レンドル最強説&フェデラー最強説blog

【レンドル最強説】の雑記部分をブログ化しました。右のリンクから本体へも是非どうぞ。

2008インディアンウェルズ、ベスト8

4回戦が行われ、ベスト8が出揃いました。
トップ3はいずれも勝利しています。

・フェデラーvsハース
・フィッシュvsナルバンディアン
・バブリンカvsジョコビッチ
・ブレークvsナダル

フェデラーの次の対戦相手であるハースはアンディ・マレーを降して勝ち上がりました。
もちろんハースも強敵には違いありませんが
フェデラーにとってマレーより組し易いかもしれません。
過去はフェデラーの8勝2敗でこのところ7連勝しています。最後に負けたのは2002年です。
もっとも、連勝中に苦戦を強いられた試合も多くあります。

現在の数少ないネットプレイヤーであるマーディ・フィッシュは
ヒューイットを降して勝ち上がりました。
ナルバンディアンとは過去に一度だけ対戦しておりフィッシュが勝っています。

ジョコビッチはトップ3の中では最も安全な顔合わせとなったかもしれません。
それでもバブリンカは時に大物食いをするので侮ることはできません。
過去の対戦も2勝2敗と五分になっています。

トップ3で最も注目されるナダルは、ツォンガを「6-7 7-6 7-5」という大激戦の末降しました。
まず第一の関門を突破した形です。そして続いて待ち受けるのが
過去3戦して一度も勝利していないジェームス・ブレークです。
両者は一昨年の同大会でも対戦しておりブレークがストレートで勝っています。

過去のマッチデータを見ると、勝負のポイントは2ndサーブであることがわかります。
ナダルは自分の2ndサーブでも相手の2ndサーブでもポイント獲得率の非常に高い選手なのすが
ブレーク戦になるとこの数字が大きく崩れていってしまいます。
ナダルの得意のパターンは、確実に球を入れにいって長いラリーに持ち込むというものですが、
ブレークの思い切って叩くショットにかかると態勢を整える前にポイントを決められ、
これが全く通用しなくなってしまいます。

ナダルが新たな対抗策を持ち込むのか、あるいはまたも正攻法で挑むのか
今大会第二の関門として非常に注目されます。
スポンサーサイト

テーマ:テニス - ジャンル:スポーツ

  1. 2008/03/21(金) 10:22:55|
  2. 2008年1~3月
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2008、インディアンウェルズ、ベスト4 | ホーム | 2008インディアンウェルズ、ベスト16決定>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ausaga.blog71.fc2.com/tb.php/235-56698123
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Au-Saga

Author:Au-Saga

本体へのリンク

男子テニスデータ検証サイト
【レンドル最強説】
【更新履歴】
【ATP】

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター