レンドル最強説&フェデラー最強説blog

【レンドル最強説】の雑記部分をブログ化しました。右のリンクから本体へも是非どうぞ。

2009年全仏、決勝はフェデラーvsソデルリング

準決勝はいずれもフルセットというもの凄い展開になりました。
観ているほうも疲れますね。しかし面白さは抜群です。

フェデラーはグランドスラム19回目の決勝進出となりました。
レンドルの記録に並び史上最多タイとなります。
仮に優勝ということになればサンプラスの回数に並ぶわけですから
最高のグランドスラマーとしての名を確実なものとするわけです。

しかしそうは言ってもその勝ち上がりは非常な苦戦でした。
デル・ポトロのプレーはすさまじく、
あと一歩というところまでフェデラーを追い詰めました。
途中まではフェデラーに勝てそうな要因がなく、
まるでナダルの敗戦の再現を観ているかのような勢いでした。

これでは本当に過去の対戦などは当てにならないですね。
決勝の相手は時の人ソデルリングですからその感は益々強いものとなります。

ソデルリングは遂に決勝まで来ました。
ナダルの敗戦が決まった瞬間、今大会でのナダルvsフェデラーは実現しなくなったわけですが
恐らく多くのテニスファンが次の決勝の顔合わせ希望として考えた対戦だったのではないでしょうか。

繰り返しになりますが、過去の対戦はフェデラーの9勝0敗です。
ソデルリングはセットも1つしか取ったことがありません。
しかし、準決勝でのデル・ポトロが、そしてとりわけソデルリング自身が
証明してきているように過去の成績は今回参考にはなりません。

フェデラーがはじめてウィンブルドンを取って以降、
グランドスラムでフェデラーに土を付けた選手は
ナダル、ジョコビッチ、サフィン、クエルテン、ナルバンディアン
というもの凄い面々しかいません。ソデルリングがここに加わることがあれば、
まさに一気にスターダムにのし上がることでしょう。

月曜の朝が眠いという代償は付きますが
刮目して試合の行方を心に刻み付けようではありませんか。
スポンサーサイト

テーマ:テニス - ジャンル:スポーツ

  1. 2009/06/07(日) 00:15:53|
  2. 2009年4~6月
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<フェデラー生涯グランドスラム達成 | ホーム | 全仏準決勝と今年引退を表明した選手について>>

コメント

Au-sagaさま

  これまで全仏に限らず、グランドスラムでは、破竹の勢いで勝ち上がっても決勝では”本命”の前に力尽きるという選手が多かったですし(全仏ではペルンフォースやベラサテギ、メドベデフ、ノーマンとかかな・・・)、今回のソダーリングもそんな感じがしますが、それでもやはり不気味ですね。
  フェデラーもデルポトロに思いのほか苦戦してしまい、ソダーリングに攻略のヒントを与えたかもしれません。

  が、

  ナダルを倒しての全仏制覇は来年以降にとっておいて、まずは全仏のタイトル1個と生涯グランドスラム。全豪の悔し涙を消し去る歓喜の涙が見たいですね。
  1. URL |
  2. 2009/06/07(日) 03:32:15 |
  3. ロナウジーニョロニョロ #m2SnQX12
  4. [ 編集]

フェデ応援しています

Au-saga様

フェデラーファンの自分としては、今回の全仏は胃の痛くなるような試合ばかりです;;

デルポトロはサーブが強烈でしたし、ストロークも抜群でした。あんなプレーされたら、
誰でも苦戦は必死だったような気がします。
フェデファンなのでどうしても色眼鏡で見てしまいますが、マドリード以降のフェデラー
はサーブの威力、安定度が上がったように見えます。ストローク戦も春先のネットに
かけまくるフェデに比べたら大分安心して見てられます。
それにマドリード決勝で土のナダルに勝った事でメンタル面でも自信を大分取り戻す
事ができたと思います。

今回の全仏の勝ち上がりではフェデには以下の好材料があると勝手に考えています。

   ・ひところのようにフェデのミスで苦戦ではない。相手もサーブ、ストローク等
    すばらしいプレーを多発していた。

   ・サーブが安定している。ストローク戦もひところのようにフェデがミスって終わる
    ようなオンパレードが少なくなった。

   ・対戦相手にセットをリードされても、ひところのようにプレーの集中力が切れた
    ようなものがなくなった。昔みたいに最終的に勝っているのはフェデという
    形に戻りつつある→マドリードで土ナダルに勝った事でメンタル面がさらに
    強くなった?

ソデルリングはナダルを破りましたし、今までの勝ち上がりプレーを見ていれば
すごく恐ろしいです。が、しかしナダルが決勝の相手よりかは、全然ましです。

ところで、今回の全仏赤土コートは例年に比べて、状態はどうなのでしょうか?
見ていると、クレーの試合というよりかはハードコートの試合のように思えて
しまいます。強烈なサーブとかストロークがあっても赤土なら、そんなに目立たない
ようなイメージがあったのですが、今回は違うような気がします。

それでは、今日もどきどきしながらフェデラーを応援したいと思います。

長文・駄文で失礼致しました。
  1. URL |
  2. 2009/06/07(日) 12:19:13 |
  3. さんぽ #-
  4. [ 編集]

>ロナウジーニョロニョロ様

確かにおっしゃるとおり、ぱっと出の選手が本命を倒して優勝という例は少ないですね。
2002年のヨハンソンとか1989年のチャンがそうかもしれませんが
それぞれの相手だったサフィン、エドバーグは、今回のフェデラーほどの本命ではなかったと思います。
ほぼ唯一思いつくのは1991年のシュティッヒでしょうか。なんと18年も前ですね。

>さんぽ様

書き込みいただいたフェデラーの現状分析は全くそのとおりだと思います。
全体的に調子は上向いてきている、しかし勝ちあがりは苦戦の連続という
プラス要素とマイナス要素が入り混じった安心とも心配ともつかないような
なんとも言えない不思議な感覚です。

こうなると益々今日の試合は目が離せなくなります。
  1. URL |
  2. 2009/06/07(日) 13:38:31 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

歴史は今作られた!

苦しみながらも、終わってみれば3セットストレート勝ち。

歴史が、いま作られた。ロジャーによって。

最大のポイントは、第二セットのタイブレーク。あそこでサービスエース3本が効いた。

ナダルは足の故障でウィンブルドンも危ぶまれているという。仮に欠場となると、

全仏、全英のポイントがほぼなくなり、ランキング1位から1年たたずして脱落か?
  1. URL |
  2. 2009/06/08(月) 01:09:13 |
  3. White City T.C. #COA5Ehuw
  4. [ 編集]

フェデラーおめでとう!

フェデラー、全仏初優勝!
そして生涯グランドスラム達成、本当におめでとう!

この全仏を勝ち取るのにどれだけ辛く大変だったか・・・
自分がどれだけ想像してもしきれないほどのプレッシャー、苦しさがあったことと思います。

大きな目標を達成し、ゆとりができた今後のフェデラーのプレーにも期待しています。
そして次は年間グランドスラムをめざしてがんばってほしいです!

また、ナダルにもぜひがんばってほしい!
怪我から回復し、ウィンブルドンでフェデラーと決勝で対戦することを願っています。
  1. URL |
  2. 2009/06/08(月) 04:37:46 |
  3. 山猫 #en8B3hfs
  4. [ 編集]

コメントありがとうございます

White City様
山猫様

デル・ポトロ戦の後だけにどうなるかと思いましたが
決勝の試合はほぼ安泰でしたね。
フェデラーは次にはグランドスラム優勝回数の新記録もありますし1位奪還もあります。
偉業を達成したとはいえまだまだモチベーションを高く保てそうです。

逆にナダル側の不安が心配です。
去年ナダルが1位を奪取したときにも同じことを言っていたのですが
ランキング入れ替えがあるならどちらかが怪我をして休んでいるときであっては
ほしくないですね。その意味でもナダはル怪我をなおしてほしいです。
  1. URL |
  2. 2009/06/08(月) 11:43:00 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ausaga.blog71.fc2.com/tb.php/476-11a30c7f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Au-Saga

Author:Au-Saga

本体へのリンク

男子テニスデータ検証サイト
【レンドル最強説】
【更新履歴】
【ATP】

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター