レンドル最強説&フェデラー最強説blog

【レンドル最強説】の雑記部分をブログ化しました。右のリンクから本体へも是非どうぞ。

2008ローマ、準々決勝

全4試合が行われ、その多くが競った試合になりました。

・ステパネク「7-6 7-6」フェデラー

ナダルに続いてフェデラーも敗れてしまいました。
今のフェデラーは負けるだけではニュースにならないし
ベスト8という結果もそう悪いものではないのかもしれません。
しかし、格下の選手を相手に2つのタイブレークを落としたというのは意外でした。
やはり前とは少し違うのでしょうか。

・ロディック「6-3 4-6 7-6」ロブレド

準々決勝で一番の激戦となった試合です。
同じ年齢の両者の対戦は過去回ありますが
全てロディックが勝利しており、ロブレドは1セットも取っていませんでした。
この試合、実に20セット目で初めてロブレドがセットを取ったことになります。

・バブリンカ「6-7 7-6 6-1」ブレーク

フェレーロに代わってバブリンカが旋風を巻き起こしてくれるんでしょうか。
両者は過去に全仏で一度だけ顔合わせがありそのときもバブリンカが勝っています。
ブレークはやはりクレーが鬼門のようです。
しかしそれでも今シーズンはかなり健闘しています。

・ジョコビッチ「6-1 1-0 ret」アルマグロ

唯一難しいことにならなかった試合です。
アルマグロの途中棄権により簡単に試合が終わってしまいました。
トップ3で唯一人残ったジョコビッチの結果次第では
今後のランキング争い熱もまた復活してきます。
スポンサーサイト

テーマ:テニス - ジャンル:スポーツ

  1. 2008/05/10(土) 10:23:43|
  2. 2008年4~6月
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<2008ハンブルク、プレビュー | ホーム | 2008年ローマ3回戦、Mr.フェレーロの復活>>

コメント

今年に入ってから、2強(特にフェデラー)が「普通の強い選手」になったような印象ですね。
実力差がそう極端に詰まったとは考えにくいので、今までは紙一重をすべてモノにしてきたということでしょうかね。
ジョコビッチが一気に政権交代に持ち込むか、群雄割拠になるか、2強が要所を締めて
維持するのか、なかなか読めなくなってきました。
  1. URL |
  2. 2008/05/10(土) 21:02:30 |
  3. 牧野高知 #pQfpZpjU
  4. [ 編集]

ランキング争い自体は面白くなってきていますが
今大会は何とも不思議な展開になってますね。

準決勝は2試合とも棄権で決着が付くという具合で
これでジョコビッチは2試合連続相手の棄権で勝ちあがっての決勝進出です。
まあ、ジョコビッチならば実力で勝てたといえなくも無いですが
運を大きく味方に付けたといっていいのでしょう。
これでナダルとの差がぐっと縮まることになります。
  1. URL |
  2. 2008/05/11(日) 12:06:10 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ausaga.blog71.fc2.com/tb.php/256-59be7d85
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Au-Saga

Author:Au-Saga

本体へのリンク

男子テニスデータ検証サイト
【レンドル最強説】
【更新履歴】
【ATP】

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター