レンドル最強説&フェデラー最強説blog

【レンドル最強説】の雑記部分をブログ化しました。右のリンクから本体へも是非どうぞ。

2008ウィンブルドンドロー発表

最も大きな注目である第3シードジョコビッチの行方ですが、
今回はフェデラー側ということになりました。

期待は断然両者の始めてのグラスコートでの対戦ということになるでしょう。
毎年フェデラーの山は比較的らくだと思えてしまっていたのですが
それは「くじ運」ではなくフェデラーの圧倒ぶりが
そう感じ支えていただけなんでしょうね。

今回はフェデラーの近くに錦織、モンフィス、グシオーネがいます。
この3人の誰かが3回戦でフェデラーとあたるわけですが
果たして錦織hsどうでしょうか。
もしもフェデラーとあたったら、クイーンズでのナダルに続いて
トップ選手とあたることになります。
それだけでニュースになってくれてもいいのですが。

フェデラーの山には他にヒューイット、ゴンザレスなどがいます。
また準々決勝で当たる一番上のシード選手はフェレールです。
モンフィスがやや警戒ですがベスト8くらいまでは
今回もそれほど危険はなさそうです。

ジョコビッチの山は名前的には結構ハードです。
2回戦であたる可能性のある場所にサフィンがおり
その他フェレーロやクエリーをはじめ、カルロビッチや
ナルバンディアンとベスト8ではあたる可能性があります。
この中ではカルロビッチが最も危険でしょうか。
ナルバンディアンやサフィンは強い可能性もありますが
弱い可能性もあるという、なんとも予想泣かせの選手ですので。

ボトムハーフに移りましてナダルの山ですが、
4回戦のユーズニー、ベスト8のガスケやマレーが
少々嫌な相手になるでしょうか。ビッグネームがそれほどいないのですが
逆にそういう山のほうが怖かったりするのも事実です。

最後に第4シードの山ですが、順当にランクどおりに
ダビデンコが第4シードをもらいました。
ただこれまでのグラス勝率や前哨戦でグラス大会に出なかったことなどを見ると
ダビデンコがシードを守るのはかなり大変なのではないかという気がしてしまいます。
この山には反対側にロディックがいますので、あるいはロディックがベスト4に
進出するほうがシードが守られたという印象になるのかもしれません。

因みに3回戦ではダビデンコとリュビチッチが対戦する可能性があります。
またこの2人です。個人的にはせめてこの対戦の実現を望みたいです。
スポンサーサイト

テーマ:テニス - ジャンル:スポーツ

  1. 2008/06/22(日) 20:34:31|
  2. 大会試合プレビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2008ウィンブルドンでのランクの入れ替え | ホーム | 2008年、ここまでのカルロビッチのエース>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ausaga.blog71.fc2.com/tb.php/279-7d62505c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Au-Saga

Author:Au-Saga

本体へのリンク

男子テニスデータ検証サイト
【レンドル最強説】
【更新履歴】
【ATP】

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター