レンドル最強説&フェデラー最強説blog

【レンドル最強説】の雑記部分をブログ化しました。右のリンクから本体へも是非どうぞ。

タイトル変更

大した話じゃないですが、昨日の記事で書き忘れたので追加します。
サイト本体の記事にあわせて、ブログタイトルも変更になりました。

フェデラー最強説(仮)の(仮)が取れています。

当サイトでは、レンドル最強説が大元のタイトルですが、
記事の中にビル・チルデン最強説やパンチョ・ゴンザレス最強説、
ロッド・レーバー最強説などがあり、複数の「最強」を容認しています。

フェデラーも既に最強であり、もはや(仮)も必要ないということで
(書くのがめんどくさいというものありますが)、今回の更新で取り去ることにしました。

サイトの内容は特に変わりませんので
今後とも変わらずお付き合いのほどよろしくお願いします。
スポンサーサイト

テーマ:テニス - ジャンル:スポーツ

  1. 2008/07/16(水) 11:15:35|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<カナダ・マスターズ | ホーム | カルロビッチのタイブレーク>>

コメント

祝!(仮)撤廃

昔々、レンドルが大好きでした。そして、その後に大好きになった選手がフェデラーです。私の2大大好きプレイヤーが絶賛されているブログを見るのはとても気持ちがいいです。今後もちょくちょく来ます!
  1. URL |
  2. 2008/07/21(月) 15:28:28 |
  3. かめ #k0H9quHE
  4. [ 編集]

コメントありがとうございます

かめ様

ありがとうございます。
私は、負けたときに画になる選手というのが好きで
レンドルとフェデラーはそれにぴったりはまる気がします。
普段強すぎるだけに、そういう場面で一層映えるんでしょうか。
今後ともどうぞよろしくお願いします。
  1. URL |
  2. 2008/07/22(火) 09:59:14 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

レンドルとフェデラーの共通点

シンシナティで世界一の座を受け渡すことになりそうなフェデラーですが、そういう目に過去にあったのが、1990年のレンドルだそうです。二人だけのようです。悲しい共通点でした。。。
  1. URL |
  2. 2008/08/02(土) 20:40:37 |
  3. かめ #-
  4. [ 編集]

かめ様

そうだったんですね。それは知りませんでした。
レンドルはその後No.1に返り咲くことはありませんでしたが
フェデラーはさすがにまだありますよねえ。
まさかこのままナダル時代かナダルとジョコビッチの2強時代になってしまうとは
少々考えにくいと思いますが。
もっとも今回の急激な衰退も予想外でしたのでなのもいえないのは正直なところで。
  1. URL |
  2. 2008/08/02(土) 23:44:02 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

共通点じゃなくなった?

ナダルが負けたことで、来週の入替はなしになったのでしょうか?とりあえず、ホッとしています。彼のテニスはスポーツを見ているというより、芸術作品を見ているようで、早くスランプから抜け出し、神業的なプレイ、および精神のコントロールを見せて欲しいです!
  1. URL |
  2. 2008/08/03(日) 11:11:13 |
  3. かめ #-
  4. [ 編集]

入れ替えについて

多分8/18付けのランキングで入れ替わるんだと思います。
オリンピック終了後ということでしょうか。
オリンピックの結果には関係なく入れ替えが決定するということなのですかね。
せっかくならば直接対決を実現させてほしいと思うところです。
  1. URL |
  2. 2008/08/04(月) 10:32:10 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

決定なんですね。。。

入替はすでに決定しているんですか。。。涙
ぜひとも彼には1位復活をして欲しいのですが、
今年になってからの絶不調やナダルに対する苦手意識を考えると、
楽観はできない気も。。。。
いかん、いかん、ファンがそんなこと言っていてはいけませんね。
  1. URL |
  2. 2008/08/05(火) 21:25:05 |
  3. かめ #-
  4. [ 編集]

フェデラーの今後

オリンピックは恐らく第1シードでしょうが、
転落が確定しているのに第1シードというのもあまり良いものではないかもしれないですね。
何度も言っていて愚痴のようにもなってしまっていますが、
本当はオリンピックを欠場して全米に照準を当ててほしいところです。

82年のマッケンローや88年のレンドルなど
GS取らない年を挟んでもその後No.1であった選手はいますが
フェデラーのNo.1としてのキャリアはGSと共にあった点で両者とは少し違っており
今回もし取りそびれてしまったらと思うと多少の心配も感じてしまいます。
  1. URL |
  2. 2008/08/06(水) 09:45:31 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ausaga.blog71.fc2.com/tb.php/362-a6790fa3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Au-Saga

Author:Au-Saga

本体へのリンク

男子テニスデータ検証サイト
【レンドル最強説】
【更新履歴】
【ATP】

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター