レンドル最強説&フェデラー最強説blog

【レンドル最強説】の雑記部分をブログ化しました。右のリンクから本体へも是非どうぞ。

2009年、ウィンブルドン4回戦

遂にベスト8が出揃いました。

・ヒュイーットvsロディック(6-5)
・マレーvsフェレーロ(1-0)
・ハースvsジョコビッチ(1-2)
・カルロビッチvsフェデラー(1-8)

新旧入り混じった見事な面々です。
4つの対戦のうち実に3つが
今年の前哨戦で顔を合わせています。

ヒュイーットとロディックは過去はヒューイットの6勝5敗と接近していますが、
ここ4回は全てロディックが勝っています。
またグラスコートでも過去2回の対戦はいずれもロディックが勝っています。
ただしどちらもクイーンズでの対戦で、ウィンブルドンでの対戦は初めてです。
両者ともウィンブルドンでは上位の常連であっただけに初対戦とは少々意外です。
今大会調子の良い両者ですから過去の黄金カードの再現といってほしいものです。
直近の対戦はつい先日のクイーンズで、その時のスコアは「7-6 7-6」でロディックでした。
このスコアからも接戦、熱戦を期待したいと思います。

マレーvsフェレーロも先日のクイーンズで対戦しました。
その時はマレーが勝ちました。これが両者唯一の対戦です。
ただし、ベスト4での対戦だったということで、
長らく低迷していたフェレーロの勝ち上がりに喜ぶべき大会だったともいえます。
勝ちあがり予想ではマレー優勢だとは思いますが、
フェレーロもユーズニー、サントーロ、ゴンザレス、シモンと
実力者、難敵を撃破してきているので
楽しみな試合が期待できるのではないでしょうか。

ハースvsジョコビッチも今年の前哨戦で対戦しています。
今度はクイーンズではなくハレの大会です。
決勝で対戦し、ハースが勝利しました。
それまで2度の対戦はジョコビッチが勝っていましたが
グラスコートでは初対戦でした。
ここでも連勝としてハースの快進撃なるでしょうか。
ジョコビッチは今大会誰に聞いても優勝候補の一角には違いないのですが
それでもフェデラーやマレーの陰に隠れがちです。
その評判を払拭するためには最初の大きな山といえるでしょう。

カルロビッチvsフェデラーは、唯一前哨戦で対戦しなかった顔合わせです。
でもまあこの二人ですから改めて言うまでもなく試合展開は想像できるでしょう。
去年、カルロビッチが初めてフェデラーに勝ちましたが
今年は2度の対戦がありいずれもフェデラーが勝っています。
当サイトにおいて、過去データで重要なのは
フェデラーの8勝1敗という試合結果ではなく
フェデラーの9勝3敗というタイブレーク結果かもしれません。
スポンサーサイト

テーマ:テニス - ジャンル:スポーツ

  1. 2009/06/30(火) 10:01:52|
  2. 2009年4~6月
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<フェデラーのコーチについて | ホーム | 2009年、ウィンブルドン3回戦>>

コメント

Au-sagaさま

  本サイトにグランドスラム初優勝時の年齢についての記事というのはありましたでしょうか?

  20年ほど前に読んだ雑誌の記事に、ウィンブルドン(に限らずグランドスラム全体でもですが)で初優勝した時の年齢は22歳(かそれ以下)という例が非常に多く、逆に22歳までに優勝できなければその後は難しい、という内容が書いてありました。実際にウィンブルドンだけで見ると当時、ベッカー、キャッシュ、エドバーグ*は22歳(か以下)で初優勝していましたし、その後も、シュティヒ、アガシ、サンプラス*、ヒューイット*、フェデラー、ナダル*といずれも22歳かそれ以下でウィンブルドンに初優勝しています(*はGS初優勝ではない)。もちろんクライチェクやイワニセビッチなど例外もありますが、22歳というのはひとつキーになる年齢と言えるのではないでしょうか?本サイトで提唱されている25歳ピーク説に加えて、”22歳初優勝説”というのはいかがでしょう?
  マレーは今年22歳ですが、初優勝するとしたら今年勝っておかないと、その後は年々難しくなるかもしれません。

  ところで、マレーの4回戦は現地時間の10時40分頃までかかったようですが、照明も装備されましたし、少なくともセンターコートでは今後、日没サスペンデッドということは無くなるのでしょうか?ナイトセッションまではやらないでしょうけど。
  1. URL |
  2. 2009/07/02(木) 02:21:57 |
  3. ロナウジーニョロニョロ #m2SnQX12
  4. [ 編集]

ロナウジーニョロニョロ様

初優勝の年齢というのはこれまで大きく取り上げたことはありませんでした。
22歳説を取り上げてみるのは面白そうですね。
22歳よりも後で初優勝している選手は1回だけというのがほとんどで、
その後複数回優勝している選手というのはほとんどいないかもしれませんね。
少し調べてみたくなりました。お題を提供いただきありがとうございます。

また、ウィンブルドンの照明ですが、少々驚きました。
もっとも、現地の夏は10時くらいまでは明るいですから
おっしゃるとおり試合が延びたとき用の予備設備なのでしょうね。
  1. URL |
  2. 2009/07/04(土) 14:53:57 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ausaga.blog71.fc2.com/tb.php/486-4ff8307b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Au-Saga

Author:Au-Saga

本体へのリンク

男子テニスデータ検証サイト
【レンドル最強説】
【更新履歴】
【ATP】

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター