レンドル最強説&フェデラー最強説blog

【レンドル最強説】の雑記部分をブログ化しました。右のリンクから本体へも是非どうぞ。

全仏&全英優勝

今年のナダルはボルグ以来の年間全仏&全英優勝を達成しました。
年間での達成は史上9人目です。
この9人というのは時代配分が非常にわかりやすくなっています。

戦前:ラコステ、クロフォード、バッジ
戦後:パティ、トレイバート、ホード
オープン化後:レーバー、ボルグ、ナダル

3つの時代区切りで3人ずつという具合です。
細かく言えばレーバーはオープン化前にも1回やっているので時代をまたがっていることになりますが
より意味の深いオープン化後のほうにリストアップしました。
またボロトラが1924年に達成していますが
この年までは全仏が国際大会でなかったため記録には含めないのが一般的です。

続いて年間でなく生涯の達成をみてみると、これまた時代配分がわかりやすいです。

戦前:コシェ、ボロトラ、ペリー(上記以外)
戦後:ドロブニー、エマーソン、サンタナ(上記以外)
オープン化後:コデス、アガシ(上記以外)

ん~惜しい。戦前戦後がプラス3人、オープン化後だけプラス2人という状態でした。
今一番近い位置にいるのはフェデラーですが、
もしも来年フェデラーが全仏優勝を達成したら無事3人ずつリストが完成することになります。

さて、このうち、両方の大会を複数回優勝している人というともこれはもう僅かしかいません。

コシェ(全仏×4、全英×2)
ラコステ(全仏×3、全英×2)
エマーソン(全仏×2、全英×2)
レーバー(全仏×2、全英×4)
ボルグ(全仏×6、全英×5)

やはりボルグがダントツですね。
フェデラーとナダルを合わせても敵わないのだから凄いです。
スポンサーサイト

テーマ:テニス - ジャンル:スポーツ

  1. 2008/12/11(木) 11:08:55|
  2. 過去の記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<2008年、国枝慎吾の大記録 | ホーム | ビョルクマン引退>>

コメント

年間全仏&全英優勝者の中にフェデラーも加えられることになりましたね。
ナダル、フェデラーと二年連続全仏&全英優勝者は同じですね。
  1. URL |
  2. 2009/07/23(木) 16:22:12 |
  3. wol #-
  4. [ 編集]

コメントありがとうございます。

そうですね。私は、サンプラス時代には、テニスの限界が既に来ていたと思っていたので
2連連続でこんな偉業が、しかも違う選手によって達成されることになるとは夢にも思いませんでした。

今もフェデラーとナダルによって極めつくされたような思いでテニスを観ていますが
意外と近い将来に新たな伝説が作られたりもするのかもしれません。
  1. URL |
  2. 2009/07/24(金) 10:40:18 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ausaga.blog71.fc2.com/tb.php/421-ac3b4536
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Au-Saga

Author:Au-Saga

本体へのリンク

男子テニスデータ検証サイト
【レンドル最強説】
【更新履歴】
【ATP】

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター