レンドル最強説&フェデラー最強説blog

【レンドル最強説】の雑記部分をブログ化しました。右のリンクから本体へも是非どうぞ。

パリ・マスターズ2007、2回戦

パリ・マスターズは2回戦が行われました。
なかなか面白いことになってます。

まず先週に続いての対戦となったフェデラーvsカルロビッチですが
初めてタイブレークなしという結果になりました。
スコアは「6-3 4-6 6-3」でフェデラーの勝利でした。

Statsです。
 フェデラーカルロビッチ
1stサーブ確率55%64%
1stサーブポイント率85%71%
2ndサーブポイント率64%45%
サービスエース6本16本

カルロビッチはこの試合の第2セットで
フェデラーのサーブを初めてブレークしたことになります。
試合の傾向はいつもの変わりありませんが、
フェデラーの1stサーブの入りが55%とあまりよくありませんでした。
カルロビッチのほうは64%といつもどおりの高確率で、
ロディックと同じくビッグサーバーでありながら
これだけ入れてくるのは大したものだと感心します。
ただ逆に1stサーブでポイントを取る確率が71%と
本来の数字からは随分下回りました。
試合を観ていないので定かではないのですが
あるいはフェデラーが対抗策を見出したのでしょうか。

フェデラーは次にいよいよナルバンディアンと対戦します。
ナルバンディアンは第14シードのモヤという
強敵が相手だったのですがストレートで勝利しました。
さすがにこのコートではナルバンディアンのほうが有利だったようです。

ジョコビッチが早々と敗退しました。
勝ったのはサントーロです。
先週のロディックに続きまたも番狂わせを演じました。
ロディックの場合は長期欠場明けで、あるいは今も
復調しきってない状態かもしれないというのはあったのですが
今回のジョコビッチはどうなのでしょうか。
スコアは「6-3 6-2」と完勝でした。
ジョコビッチvsマレーの対戦はお預けとなりましたが
サントーロvsマレーもまた別の面白さがありそうです。

年間エース1000本に向かっていたリュビチッチはバグダティスに敗れ
史上初の年間2人1000本達成はなりませんでした。
バグダティスは次にダビデンコと対戦します。
スポンサーサイト

テーマ:テニス - ジャンル:スポーツ

  1. 2007/11/01(木) 10:34:39|
  2. 試合結果
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<また波乱 | ホーム | 2007パリ・マスターズ開幕>>

コメント

惜しい&すごい…のか?

サントーロお見事! この調子でずんずん…と思った矢先マレーに破れてしまいましたね。
地元シーズン、よく頑張ったと言えるでしょう。

一番の注目はバグダティスですね。カーペットの大会が少なくなった中で
歴代でもトップクラスのカーペット勝率(81.82%)が、果たしてどれほどの目安となるのか?
と思って見ていたら、リュビチッチ・ダビデンコ連破ですから、やはりかなりのものが
ありそうですね。
  1. URL |
  2. 2007/11/01(木) 23:00:02 |
  3. 牧野高知 #pQfpZpjU
  4. [ 編集]

サントーロは去年の引退宣言を撤廃してよかったと思います。
来年の全豪でGS出場最多になるので今年での引退とかもなしでお願いしたいところです。

マレーには敗れてしまいましたが、マレーvsガスケも楽しみな一戦なのでまあよしといったところでしょうか。
  1. URL |
  2. 2007/11/02(金) 09:45:57 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ausaga.blog71.fc2.com/tb.php/198-ce233daa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Au-Saga

Author:Au-Saga

本体へのリンク

男子テニスデータ検証サイト
【レンドル最強説】
【更新履歴】
【ATP】

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター