レンドル最強説&フェデラー最強説blog

【レンドル最強説】の雑記部分をブログ化しました。右のリンクから本体へも是非どうぞ。

2009年、モンテカルロ、ナダル優勝

クレーキング、まず1勝というところでしょうか。
決勝まで全てストレート、ジョコビッチ戦もセットは取られたものの
ファイナルセット「6-1」と、ほぼ安定した順当な勝利でした。
ただ、内容はそれ以上に苦戦が多かったようにも感じます。

元々ナダルはクレーでただ圧倒的に強いだけというのではなく
苦しみながらも最後には必ず勝つという戦い方を多くしてきました。
今回もその延長に過ぎないのですが、
ジョコビッチのあのフルスイングに押される場面も多かったと思います。
ジョコビッチは一泡吹かせようというのではなく確実に勝ちに行ってましたね。
それだけに惜しいポイントを落とした後のファイナルセットでは
集中力が途切れた感じがして少し残念でしたが
それでもああいう気合いの入れ方は嫌いじゃないです。
確実にまた観たい対戦です。

ナダルの勝ち方はフェデラーの強いときに似ています。
勝ち続けていても意外と接戦が多いというものです。
それだけ周囲のレベルも拮抗してきているということなのだと思いますので
面白い試合への期待も高まるのですが、ナダルも今のフェデラーのように
勝ち癖がつかなくなった時にずるずると負けだすという可能性もあるのではないかと感じます。
ただ、集中しきったシーンでの粘りはフェデラーより上だと感じます。
プレースタイル的にもフェデラーほど流れを重視しないので
態勢の立て直し力があり、フェデラーほどの崩れまでは行かないかもしれません。

ライバル対決を楽しみにする2強時代というのもいいですが、
多くの選手が王者に挑む、という図式もやっぱり面白いですね。
スポンサーサイト

テーマ:テニス - ジャンル:スポーツ

  1. 2009/04/20(月) 09:59:55|
  2. 2009年4~6月
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<データ更新について。その2引退選手 | ホーム | 2009年、モンテカルロ決勝>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ausaga.blog71.fc2.com/tb.php/464-3f1d59e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Au-Saga

Author:Au-Saga

本体へのリンク

男子テニスデータ検証サイト
【レンドル最強説】
【更新履歴】
【ATP】

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター