レンドル最強説&フェデラー最強説blog

【レンドル最強説】の雑記部分をブログ化しました。右のリンクから本体へも是非どうぞ。

フェデラー生涯グランドスラム達成

federer14.jpg

今日のテニス界はフェデラーのニュースで持ちきりでしょう。

グランドスラム史上最多の優勝14回を達成するとともに
史上6人目となる生涯グランドスラムを達成しました。
表彰式にアガシが来てましたがこれはもう自然な人選です。

あまりこういう言い方はしないように心がけていましたが
正直、ナダルが敗戦してからのこの大会は、
フェデラーのために用意されたものであるかのような雰囲気を出していました。

決勝まで行けばレンドルの記録に並び、優勝すればサンプラスの記録に並び
そしてアガシ以来の生涯グランドスラム達成になると
フェデラーが勝たなければ嘘だろうというほどの条件のととのいかたでした。
今となっては途中の苦戦も良い演出のようにさえ感じられます。
まあ流石にそれは少々オーバーな表現かもしれませんが。

決勝はそれまでの苦戦が嘘のような見事な試合運びでした。
第2セットはタイブレークにもつれましたが内容はフェデラーが上でした。
ソデルリングのショットには力があり、ここまでの勝ち上がりがフロックではないのは証明できていましたが
偉業達成を目前にしたフェデラーの前ではストレートでの敗退も致し方ないでしょう。
ただ最後まであきらめない気合の入れ方や、試合後のコメントなどに非常に好感が持てました。
ただ、あの大きなスイングは若干の荒さも見られ、
調子がよくなければ勝ち続けられない選手かもしれませんね。
こういう大きな活躍を基に一気に花開く例もあります。
まだ若い選手ですから今後に注目ましょう。

ここ数年感じていたことですが今回は特に赤土の状態がハードコート的でしたね。
湿度の高さにより地面が硬くなったとの解説もありましたが
それが今大会に与えた影響は思ったよりも大きかったのかもしれません。
渾身の強打を持つ選手が勝ちあがる姿を観ると、
ボルグやビラスの頃の持久戦のようなラリーが別の競技のようにすら感じられます。
ちょうどボルグと同国のソデルリングとビラスと同国のデル・ポトロが活躍した大会でしたね。
この2人を観てこの感想を抱きました。

フェデラーの歓喜とは対照的に、ナダルの心配な情報も出てきています。
怪我の具合が思わしくなく、ウィンブルドン出場が微妙とのことです。
このまま怪我でランキングを落とすというのはなんとも残念なことなので
しっかりと治してもらいたいですが、もしもウィンブルドン欠場ということになれば、
今回の全仏のポイントも含め、途中のクイーンズの優勝ポイントも失うことになりますので
実に2000以上もポイントを下げることになります。
フェデラーとのポイント差は全仏開幕時に4000でしたからそれでもまだ逆転とはなりません。
しかしナダルは去年のオリンピックのポイント400も無条件で失うことが確定しています。
今年はオリンピックがないですから当然ですね。
現在、ナダルが一人抜きん出ていて、後の3人が2位争いをしているという形なのですが
状況によっては、またナダルとフェデラーの1位争いという形に変わってくるのかもしれません。

※すいません。この記事では色々とポイント計算が間違っております。
 お詫び申し上げます。詳細はコメントや別記事をご参照下さい。

スポンサーサイト

テーマ:テニス - ジャンル:スポーツ

  1. 2009/06/08(月) 11:35:57|
  2. 2009年4~6月
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:7
<<フェデラーのグランドスラムについて | ホーム | 2009年全仏、決勝はフェデラーvsソデルリング>>

コメント

僕は今大学生ですが、中学生の時にウィンブルドンを見てフェデラーがめっちゃ好きになって今でも大好きです。
この頃ナダルに負けていますがフェデラーとナダルは今どのくらいの力の差があると思いますか?
  1. URL |
  2. 2009/06/08(月) 21:15:11 |
  3. 添田 #-
  4. [ 編集]

久しぶりに来ました

フェデラーが不調だったため、こちらのサイトにもあまり来ませんでした。でも、今、いろいろと読み返させていただいてます。

歳を取るほど、全仏は難しいとも聞いていたし、去年はこてんぱんにのやられたので、もう無理なのかなぁとも思ったりもしました。ナダル相手の決勝ではなかったし、決勝もあまりスリリングではなかったので、私自身が意外に冷静で驚いています。彼の優勝が決まれば、狂いそうなくらい喜ぶだろうと思っていたので。

とはいえ、決勝以外で負けそうになった2つの試合を考えると、やはりフェデラーの精神力ってすごいなと感心します。去年の不調があったおかげで、もう一段階上の精神力をゲットできたのでしょうか。プレッシャー(特にナダルが負けてから)はすごいものだったようですね。「決勝を何回もやったようだ」という言葉どおり、ハース戦やデルポトロ戦も決勝だったと考えればエキサイティングな全仏だったと言えるでしょう。

No.1に戻り、ナダルやマレーに対しての対戦成績を上げていって欲しいです。

P.S. あまりのフェデラー騒ぎに"演出"は私の頭もよぎりました。"八百長"さえも一瞬よぎりました。でも、フェデラーのためにも、テニス界のためにも、そして何よりも自分のために、そんなことはなかったと信じています。万万が一、"演出"があったとしたら、決勝ももっとドラマティックにしたはずですよね。
  1. URL |
  2. 2009/06/08(月) 21:53:16 |
  3. かめ #-
  4. [ 編集]

サーフェス

確かにサーフェス(ハード、芝、赤土)の違いは以前より感じなくなりましたね。
アガシやヒューイットがウィンブルドンを獲った時はストローカーが芝を制したと驚いたものですが。
  1. URL |
  2. 2009/06/09(火) 07:44:13 |
  3. 源信 #-
  4. [ 編集]

コメントありがとうございます

>添田様

私は両者にはほとんど力の差はないと感じています。
それはマレーもジョコビッチも同様です。
ただ、ナダルのほうが精神的に充実しているのかなとは感じていました。
もっとも、ナダルには昔から怪我という問題があり、今はそれが心配です。
当サイトではしばしば25歳ピーク説を唱えているのですが
ナダルの怪我の治りも年々遅くなってきているのではいかと感じます。
フェデラーにも怪我はないわけではないでしょうが、
無理のないプレースタイルでそれを感じさせないのはさすがです。
長年に渡って力を発揮するという点ではフェデラー有利と感じます。


>かめ様

今回はナダルだけでなくジョコビッチも早い段階での敗退でしたから
周りのフェデラーへの期待は早くから高まっていたのではないかと思います。
それでも楽々勝ち進めなかったところに
表には出てこないプレッシャーがあったのだろうと感じます。
懸案の八百長についてですが、実際にはまず無いと思います。
もしも本当に演出をするなら普通にナダルのとの決勝にすると思いますから。


>源信様

今回のコート差を感じさせなかった顕著な例の一つにカルロビッチのサーブがあります。
この人はもう毎度おなじみのハイパーサーバーですが
今回は一回戦でヒューイットと戦い、なんと55本ものエースを記録しました。
これは恐らく全仏の記録ではないかと思います。
カルロビッチはそのまま負けていますのでトータルでも55本ですが
決勝まで行ったソデルリングが54本、準決勝のデルポトロが59本ですから
どれだけとんでもなかったかがわかります。
去年の全仏でさすがにここまでのエースは記録してなかったと思います。
カルロビッチが例外的すぎるのかもしれないですけどね。
  1. URL |
  2. 2009/06/09(火) 14:18:20 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. |
  2. 2009/06/11(木) 23:42:41 |
  3. #
  4. [ 編集]

ナダルの北京オリンピックのポイント

> ナダルは去年のオリンピックのポイント400

ナダルの北京オリンピックのポイントは「800」だと思います。
http://www.atpworldtour.com/tennis/3/en/players/playerprofiles/pointsbreakdown.asp?player=N409
  1. URL |
  2. 2009/06/15(月) 21:36:30 |
  3. kdmytk #stcDj7GU
  4. [ 編集]

ご指摘ありがとうございます

kdmytk様

ご指摘ありがとうございます。
仰るとおり800ポイントですね。
その他GSは1大会で2000ポイントなのに全仏とウィンブルドン両方で2000と考えていたり
この記事での私のポイント計算はめちゃくちゃでした。大変失礼しました。
  1. URL |
  2. 2009/06/16(火) 09:08:47 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ausaga.blog71.fc2.com/tb.php/477-67e6f707
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ロジャーフェデラー

【フェデラー生涯グランドスラム達成!おめでとう企画・6/11(木)&#12316;13(土)送料無料】【テニス練習機】パワーストローク イメージトレーニング用商品価格:8,977円レビュー平均:0.0フェデラー、4度目の正直、本当にオメデトウ!!全仏オープン男子シングルス決勝、...
  1. 2009/06/11(木) 02:42:37 |
  2. ☆youtube動画+新着ニュース☆

プロフィール

Au-Saga

Author:Au-Saga

本体へのリンク

男子テニスデータ検証サイト
【レンドル最強説】
【更新履歴】
【ATP】

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター