レンドル最強説&フェデラー最強説blog

【レンドル最強説】の雑記部分をブログ化しました。右のリンクから本体へも是非どうぞ。

2009年全豪開幕に向けて、その2

さて、全豪のドローを確認しましょう。
4強の配分は、ナダル&マレー、ジョコビッチ&フェデラーとなりました。
去年まではジョコビッチの場所が1つの鍵となっていましたが
今回はマレーの場所がそれと同じか、より大きな意味を持っているのかもしれません。

フェデラーはマレーが優勝候補の筆頭格とされていることに
「まだGS優勝経験のない選手が優勝候補とは驚きだ」というようなコメントをしています。
しかし、誰しも初優勝時は優勝経験がないわけで、
優勝候補と経験をそのまま結びつける意見にはいまいち説得力を感じません。
もっとも、フェデラーは元々このような自分の自信を敢えて強めに出すような言い方をする選手なので
真意はおそらく別にあるのでしょう。フェデラー自身、マレーを警戒していないことはありえないはずです。

さて、まず第1シードのナダルですが、準決勝でマレーと当たる山となります。
しかし、それまでは比較的安全なドローと言えるでしょう。ただ近い位置にガスケ、ゴンザレスがいて、
ハードコートでは絶対でないナダルの状態を考えればこのあたりは要注意と言えると思います。
そのゴンザレスはいきなりヒューイットと対戦します。いきなりの今大会初戦屈指の好カードです。

第4シードマレーの近くには錦織がいます。3回戦で当たる位置です。
心配されている錦織の怪我の状態はどうなのでしょか。
また、去年のファイナリスト、ツォンガが第5シードでこの山の反対にいます。

第3シードジョコビッチは3回戦で先週敗退を喫したニエミネンと再び対戦する可能性があります。
またこの山の逆にはロディックとナルバンディアンがいます。

第2シードフェデラーの近辺にはモヤ、サフィン、ベルディフ、バブリンカなどがいます。
いずれも強敵ですが通常のフェデラーであればさして問題なく勝ちあがれるはずです。

一人出場記録の更新を続けるサントーロは今回も無事に参加します。
いきなりフェレーロなので勝ち上がりの期待は難しいですが出てくれるだけでも嬉しいものです。

また一方でトップ10のダビデンコが欠場します。個人的にとても残念です。
スポンサーサイト

テーマ:テニス - ジャンル:スポーツ

  1. 2009/01/19(月) 10:27:06|
  2. 2009年1~3月
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2009年全豪、今年初観戦 | ホーム | 2009年全豪開幕に向けて、その1>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ausaga.blog71.fc2.com/tb.php/431-aa865175
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Au-Saga

Author:Au-Saga

本体へのリンク

男子テニスデータ検証サイト
【レンドル最強説】
【更新履歴】
【ATP】

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター