レンドル最強説&フェデラー最強説blog

【レンドル最強説】の雑記部分をブログ化しました。右のリンクから本体へも是非どうぞ。

2009年、マイアミベスト4

このところ古い記録に熱中しきりですが
もちろん現在のテニスにも興味は向いています。

マイアミではベスト4が出揃いました。
組み合わせは
・フェデラーvsジョコビッチ
・マレーvsデル・ポトロ
となりました。

ナダルはデル・ポトロに敗れました。
現在4強時代と言っていい状態になっていますが、
4人が揃ってベスト4に残るという例がなかなかありません。
去年の全米が唯一だったのではないでしょうか。
インディアンウェルズに続き今回もまた一人が
直前のベスト8で欠けるということになってしまいました。

フェデラーはロディック、ジョコビッチはツォンガを倒して勝ち上がりました。

フェデラーにとってロディックはさほど難敵ではないのかもしれませんが
最近のロディックは時として素晴らしいパフォーマンスを見せるので
やはり嫌な相手には変わりないと思います。スコアも「6-3 4-6 6-4」のフルセットでした。
去年の今頃、フェデラーは不振に喘いでいました。
しかし今年はそんなことはなさそうです。ただ、マレーとナダルには勝てませんが。

ジョコビッチはツォンガに勝利しました。
去年の全豪で勝利して以来4連敗を喫していた相手だっただけに
この勝利は大きいかもしれません。
この2人は良いライバルになりそうだと思えた半面
このままツォンガが勝ち続ければ天敵にもなり得るのではないかとも思えていましたので。

フェデラーとジョビッチの、特にハードコートでの打ち合いは見ごたえがあります。
純粋に調子が良いほうが勝つという感じなので結果が読めないのも良いです。
もっとも、トータルの対戦成績はフェデラーの7-2と実は随分と差があるのですが。

さて、敗退したナダルですが
インディアンウェルズ優勝に続きベスト8ですから
2大会の合計という点で決して悪くはありません。
ただトップシードという点、そしてベスト8に残った8人のうち
もっともキャリアの少ないデル・ポトロが相手という点を考えれて
やはり金星を献上してしまったと判断していいのではないでしょうか。

一方のデル・ポトロは去年の後半から調子を上げていたものの
小さな大会での勝ち上がりが多く、
強敵を倒す実績に欠けると思われていただけに
今回の金星は良い弾みになるのではないかと思います。

マレーとの対戦は楽しみです。
過去はマレーの2勝0敗ですが、前回の対戦(去年の全米)では
タイブレーク2つを含むなかなかの激戦となりました。
記憶されている方も多いと思います。

そのマレーはベルダスコを倒して勝ち上がりました。
全豪で激戦の末敗退した相手ですが、今度は一方的なスコアでの勝利となりました。
やはり今一番乗っているのはマレーなのかもしれません。
スポンサーサイト

テーマ:テニス - ジャンル:スポーツ

  1. 2009/04/03(金) 15:15:23|
  2. 2009年1~3月
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2009年、マイアミ、マレー優勝 | ホーム | コート種別問題対応、続報その4>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ausaga.blog71.fc2.com/tb.php/457-d2f9c226
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Au-Saga

Author:Au-Saga

本体へのリンク

男子テニスデータ検証サイト
【レンドル最強説】
【更新履歴】
【ATP】

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター