レンドル最強説&フェデラー最強説blog

【レンドル最強説】の雑記部分をブログ化しました。右のリンクから本体へも是非どうぞ。

2008ハンブルク、プレビュー

ローマはジョコビッチの優勝で終わりました。
この結果、ナダルの早期敗退の影響もあり、
2人のポイント差は310ptsにまで縮んでいます。

今週開催されるハンブルクでは今年のクレーマスターズシリーズで初めて
第3シードのジョコビッチがナダル側に入ることになりました。

両者の去年の成績は、ナダルが準優勝、ジョコビッチがベスト8でした。
ポイント計算で行くと、ジョコビッチが勝ち上がり、準決勝でナダルと当たったとしても、
そこで勝ちさえすればランキングが逆転することになると思います。

ランキングポイントは対戦相手のランキングなどによって
入ってくるポイントが違ったりするので断定は出来ないのですが
ジョコビッチが実力でランキング2位を勝ち取れる位置にいることは間違いありません。

一方フェデラーはここ数週間思いのほか奮闘したことで、
ナダルとのポイント差は1390ptsに広がっており現在は安全圏にいるといえます。

心配なのはジョコビッチのいつもの癖で、
優勝、またはいい活躍をした次の大会は簡単に負けてしまうという点でしょう。
今大会では安定を見せてくれるでしょうか。
スポンサーサイト

テーマ:テニス - ジャンル:スポーツ

  1. 2008/05/12(月) 17:25:12|
  2. 大会試合プレビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2008ハンブルク2回戦 | ホーム | 2008ローマ、準々決勝>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ausaga.blog71.fc2.com/tb.php/257-8a86c843
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Au-Saga

Author:Au-Saga

本体へのリンク

男子テニスデータ検証サイト
【レンドル最強説】
【更新履歴】
【ATP】

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター