レンドル最強説&フェデラー最強説blog

【レンドル最強説】の雑記部分をブログ化しました。右のリンクから本体へも是非どうぞ。

訂正!

7/8の記事(リンク)
全仏、ウィンブルドンで同一選手の決勝というのは
1936年のフレッド・ペリーvsフォン・クラム以来の70年ぶりのことだ、
と書いたのですが、正確には1952年にセッジマンvsドロブニーという対戦が行われていました。
ですので54年ぶりというのが正しいデータでした。大変失礼しました。
(牧野高知様よりご指摘(リンク)いただきました。ありがとうございます

また、同時に以下の質問もいただきましたので回答させていただきます。

>あと、今年のビョルクマンの活躍を見て思ったのですが、
>シングルス・ダブルス・混合ダブルスの合計最多勝利記録って、どうなんでしょ?

以下のようになっております。
 28 エマーソン
 25 ニューカム
 22 セッジマン
 21 チルデン
 20 ボロトラ、レーバー

やはりダブルスが盛んなオーストラリアの選手が目立ちます。

エマーソンはシングルス12、ダブルス16です。
60年代にプロ入りをせずにグランドスラムを荒稼ぎしたエマーソンですが
ダブルスでも計5人の選手と組んで優勝しています。

ニューカムはシングルス7、ダブルス17、ミックス1です。
ダブルスのタイトル数では史上最多を誇ります。
中でもフェデラーのコーチ、トニー・ローチと組んだペアは有名で
このペアだけで12を獲得しています。これも同一ペアの最多記録です。
(2位はウッドフォード&ウッドブリッジ組の11。
 ウッドブリッジは個人としてもダブルス優勝16回で史上2位タイ)

セッジマンはシングルス5、ダブルス9、ミックス8です。
25歳でプロ入りしたのでグランドスラム出場は決して多くないですが
ミックスでも活躍したことで多くのタイトル数を獲得しています。
1951年にはケン・マグレガーと組んでダブルスの年間グランドスラムを獲得しました。
これは史上初の快挙で、その後も達成されていません。
1950年の全米から1952年のウィンブルドンまでダブルス10大会連続優勝。これも記録です。
スポンサーサイト

テーマ:テニス - ジャンル:スポーツ

  1. 2006/07/11(火) 10:54:04|
  2. 過去の記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<訂正2! | ホーム | 今回達成された記録>>

コメント

補足

因みに、1952年に全仏とウィンブルドンの決勝を戦ったセッジマンvsドロブニーですが
グラスを得意とするオールラウンダーのセッジマンと
左利きのクレーコート巧者ドロブニーの対戦ということで
今回のフェデラーvsナダルに似ています。

セッジマンはこの年全てのグランドスラムで決勝に進出しました。
フェデラーも今のところ全て決勝に出ています。
一番違うのはドロブニーの年齢です。
ナダルはまだ20歳ですがドロブニーはこの年31歳でした。
  1. URL |
  2. 2006/07/11(火) 17:13:41 |
  3. Au-Saga #-
  4. [ 編集]

ありがとうございました! やっぱりシングルス・ダブルス両刀は
ほとんど歴史的な選手達になってしまいますね。体力消耗が違うのかな?
昔と今の平均試合時間、なんてデータはあるでしょうか?
  1. URL |
  2. 2006/07/11(火) 19:32:29 |
  3. 牧野高知 #pQfpZpjU
  4. [ 編集]

1973年以降、シングルスでもダブルスでもラインキング1位になったのは
マッケンローとエドバーグだけのようです。さすが純ネットプレイヤーです。
もう少し前にランキング制度があったらオーストラリア選手の多くが入ってきたかもしれないですが。
因みにコナーズ&ナスターゼ組というなんだか凄いペアが
グランドスラムを2度取ったことがあります。
No.1同士のペアがグランドスラムを取ったのはこれだけだと思います。

>昔と今の平均試合時間、なんてデータはあるでしょうか?

これはかなり面白そうな試みですね。
相変わらず牧野様は鋭いところ(集計が容易でないところ)をリクエストしてきます。
でもデータはなんらかの形で残ってると思います。
全てでなくてもグランドスラムだけとか決勝だけとか。ちょっと探してみます。

試合時間については昔と今とで大きな違いがいくつか考えられます。

1)まず試合のテンポ感
緩いラリーの続く昔の試合よりも、一撃で決まる今の試合のほうが早いと思われます。

2)ルールの違い
タイブレークが導入されたのは70年代、80年代です。
以前の試合では果てしなく続くこともあったでしょう。
今でも全米を除くグランドスラムの第5セットなどで昔の名残を感じることができます。

3)チェンジコートの時間
今はチェンジコート時間3分が取られますが、これはTVのCMに対応したもので
かつてはそんなに時間はありませんでした。
  1. URL |
  2. 2006/07/12(水) 17:37:42 |
  3. Au-Saga #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ausaga.blog71.fc2.com/tb.php/27-2f6c1f04
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Au-Saga

Author:Au-Saga

本体へのリンク

男子テニスデータ検証サイト
【レンドル最強説】
【更新履歴】
【ATP】

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター