レンドル最強説&フェデラー最強説blog

【レンドル最強説】の雑記部分をブログ化しました。右のリンクから本体へも是非どうぞ。

AIGジャパン・オープン

10月に開催されるAIGジャパン・オープンは現在唯一日本で行われるATP大会です。
今年はフェデラーが初参戦するということで
人々のテニスへの興味が少しでも回復されればいいと思います。

現在日本では完全に冷え切ってしまっているテニス熱ですが、
原因は日本開催の大会にあるともいえるからです。

かつては4月のジャパン・オープンと9月のセイコースーパーテニス、
2つが日本で開催されていました。
いずれも賞金総額100万ドルという大型の大会でした。
4月のジャパン・オープンは、ハードコートの大会ですが、
時期的にクレーコートシーズンと重なっていました。
クレーよりもハードを好む選手が皆こちらに出ることを選んだため、
自然と多く選手が集まりました。
また9月のセイコースーパーテニスは、
シドニーインドアというやはり大きな大会が直前にありました。
シドニーから東京へ、ほとんど時差なく移動できるため、
ここでも多くの選手が集まりました。

そんなわけで、毎年日本では
ボルグ、マッケンロー、レンドル、ベッカー、サンプラス
等を見ることができたのです。
1990年代中盤くらいまでは、人気の高かったエドバーグとチャンが訪れており、
テニス熱は持続されていました。しかしその後、
人気の選手が来なくなったことに加え、2000年のATP大改革により
日本大会は不遇の時代を迎えてしまうことになります。

2つあった大会はジャパンオープンのみに削られ、
開催も4月から10月になりました。
賞金総額は今年のATPカレンダーでは76万ドルと縮小されています。
スケジュール的にもかつてのように自然と選手が集まる状態にはなっていません。
前週にタイとインドで、その前の週に中国で大会があるのですが、
いずれも中小規模でありしかもジャパンオープン直後には
ヨーロッパでより大きな大会が行われるので
好んで来ない限り選手がなかなか集まらないのは明白でしょう。

今年はフェデラー効果で少しでもテニスの興味が一般に浸透してほしいと願います。
大会にはフェデラーの他、アンチッチ、アンディ・マレー、バグダティス等も
出場予定になっています。
公式HPはこちら(http://www.jta-tennis.or.jp/aigopen/2006/index.html
スポンサーサイト

テーマ:テニス - ジャンル:スポーツ

  1. 2006/07/20(木) 17:30:31|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<AA作ってみました | ホーム | サンタナとヒメノ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ausaga.blog71.fc2.com/tb.php/31-2bd78e26
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Au-Saga

Author:Au-Saga

本体へのリンク

男子テニスデータ検証サイト
【レンドル最強説】
【更新履歴】
【ATP】

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター