レンドル最強説&フェデラー最強説blog

【レンドル最強説】の雑記部分をブログ化しました。右のリンクから本体へも是非どうぞ。

フェデラー、フェレールが今期初優勝

クレーシーズン最初の週は小さな大会のみの開催でしたが
内容の濃い一週間だったと思います。

エストリルではフェデラーが今期初優勝を果たしました。
決勝はダビデンコとの1、2シード対決となりましたが
途中でダビデンコが怪我により棄権してしまいました。
第1セットはタイブレークにもつれるなどいい試合だっただけに残念です。
しかし小さな大会とはいえフェデラーがようやく1勝したのは大きいと思います。
またダビデンコもマイアミの優勝に続いて決勝進出なので勢いが出てきました。
もっとも、怪我の具合が心配ではあります。
モンテカルロを考えて無理をしないためのリタイアだったのならばいいのですが。

バレンシアではフェレールがアルマグロとのスペイン対決を制して
こちらも今期初優勝を果たしました。
フェレールもここしばらくランキング5位に定着しているものの
今年に関してはベスト8が最高だったので
ようやく調子を上げてきたかなという気がします。

ヒューストンではスペイン人のマルセル・グラノイエルス=プホル
(すいません。正確な読みがわからなくて。Marcel Granollers-Pujol)
がジェームス・ブレークを破ってキャリア初優勝を果たしました。
ブレークは生涯初のクレーコートでの決勝進出だったのですが
2月のデルレイビーチの錦織戦に続いて、
またも初優勝を献上する立役者となってしまいました。


さて、今週はモンテカルロです。
マスターズシリーズなのでいつものごとく多くのトップ選手が登場します。
毎度注目のジョコビッチですが、今回はフェデラーの山に入りました。
偶然なんでしょうが、ハードコートだとナダルの山に入ることが多い気がするので
何か実力者のほうに有利なドローになりがちなのでしょうか。
フェデラーはベスト8でもナルバンディアンとあたるなど厳しいドローになっています。
ナダルの山にはフェレール、フェレーロなどがいます。
ハードコートならば厳しいと思える相手ですがやはりクレーでのナダルは読めないです。
去年のフェデラーの連勝ストップのように
ある時突然ぱっと負けたりするのかもしれませんが
ここ数年、クレーでナダルを倒した唯一の選手がフェデラーであるという点は
改めて思い起こしておく必要があるかもしれませんね。
スポンサーサイト

テーマ:テニス - ジャンル:スポーツ

  1. 2008/04/21(月) 10:36:59|
  2. 2008年4~6月
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2008モンテカルロ、ナダル4連覇 | ホーム | 2008クレーコートシーズンスタート>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ausaga.blog71.fc2.com/tb.php/250-19390e19
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Au-Saga

Author:Au-Saga

本体へのリンク

男子テニスデータ検証サイト
【レンドル最強説】
【更新履歴】
【ATP】

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター