レンドル最強説&フェデラー最強説blog

【レンドル最強説】の雑記部分をブログ化しました。右のリンクから本体へも是非どうぞ。

ナルバンディアン優勝

パリ・マスターズ決勝は「6-4 6-0」という完勝で
ナルバンディアンがナダルを降しました。
前回の対戦に続く圧勝です。
コート種類やナルバンディアンの好調もあったのでしょうが
ナダルにとってナルバンディアンは
今後鬼門とも言える存在になるのでしょうか。

今のところジェームス・ブレークがナダルを得意としている選手の筆頭とされますが
今回のナルバンディアンもまたブレークよろしく、
早めに攻めを仕掛けてナダルにペースを握らせない試合運びを展開しました。
ナルバンディアンもあんな強打の連発をするんですね。
この辺の引き出しの多さはナルバンディアンの強みでしょう。
しかし、フェデラー、ナダルを連破し、
絶好調であるはずのこの状態でシーズンを終わらせてしまうのは残念なことです。
来年の全豪までこの調子を守って欲しいと感じます。

ナダルは決勝では随分な敗北となってしまいましたが、
これまで冬場に全く活躍できなかったことを思えば
今年はよく頑張っているのではないでしょうか。
ただ、やはり見る限り、ショット自体はインドアのコートには向いてないと感じます。
クレーでは有効な跳ね上がるトップスピンも、
カーペットでは適度に打ちごろのショットになってしまっていました。
それでも勝てるのが凄さでしょうが、
ナダルはこれでもまだ発展途上であることを期待したいと思います。

次は一週あけて、いよいよ上海マスターズ・カップです。
まずは組み合わせが気になりますね。
特に第3シードのジョコビッチの位置には注目です。
組み合わせによっては「ナダル、ジョコビッチ、ロディック、ガスケ」
のような死のグループの存在もありえます。

因みにこの場合、もう一つのグループは
「フェデラー、ダビデンコ、フェレール、ゴンザレス」となり
フェデラーの過去の対戦成績を見ると
・ダビデンコ(10-0)
・フェレール(7-0)
・ゴンザレス(10-0)
自動的に2位の座を3人で争うグループになってしまいます。
組み合わせは重要です。
スポンサーサイト

テーマ:テニス - ジャンル:スポーツ

  1. 2007/11/05(月) 10:13:43|
  2. 試合結果
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<今年1年のサーブ&リターンデータ | ホーム | 決勝はナルバンディアンvsナダル>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ausaga.blog71.fc2.com/tb.php/202-28cbd2b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Au-Saga

Author:Au-Saga

本体へのリンク

男子テニスデータ検証サイト
【レンドル最強説】
【更新履歴】
【ATP】

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター