レンドル最強説&フェデラー最強説blog

【レンドル最強説】の雑記部分をブログ化しました。右のリンクから本体へも是非どうぞ。

AA作ってみました

特に意味はないんですが、
当サイトで使用している画像をアスキーアートにしてみました
使用したツールはPitexWINです。

フェデラー1
フェデラー2
ナダル
レンドル1
レンドル2
レンドル3

結構いい感じで気に入ってるんですが
使いどころがわからないのが難点です。
スポンサーサイト

テーマ:テニス - ジャンル:スポーツ

  1. 2006/07/21(金) 20:27:58|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<コナーズコーチ誕生 | ホーム | AIGジャパン・オープン>>

コメント

かっくいい! でもデカ過ぎて使い道がない。判る判る。
デカいで思い出しましたが、「各強豪&現役トップ選手の体格比較」なんてデータは
まとめられますでしょうか?
テニスにおいて、身長とかパワーとかがどのくらい影響するのか知りたくなりまして。
  1. URL |
  2. 2006/07/22(土) 13:52:44 |
  3. 牧野高知 #pQfpZpjU
  4. [ 編集]

牧野様。リクエストありがとうございます。
わかりにくいかもしれませんがとりあえず羅列してみます。

《戦前》
チルデン 188cm
ジョンストン 173cm

《戦後》
パンチョ・ゴンザレス 186cm
パンチョ・セグラ 168cm
レーバー 172cm
ローズウォール 175cm

《オープン化後》
コナーズ 177cm
ビラス 180cm
ボルグ 180cm
マッケンロー 180cm

《80年代》
レンドル 188cm
ビランデル 182cm
エドバーグ 188cm
ベッカー 190cm

《90年代》
サンプラス 185cm
アガシ 180cm
クーリエ 185cm
チャン 175cm
イバニセビッチ 193cm
ムスター 180cm
クエルテン 190cm

《ニューボールズ以降》
フェデラー 185cm
ヒューイット 180cm
ロディック 187cm
サフィン 193cm
フェレーロ 182cm
ナダル 185cm


戦前のチルデンや戦後のゴンザレスは、
おそらく例外的な体格の持ち主だったのでしょう。
それぞれ当時としては異例のビッグサーバーであったのもうなずけます。

全体的に時代とともに体格が大きくなってきているのがわかります。
また、時代とともにサーブの速度=身長でなくなってきているのも面白いです。
ロディックとナダルが2cmしか違わないのは意外な数字ではないでしょうか。
  1. URL |
  2. 2006/07/23(日) 15:16:34 |
  3. Au-Saga #-
  4. [ 編集]

ありがとうございました!
なるほど、確かに近年になるにつれ大型化してますね。
最大の選手が最強では無いところ、他のスポーツにも共通してそう。

P.S.フェデラーとナダルって身長同じだったんだ!
  なぜかフェデラーの方が高い印象でした。
 田島貴男や趙雲でさえ、平均的身長なんだな~。
  1. URL |
  2. 2006/07/24(月) 21:29:39 |
  3. 牧野高知 #pQfpZpjU
  4. [ 編集]

言われてみれば、たしかにナダルってかなりの高身長ですね。
そりゃ、本気のサーブで200km/h出るわけです。
  1. URL |
  2. 2006/07/28(金) 09:11:21 |
  3. Au-Saga #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ausaga.blog71.fc2.com/tb.php/32-c3fee7c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Au-Saga

Author:Au-Saga

本体へのリンク

男子テニスデータ検証サイト
【レンドル最強説】
【更新履歴】
【ATP】

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター