レンドル最強説&フェデラー最強説blog

【レンドル最強説】の雑記部分をブログ化しました。右のリンクから本体へも是非どうぞ。

マスターズカップ2007、ベスト4決定

今年の準決勝の組み合わせが決まりました。

フェデラーvsナダル(5-8)
ロディックvsフェレール(2-2)

過去7戦全敗ではあるものの絶好調のフェレールを
フェデラーと当ててみたい気もしました。
しかしそれは決勝の可能性に取っておくとして、
準決勝の2試合も充分に魅力的な対戦です。

フェデラーとナダルは一時ナダルの5連勝がありましたが
ここのところはほぼ交互に勝ち負けを繰り返しています。
前回の対戦はウィンブルドン決勝なので
順番から行くとナダルが勝つ番ですが、
コート的にはフェデラーが有利でしょう。
去年の大会準決勝でもフェデラーがストレートで勝利しています。

ロディックとフェレールは過去2勝2敗で
今年だけでも1勝1敗という実に楽しみな対戦です。
ただ少し気がかりなのは、2戦目までは出足好調だったものの、
肝心の第3戦で、またもや見事にフェデラーにやられてしまい
トップ通過をも明け渡すことになってしまったロディックで、
このショックを引きずってなければいいのだけどと思わずにいられません。


敗戦した選手の中では、全試合でストレート負けを喫した
ジョコビッチの結果が予想外でした。
本来ならばグループ首位通過でもおかしくない選手です。
不調であったとはいえこういう負け方は意外でした。

また第1試合で大金星を挙げたゴンザレスも、
その後の試合はいずれもストレート負けと
終わってみればパッとしない結果となってしまいました。
むしろその後フェデラーを引き締めてしまったことになり
ロディックにとっては有難くない勝利だったのかもしれません。
スポンサーサイト

テーマ:テニス - ジャンル:スポーツ

  1. 2007/11/16(金) 23:43:44|
  2. 試合結果
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
<<マスターズカップ2007、フェデラー優勝 | ホーム | マスターズカップ2007、四日目>>

コメント

 このコートはめちゃ速い、ハードヒッターに有利らしい
→フェルゴン大殊勲!
→そのゴンザレスをも一蹴、強打が冴え渡るロディック、これはもしかして「彼」の
 ラウンドロビン敗退、ひいては神話崩壊もありうるか?!
→なんだ、いつも通りか。

こんな感じでしたね。
決勝ラウンドのメンバーの中では、フェレールが一番有望かな? 期待したいです。
  1. URL |
  2. 2007/11/17(土) 19:19:07 |
  3. 牧野高知 #pQfpZpjU
  4. [ 編集]

ロディックvsフェレール

の試合が終わりました。

アンディ、大乱調。第二セット最後の5-3でリードされたところで、サービスサイドのフェレールがダブルフォールトを2回。これを生かしきれなかったところに、アンディの弱さが出ています。

他方、ロジャーvsラファは予想通り、ロジャーがサーブとストロークの精度を上げてきて、第二セットは6-1と、ラファはなす術もなかったようです。ロジャーは段々調子を上げてきているのでは?

決勝はFF対決。今期、全米以降調子を上げてきているフェレール、東京AIGでもロジャーの代役で出場して優勝していますし、足の速さはATP最速かも。

今年後半8月以降は、ナルビーとフェレールの出来が素晴らしかったですね。前半はジョコビッチでしたが、最近息切れ気味かな?

フェレールは、http://www.atptennis.com/en/players/matchfacts/
のReturn of Service Leaders で3冠ですね。リターンサイドでの強さが目立ちます。

他方、ロジャーはService Game Leadersの6部門で(第1サーブ確率を除き)すべて十傑に入っており、特に第二サービスでのポイント奪取率が最高。

エースの数も第4位、彼のテニスのスタイル自体がかなり攻撃型であるとともに、相手の第1サーブを破る確率も4位ながらフェレール、ナダルとわずか1%しか変わらず、いかに攻守でバランスの取れた選手かということが分かります。

そこが、カルロビッチやアンディ、クエリーなどサービスに依存しすぎた選手との違いで、グランドスラムタイトル12個の秘訣なのでしょう。

ロジャーが、こうしたビッグサーバーと闘うときには、無理にブレークを狙わず、自分もサービスゲームのキープを連続して、タイブレークに持ち込んで相手を崩すのが常ですから。
  1. URL |
  2. 2007/11/17(土) 22:26:12 |
  3. White City #o/PXu/q6
  4. [ 編集]

決勝の顔合わせ

結果的に今一番観たい組み合わせが実現したということになりますか。
準決勝の2試合は仕掛けの早さが勝敗を分けた感がありましたが
決勝ではお互いの早い一撃の応酬が期待できそうです。
  1. URL |
  2. 2007/11/18(日) 15:47:17 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

ふぇー。

勝てる気がしねえ。全く死角の見られないプレーでしたね。
21時まで放送枠があったようだけど、試合は19時前に終わっちゃったし。
フェデラーにはよっぽどのことがなければ敵わない、その見本のような試合でした。

もしラウンドロビンを採用する大会が増えていったら、尻上がりタイプのフェデラーの
優勝は、まっすます増えるのではないでしょうか。(当の本人が反対している様ですが)

つけいる隙はすぐさま潰す、恐るべき帝王っぷりですわ。
  1. URL |
  2. 2007/11/18(日) 19:26:51 |
  3. 牧野高知 #pQfpZpjU
  4. [ 編集]

気を引き締めたロジャーを止められるのは、

好調時のナルビーだけではないでしょうか?

今回のナダル戦瞬殺(試合時間56分?)で、ロジャーは

何かヒントを掴んだような気がします。
  1. URL |
  2. 2007/11/19(月) 11:17:32 |
  3. White City #o/PXu/q6
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ausaga.blog71.fc2.com/tb.php/209-72806788
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Au-Saga

Author:Au-Saga

本体へのリンク

男子テニスデータ検証サイト
【レンドル最強説】
【更新履歴】
【ATP】

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター