レンドル最強説&フェデラー最強説blog

【レンドル最強説】の雑記部分をブログ化しました。右のリンクから本体へも是非どうぞ。

コート種別問題対応、続報その2

前記事の続きです。

さて、引退選手再集計の詳細です。
ATPに数字で追い抜かされてしまったコナーズの勝利数ですが、
頑張って再集計をしてみました。
その結果、ATPが追加した情報の多くがITFからのものだということがわかりました。

それでもなお、ITFにしかないデータがあります。
今回算出した当サイトによるコナーズの勝利数は「1244」となりました。
ATPが「1242」ですから、わずか「2」増えただけということになります。

しかし、実際には単純に「2」という数字をITFから持ってきたわけではありません。
実はATPにもITFにも細かく見ていくと誤りがあるのです。
ATPのサイトでどのように集計しているのかわかりませんが
詳細情報と合計情報の数字が違っているケースが多々あります。

コナーズの場合、ITFでは負け試合となっているものが
ATPでは試合なし、すなわち不戦となっているものがあったりします。
また、どう考えても勝利としてはいけないと思われるデータが
勝利と認定されてしまっている例もあります。
こういった問題を1つずつ見ながらクリアして行き
到達した数字が「1244」ということになります。

もちろん私の集計が絶対ではありませんが
かなり自信を持ってお届けする最新情報です。

また、ATPとITFのデータには
明らかに公式データとすべきではないものもあります。
サテライトの試合やデ杯のローカル地区での試合などがそれです。
今までも極力そういうデータは減らしてきましたが
今回更に見直しをかけることにしました。

その結果、「数字が少なくなる」という例も出てきます。
例えばマッケンローですが、
ATPで「875」、ITFで「881」という勝利数になっています。
しかしITFのみにあるデータのほとんどが
デ杯ローカルの数字ですのでこれらは除外することにしました。
この結果、当サイトでのマッケンローの数字は「876」となります。

このような具合に、ビッグ4、すなわち
コナーズ、ボルグ、マッケンロー、レンドルの4人を算出してみました。

データ検証へ続く
スポンサーサイト

テーマ:テニス - ジャンル:スポーツ

  1. 2009/04/02(木) 17:16:57|
  2. お知らせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<コート種別問題対応、続報その3 | ホーム | コート種別問題対応、続報その1>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ausaga.blog71.fc2.com/tb.php/454-00804846
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Au-Saga

Author:Au-Saga

本体へのリンク

男子テニスデータ検証サイト
【レンドル最強説】
【更新履歴】
【ATP】

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター