レンドル最強説&フェデラー最強説blog

【レンドル最強説】の雑記部分をブログ化しました。右のリンクから本体へも是非どうぞ。

2009年、モンテカルロ3回戦

ボトムハーフの3回戦が行われています。

バブリンカがフェデラーを下すという波乱がありました。
フェデラーは世界1位だけでなくスイス1位も譲るのか
といった論調まで飛び出していますが、
そこまで大げさなものであるかはともかくとしても
結構なニュースであることには変わりないと思います。
というのもフェデラーはクレーに強くないと思われがちですが
実際にはナダルに次ぐ勝率を納めている選手であり
やはりクレーであっても世界2位の力があるからです。

クレー勝率は、フェデラー以下
フェレーロ、コリア、ロブレド、ゴンザレスと中堅が上位を占めており、
依然ナダルの一人勝ちの状態は揺るぎないものになっています。

ここ数年、ナダルをクレーで倒した選手は
2位のフェデラーと3位のフェレーロです。非常にわかりやすいですね。

ジョコビッチが7位でじわじわ数字を上げてきています。
ジョコビッチの場合はクレー巧者ではなくクレーでも戦える
いわゆるフェデラーが他の選手となるわけですが、
この辺でもう少し上げてきてくれると面白くなりそうです。

スイス対決が行われた横で、
ベルダスコvsフェレールのスペイン対決も行われました。
旧年まではフェレールがスペイン2位でしたが、
今はベルダスコのほうが勢いがあったようです。
勝ったベルダスコはジョコビッチと対戦します。

トップハーフは現時点ではまだ3回戦が行われておりません。

ナダルのすぐ横では、初戦でサフィンとヒューイットが対戦してたんですね。
勝ったサフィンはその後ラペンティに敗れてしまいました。
ラペンティもここしばらく名前を聞かなかったかつての実力者というイメージです。
次にナダルと当たります。地味に面白いドローになっていたのでした。

ダビデンコとナルバンディアンも3回戦で対戦します。
これもかつての名勝負の1つです。
またリュビチッチもここまで勝っています。
全体的にフェデラー世代の発奮が目立ちます。
スポンサーサイト

テーマ:テニス - ジャンル:スポーツ

  1. 2009/04/17(金) 09:32:56|
  2. 2009年4~6月
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2009年、モンテカルロ ベスト4 | ホーム | 2009年、モンテカルロ開幕>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ausaga.blog71.fc2.com/tb.php/461-54506e33
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Au-Saga

Author:Au-Saga

本体へのリンク

男子テニスデータ検証サイト
【レンドル最強説】
【更新履歴】
【ATP】

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター