レンドル最強説&フェデラー最強説blog

【レンドル最強説】の雑記部分をブログ化しました。右のリンクから本体へも是非どうぞ。

2009年ウィンブルドン、開幕

初日の昨日はボトムハーフの1回戦が行われました。
フェデラー、ジョコビッチ、ツォンガ等上位陣はほぼ安泰でした。

シードダウンは2名で、まずフェリシアーノ・ロペスが
スロバキアのベックにファイナルセット「8-10」という激戦の末敗退し、
ジェームス・ブレークもイタリアのセッピにストレートで敗退しました。

ダウンした2人は名のある選手で上位進出も期待できたところではありましたが
15シード中(ハースのみまだ現時点で試合が終わってませんので)2人のみの敗退というのは
上位陣全体としてはまずまずの出来と言えるのではないでしょうか。

さて、今回のピックアップマッチはカルロビッチの試合です。
ストレート勝ちを納めた第27シードのカルロビッチですが
いつものようにエースの山を築き、計32本を記録しました。
全仏一回戦での55本に続いて相変わらずの量産です。
もちろん今回もタイブレークを一つ戦っています。
カルロビッチはこのまま勝ち上がると3回戦でツォンガと当たります。
面白そうですね。


スポンサーサイト

テーマ:テニス - ジャンル:スポーツ

  1. 2009/06/23(火) 10:01:57|
  2. 2009年4~6月
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2009年ウィンブルドン、トップハーフの初戦 | ホーム | 2009年ウィンブルドン、ナダル欠場>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ausaga.blog71.fc2.com/tb.php/482-56d1454f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Au-Saga

Author:Au-Saga

本体へのリンク

男子テニスデータ検証サイト
【レンドル最強説】
【更新履歴】
【ATP】

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター