レンドル最強説&フェデラー最強説blog

【レンドル最強説】の雑記部分をブログ化しました。右のリンクから本体へも是非どうぞ。

ジョコビッチのランキング3位

djokovic-1a.jpg
ジョコビッチが今週頭で「82週」連続3位在位になりました。
1位以外のランキングが週ごとに集計されるのは1984年以降なので
そこからの記録ということになりますが、
2番目であるレンドルの48週を引き離してのダントツの記録ということになります。

1984年以前を考えてみると、
ボルグ、マッケンロー時代にコナーズが長く3位にいました。
もしかしたらジョコビッチに近い数字を出しているかもしれません。

また、それ以前ではオープン化前のプロ時代にヒメノが不動の3位でした。
レーバー、ローズウォールが3位以下に落ちたことはなかったので
数年間ヒメノが3位だったことが考えられます。

しかしそれ以外の例が思いつきません。
やはり歴史的に見ても異例の記録が出ているといっていいでしょう。

去年はナダルが160週連続2位というこれまた凄い記録を打ち立てましたが
今度のジョコビッチの場合はどう展開していくでしょうか。
ナダルはランクを上げることでこの記録を終了させました。

連続としてはダントツのジョコビッチの3位記録ですが、
トータルでいえばまだ上がいます。
ジョコビッチは連続を開始する前に4週3位を経験しているので
現在トータルで86週の3位に在位しているということになります。

この上には、
エドバーグ:166週
ベッカー:100週
ビランデル:93週
といったところがおります。

ビランデルは既に射程内に収めているといえそうですね。
因みにビランデルは1984年以前にも活躍をしていますが
それまでは4位が最高位なので、この93週という記録は正統なものとして判断できます。
ジョコビッチは最短でクレーコートシーズンに入った直後に
このビランデルの記録を更新することになります。
スポンサーサイト

テーマ:テニス - ジャンル:スポーツ

  1. 2009/03/04(水) 09:54:48|
  2. 過去の記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2009年、ハードコートシーズン大詰め | ホーム | コート種別対応!収集データ改革に向けて>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ausaga.blog71.fc2.com/tb.php/447-0cac7a41
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Au-Saga

Author:Au-Saga

本体へのリンク

男子テニスデータ検証サイト
【レンドル最強説】
【更新履歴】
【ATP】

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター