レンドル最強説&フェデラー最強説blog

【レンドル最強説】の雑記部分をブログ化しました。右のリンクから本体へも是非どうぞ。

マスターズカップ2007、フェデラー優勝

フェデラーがストレートでフェレールを降し、4度目の優勝を果たしました。

ゴンザレスに負けて以降のフェデラーは
案の定というか抜群の強さを取り戻しました。
特に準決勝と決勝はかつてのベストフォームに戻っただけでなく
更なるプレーの幅広さをも感じさせました。

絶好調のフェレールが、
そのフットワークとチャンスボールでの一撃で
どれほどフェデラーを苦しめるのかと期待したのですが
見せ場を作ることは全くと言っていいほどできませんでした。

フェレールが悪かったというよりも
フェデラーがプレーをさせなかったというのが正しいでしょう。
フェレールの武器はフットワークとフォアの一撃ですが
フェデラーは深さや緩さを効果的に使って巧くボール散らし
フェレールに打ち込む隙を与えませんでした。

これはナダルには利かない方法で、そのために準決勝でのフェデラーは
ギャンブル的とも取れる早い仕掛けを多様してましたが
フェレール戦では緩い球も効果的だと判断したのでしょう。
対戦相手によって多彩にショットを使い分けてくるのはさすがです。

好調の選手に圧勝したのはそれだけが原因ではありません。
フェレール顔負けのフットワークや強打をフェデラーもみせただけでなく
サーブやネットプレーというフェレールにない武器まで冴え渡っていました。

準決勝のナダル戦は、長いラリーにならないように
少しのチャンスでも決めに行くシーンが目立ちました。
結果的に好調を維持し続けて大差での勝利にはなったのですが
もしも試合の途中で少しでも調子が狂ったら果たしてどうなるか
という危険もはらんでいました。
相手がナダルという状況ならではの不安ともいえるでしょう。

その点決勝のフェレール戦は5セットマッチであったとはいえ
ほぼそういう心配はなかったように感じます。
フェレール対策のショットがナダル対策のそれほどに
神経を使うものではなかったという点が大きいでしょうか。
これで対戦成績はフェデラーの8戦全勝となりましたが
データから見て取れる相性の良さも関係したのかもしれません。

フェレールは、決勝は残念な結果に終わりましたが
大会を通じてのパフォーマンスは素晴らしく
ランキングも最終的にロディックを抜いて5位で終了することとなりました。
このまま好調を維持してもらって、来年の全豪では
ナルバンディアンと共に台風の目となることを期待したいところです。
スポンサーサイト

テーマ:テニス - ジャンル:スポーツ

  1. 2007/11/19(月) 14:56:16|
  2. 試合結果
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<今年を振り返って | ホーム | マスターズカップ2007、ベスト4決定>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ausaga.blog71.fc2.com/tb.php/210-fab090cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Au-Saga

Author:Au-Saga

本体へのリンク

男子テニスデータ検証サイト
【レンドル最強説】
【更新履歴】
【ATP】

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター