レンドル最強説&フェデラー最強説blog

【レンドル最強説】の雑記部分をブログ化しました。右のリンクから本体へも是非どうぞ。

2009、モントリオールとシンシナティ

モントリオールではマレーが優勝し、自らのNo.2就任に華を添えました。
去年の今頃までは、3強時代で、どの試合にもトップ3が残り、
4人目となるのは誰だ、みたいな記事を書いていたんですが、
その時マレーはまだその他多くの選手と一緒に4人目候補の一人似すぎませんでした。
むしろ一番3強の中に食い込んでいたのはダビデンコだったんですけど
本当に1年で勢力図というのは大きく変化するものです。
そう考えると、むしろ4年にわたり2強時代を形成していた
フェデラーとナダルの記録は称賛すべきかもしれませんね。

また、ロディックとデル・ポトロの活躍で、
ジョコビッチとの差も縮まり、もう4強ともいえない状態になってつつあります。
むしろ6強という言い方のほうが当てはまってくるのかもしれません。
ただこの6強時代が長く続くとは思いません。きっと短期ではあるでしょう。
しかし今後の勢力図を占うには常に頭に入れておくべきメンバーということになります。
メンバーを構成する選手たちも、新旧入り乱れているというのが
面白さに拍車をかけています。

私がかつて夢中になった1980年代中盤以降の勢力図と重なります。
そのときも正に6強といえる新旧入り混じった時代でした。
1985年の年末ランクは、レンドル、マッケンロー、ビランデル、
コナーズ、ベッカー、エドバーグでした。

6強時代というのはレアケースのようでいて、実は歴史上結構あります。
1950年代のプロテニス界でもビッグ6と呼ばれる時代が長く続きましたし、
戦前の1920年代にも、1930年代にもありました。
いずれもテニス界が大いに盛り上がった時代です。
ですので今も本当に面白い時代なんだと思います。


さて、ATPでは間髪をいれずにシンシナティの開催に入ります。
シンシナティではマレーがディフェンディングチャンピオンになります。
このままの勢いを維持してタイトルを守ることができるでしょうか。
去年はジョコビッチ、ナダルがベスト4に残りましたが、
フェデラーはカルロビッチに敗れて残れませんでした。
たしか記憶では4強が揃ってベスト4に残ったという試合は
まだ去年の全米の1回しかないんじゃないかと思います。

今回はドローの発表がランキング発表の前ですので、
ナダルが第2シードでマレーが第3シードになっています。
マレーはフェデラー側の山に入ります。
ロディックはフェデラーとベスト8で当たる山です。
デル・ポトロは決勝の怪我で残念ながらエントリー取り止めとなっています。
ここはしっかり休んで全米に備えてほしいですね。

スポンサーサイト

テーマ:テニス - ジャンル:スポーツ

  1. 2009/08/18(火) 08:12:10|
  2. 2009年7~9月
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2009年、シンシナティ2回戦 | ホーム | 2009年、モントリオール、ベスト4>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ausaga.blog71.fc2.com/tb.php/500-54cbdf0b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Au-Saga

Author:Au-Saga

本体へのリンク

男子テニスデータ検証サイト
【レンドル最強説】
【更新履歴】
【ATP】

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター