レンドル最強説&フェデラー最強説blog

【レンドル最強説】の雑記部分をブログ化しました。右のリンクから本体へも是非どうぞ。

2008全仏、ナダルとジョコビッチが激突

全仏は連日の熱戦が続いており、準々決勝まで進んでいます。
ボトムハーフでは順当にナダルとジョコビッチが勝ち上がり
またもやNo.2の座を賭けて準決勝で激突します。

去年は全仏でもウィンブルドンでも準決勝で対戦しており
いずれもナダルが勝ちました。
仮に全仏でナダルが2位を死守したとしても
ウィンブルドンでまた同じ状況になる可能性があります。

両者が入れ替われば、ナダルの連続2位記録(歴代1位)と
ジョコビッチの連続3位記録(歴代3位タイ ※多分)
のいずれもが終止することになります。

2人の勝ち上がりを見てみると、
ナダルは1セットも落としておらずスコアも「6-1」が多いに対し、
ジョコビッチは落としたセットこそ1つですが「7-5」が多い傾向にあります。
ナダルが3回戦の後、体の疲れを訴えるコメントを残しましたが
いい感じで体力をセーブできてそうです。
基本的にスロースターターのナダルですがこういう戦い方も可能なんですね。

ただ、今年は対戦相手に恵まれた部分もあるかもしれません。
去年も決勝までストレートで勝ちあがりましたが、4回戦以降、
ヒューイット、モヤ、ジョコビッチ、フェデラーとなかなかの強敵揃いでした。

苦戦しないで勝ち上がると、強い相手と当たったときに調子が崩れる
なんてことも往々にしてありますからジョコビッチはそこが狙い目でしょう。
先日のハンブルクのように強打でガンガン打っていく姿がもう一回みたいですね。

トップハーフはまだ試合が行われていませんが
全体的に上位シードが多く敗退する中、なんだかんだで第1と第5シードの
フェデラー、フェレールが残っているのが印象的です。
フェデラーはF・ゴンザレスと、フェレールはモンフィスと当たります。
どちらも楽しみな対戦です。

また、モンフィスに敗れたものの第4シードのダビデンコをフルセットで降し、
久しぶりにグランドスラム4回戦に進出したリュビチッチの結果は嬉しかったです。
(先日のフェレーロの件もあるのでこれだけで復活とは呼ばないようにしますが)
スポンサーサイト

テーマ:テニス - ジャンル:スポーツ

  1. 2008/06/04(水) 11:07:48|
  2. 2008年4~6月
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2008全仏、ベスト4出揃う | ホーム | トップ3のベスト4戦績>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ausaga.blog71.fc2.com/tb.php/265-f66f78a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Au-Saga

Author:Au-Saga

本体へのリンク

男子テニスデータ検証サイト
【レンドル最強説】
【更新履歴】
【ATP】

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター