43|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<嗚呼、ダビデンコ | ホーム | コメントありがとうございます>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ausaga.blog71.fc2.com/tb.php/167-dbdc510e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Au-Saga

Author:Au-Saga

本体へのリンク

男子テニスデータ検証サイト
【レンドル最強説】
【更新履歴】
【ATP】

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター