レンドル最強説&フェデラー最強説blog

【レンドル最強説】の雑記部分をブログ化しました。右のリンクから本体へも是非どうぞ。

2008マイアミ開幕

マイアミのドローが発表されました。

今回もジョコビッチがナダル側に入りました。
ナダルの山にはブレーク、ナルバンディアンというナダルキラーが揃い
前回に続き3者の中でナダルが最も厳しい組み合わせになっています。
裏を返せばナダルは対戦相手によって脆くなりうるという面も見せています。

ジョコビッチの山にはガスケやベルディフがいますが
準決勝までそうそう脅かされそうな相手との対戦はなさそうです。
ただし今大会では優勝してようやくポイントキープなので
ランキング争いで前進するにはナダルやフェデラーの早期敗退が絡まないといけません。

フェデラーはポイント計算で有利な上に
近いシード選手にはバブリンカ、ヒューイット、ロブレドと対戦成績の有利な選手が多く
前回に続き恵まれたポジションにいるといえます。
不調といわれていますが前回もベスト4まで進んでいるのですから
この好機を逃さず勝ち上がって欲しいところです。
もしもナダルやジョコビッチが1位を取るなら、
大きな大会でフェデラーを破ってという形であって欲しいと感じます。
フェデラーが休んでいる間に繰上げで1位昇格などというのでは少々寂しいですよね。
もっとも、今の状況ではその可能性も否定できないのですが。

そして最近いつも寂しく感じるのが第4シードの山です。
ここしばらくはダビデンコの定位置になってはいるのですが
その肝心のダビデンコに元気がなくいつも混沌とした場所になってしまっています。
前回はここからマーディ・フィッシュが抜け出してきたわけですが、
今回もそのフィッシュがここに名を連ねています。
スポンサーサイト

テーマ:テニス - ジャンル:スポーツ

  1. 2008/03/26(水) 09:31:37|
  2. 大会試合プレビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2008マイアミ1回戦、クエルテンの出場他 | ホーム | 2008インディアンウェルズ、ジョコビッチ優勝>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ausaga.blog71.fc2.com/tb.php/239-4d24617e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Au-Saga

Author:Au-Saga

本体へのリンク

男子テニスデータ検証サイト
【レンドル最強説】
【更新履歴】
【ATP】

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター