レンドル最強説&フェデラー最強説blog

【レンドル最強説】の雑記部分をブログ化しました。右のリンクから本体へも是非どうぞ。

2009年全豪、ナダルの初戦

ナイトセッションのナダルの試合を観ました。
ロクス(兄)を相手に「6-0 6-2 6-2」のストレート勝ちでした。
試合勘を取り戻すのに数試合必要だと語っていたナダルにとって
幸先の良いスタートになったのではないでしょうか。

No.1になってからのナダルは、決めのショットに一段と磨きがかかっています。
フォアのストレートもバックのクロスも精度を落とさずに威力のみがぐんと上がっている感じです。

試合の立ち上がり、立て続けにネットを取りに行ったので
スタイルの変化を意識しているのかとも思わせましたが、その後はそうでもなかったので、
単純にたまたま連続でそういう流れになっただけかもしれません。
しかしそれでもナダルのネットプレーの技術は上がっていると実感しました。
ダブルスにもよく出場しているので、その効果が現れてきているのでしょう。
去年から言われているサーブの強化も含め、今もって進化を続けている選手です。

圧倒的な強さを見せ付けた昨日の初戦でしたが
幸いにして組しやすい相手だったというのもあったと思います。
ロクスは強烈な一撃を持っている選手ではないので
ナダルの苦手な早い仕掛けにはなりにくい試合でした。

ナダルのハードコートでの試合でいつも気になることがあります。
それはラリーにおいてつなぎの球が浅くなる癖があるということです。
クロスの打ち合いや相手を揺さぶっているときはまだいいのですが
ストレートにつなぎに行く球が浅くなるのは、
仕掛けの早い選手にとっては打ち頃のチャンスボールとなってしまいます。

バウンドが低くてチャンスボールになりにくいグラスや
例え打ち込まれてもフットワークを活かして追いつけるクレーと違い
ハードコートでは上からの強打で一撃でポイントが決してしまいます。

昨日はそういう展開にはなりませんでした(浅い球はありました)が
マレーと当たる前に少々打ち込んでくる選手との対戦を観ておきたいですね。

それ以外の全てのショットやフットワークは文句なしなので
ここさえ気をつければナダルはほぼ敵なしだと思うんですが。


また、昨日はシード選手の結果を主に見ていたので見落としていましたが
サントーロがフェレーロに勝っていたようですね。
フェレーロも力は落ちてますがやはりこの勝利は凄いと思います。
エースは17本(フェレーロ3本)、最速サーブは193km/h(フェレーロは196km/h)でした。
むしろフェレーロを心配したほうがいいでしょうか。
しかしサントーロの次の相手はコールシュライバーです。ん~正直厳しいですね。

よし、では去年のウィンブルドンの法則を発動させてみます。
勝たない!「次はサントーロは勝たない!」
スポンサーサイト

テーマ:テニス - ジャンル:スポーツ

  1. 2009/01/21(水) 10:30:07|
  2. 2009年1~3月
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<2009、全豪2回戦:サントーロの勝利 | ホーム | 2009年全豪、今年初観戦>>

コメント

サントロを過小評価してるがいますが、二回戦もきっちり勝ってますよ!
これまでのGSでドロー運がないだけでシード倒せる力はあるでしょう。
  1. URL |
  2. 2009/01/21(水) 20:42:04 |
  3. santroファン #-
  4. [ 編集]

サントーロ勝利

santroファン様
コメントありがとうございます。

サントーロ勝ちましたね!これは嬉しいです。
次はいよいよロディックですので大変楽しみです。
  1. URL |
  2. 2009/01/22(木) 09:57:33 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ausaga.blog71.fc2.com/tb.php/433-05e896f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Au-Saga

Author:Au-Saga

本体へのリンク

男子テニスデータ検証サイト
【レンドル最強説】
【更新履歴】
【ATP】

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター