レンドル最強説&フェデラー最強説blog

【レンドル最強説】の雑記部分をブログ化しました。右のリンクから本体へも是非どうぞ。

2009年ATPカレンダー

ATPの2009年カレンダーが発表されています。

来年からはマスターズシリーズの呼び名が変わり
大きく4種類に分類されることになりました。

・Grand Slam
・ATP World Tour Masters 1000
・ATP World Tour 500
・ATP World Tour 250

一番上は、これはさすがに今までどおりです。
ATPではなくITFの管轄になり、現時点では賞金総額も決定されていません。

その下の「マスターズ1000」はこれまでのマスターズシリーズがです。
中規模の大会が「ツアー500」、小規模の大会が「ツアー250」になり
一応わかりやすい分類になったといえるでしょうか。

ただもちろんそれぞれの分類の中でも細かく違いはあります。
マスターズ1000でいうと、インディアンウェルズとマイアミは規模が大きくドロー96で、
一方パリは48という具合に同じシリーズの中でも倍の開きがあります。
つまり今年と変わってないということですね。
簡単に言えば大分類をつけただけということでしょうか。

また賞金額も、ある程度スポンサーの影響があるのでしょうが結構な開きがあります。
ヨーロッパはユーロ表記、それ以外はドル表記なので一瞥しただけでは判別しにくいですが
通常300万ドル前後のところ、今回から新設される上海マスターズでは
525万ドルとこれまた倍近い開きになっています。

上海が通常のマスターズ大会になったことで
年末のマスターズカップはロンドンに移ることになりました。

元々上海の位置にあったマドリッドの大会が
夏のクレーコートシーズンに移され、コートもハードではなくクレーになります。
また、そのマドリッドにはじき出されたのがハンブルグで、
こちらはツアー500に格下げとなり、時期もウィンブルドン後に変更となりました。

そしてもう1つ、最早猶予の許されない由々しき問題が発生しています。
遂にカーペット大会がなくなってしまったのです。
これは困りました。

今までどおりサイト運営の枠に収めれば、
現在はハード、クレー、グラスの3種類があり、
昔はカーペットがあったよ、ということにすればやっていけるのですが
折角集計しているのだから、インドアハードとアウトドアハードを分けて
各種コートをしっかり取り扱いたいという気にもさせられます。

理想は
1)アウトドアハード勝率
2)インドアハード勝率
3)ハード勝率(アウトドアハードとインドアハードの合算)
4)カーペット勝率
5)インドア勝率(インドアハードとカーペットの合算)
の全てが出せることでしょう。
現在は3)と4)が出せています。
取り敢えず、まずは現役だけでも出せるように考えてみます。
スポンサーサイト

テーマ:テニス - ジャンル:スポーツ

  1. 2008/12/05(金) 10:11:58|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ビョルクマン引退 | ホーム | 来年年始のNo.1&2対決>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ausaga.blog71.fc2.com/tb.php/419-d181265e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Au-Saga

Author:Au-Saga

本体へのリンク

男子テニスデータ検証サイト
【レンドル最強説】
【更新履歴】
【ATP】

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター