レンドル最強説&フェデラー最強説blog

【レンドル最強説】の雑記部分をブログ化しました。右のリンクから本体へも是非どうぞ。

来年年始のNo.1&2対決

ATPのサイトで、来年第1週から開催されるドーハの大会に
いきなりナダル&フェデラーが出場すると取り上げられておりました。
この大会にはマレーも出るとのことです。
もう年初からファンを休ませない気ですねATPは。

今年のフェデラーを振り返る記事に
1989年のレンドルの再現を期待する旨の記述を行いましたが
年末1位を明け渡した後にカムバックしたのは
歴史上レンドルがただ一人らしいですね。
これはビックリしました。意外と大変なことだったんですね。
レンドルがやったんだからフェデラーもなんて
安易に吹っかけるのはいけないのかもしれません。

ただ、フェデラーならば再現してくれるんじゃないか
という希望も持ってしまうわけでして。

ランキング制度前を調べると、
一応当サイトで認定したNo.1ということでいえば
チルデン、ペリー、バインズ、クレイマーがやっています。
しかし当時のあやふやなランキング判定を考えれば
確実に復活を遂げたといえる選手はチルデンくらいではないでしょうか。
つまりフェデラーはチルデン、レンドルに次ぐ3人目を狙うと
こういうことに当サイトでは判断したいと思います。

もっとも、ジョコビッチ、マレーの台頭が激しく、
ナダルの状態もどうなるか予想はできませんので
あっという間に戦乱時代に突入する可能性も感じます。
テニス界としてはそっちのほうが面白いのかもしれませんね。

今年の当サイトの仕事はなんといってもデータ更新です。
これが残っています。これは頑張ります。
頑張りますのでもうしばらくお待ち下さい。
また新しいコンテンツも用意はできているのですが
形にするのに時間がかかっておりまして
こちらも折を見てアップしたいと考えています。

今後ともどうぞよろしくお願いします。
スポンサーサイト

テーマ:テニス - ジャンル:スポーツ

  1. 2008/12/01(月) 11:57:05|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2009年ATPカレンダー | ホーム | 2008年、中堅&ベテランの戦い>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ausaga.blog71.fc2.com/tb.php/418-9a866c1f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Au-Saga

Author:Au-Saga

本体へのリンク

男子テニスデータ検証サイト
【レンドル最強説】
【更新履歴】
【ATP】

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター