レンドル最強説&フェデラー最強説blog

【レンドル最強説】の雑記部分をブログ化しました。右のリンクから本体へも是非どうぞ。

マレーのランキング2位

さて、今年はマレーが2位に到達しました。
2位選手の誕生は2005年のナダル以来のことです。

1973年にランキング制度が始まってから歴代で36人目ということになります。
36人のうち、24人は1位になりました。
1位にならなかった選手は12人です。
ちょうど1位になった選手の半分ですね。
マレーも今のところこの中に入っています。

歴代の2位選手を列挙します。

・マヌエル・オランテス(1973)
・ケン・ローズウォール(1975)
・ギレルモ・ビラス(1975)
・アーサー・アッシュ(1976)
・ミヒャエル・シュティッヒ(1993)
・ゴラン・イバニセビッチ(1994)
・マイケル・チャン(1996)
・ペトル・コルダ(1998)
・アレックス・コレチャ(1999)
・マグヌス・ノーマン(2000)
・トミー・ハース(2002)
・アンディ・マレー(2009)

このうち、ローズウォールはランキング制度前には実質1位になっていた選手であり。
またビラスは現在のランキング制度ならば1977年には1位であったろうとされている選手です。

それ以外は、なるほど2位、という感じの選手が多いですね。
ただ、ノーマンとハースは、やや繰り上げ2位の感が強いようにも思います。
2000年から2002年は全体的にランキングが定まらず、混沌としていた時代でしたので
そういったメンバーになるのもうなずけます。
両者ともグランドスラムを取っていればあるいは、といったところだったでしょう。
上記でグランドスラムを取っていないのはコレチャ以降の4名のみです。
コレチャはまだマスターズファイナルの獲得がありましたので、
ノーマン、ハースよりは大きな大会での実績はあると言っていいかもしれません。

さて、そうした中でのマレーの存在ですが、今現在の観点からすれば、
歴史上でも特例的な3強時代に割って入ったことで既に脇役感は薄れており、
十分な2位の資格があるように思います。
ただ、やはりグランドスラム、マスターズファイナルといった大きな大会での優勝がないと、
将来的に振り返って見られた時に、脇役度は強まってしまうのではないでしょうか。
これは必ずしも今大会で打破しなければならないことというわけではないですが
正にマレーの直面している課題ですね。

現在はグランドスラムの、それも優勝のポイント比率が非常に高くなっています、
今より上を目指すなら、グランドスラム優勝は必須ですし
場合のよっては、現在のポイントを維持するだけでも
グランドスラム優勝が必要といえます。

スポンサーサイト

テーマ:テニス - ジャンル:スポーツ

  1. 2009/08/30(日) 02:47:43|
  2. 過去の記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<2009年、全米開幕! | ホーム | 2009年、シンシナティ、フェデラー優勝>>

コメント

これを見ると、マレーはグランドスラムを取らない限り1位はないでしょうね。しかも、この全米は得意のハードですし、全豪のリバウンドエースよりも早いのでここで優勝しない限りグランドスラム優勝の機会はしばらくないでしょう。ナダルの調子は上がらず、トップランカーにことごとく勝ち越している今がまさに正念場ですね。

あと、話は変わりますが、ギレルモ・ビラスを思い出させていただきました。ときどき、ナダルと重ね合わせていましたがこう考えると、フェデラー王朝時代にランク1位を取ったというのは相当偉大ですよね。
  1. URL |
  2. 2009/08/30(日) 14:53:21 |
  3. kou34615 #-
  4. [ 編集]

>kou34615様

今年から大会の準優勝以下ポイントは減ってますから
ますますグランドスラム優勝は1位の絶対条件になってくるのだろうと思います。

マレーについては、正直なところ
ウィンブルドンでもう少し上に行くべだったと感じています。

確かにハードコートのパフォーマンスも高いんですけど
実のところ昔から勝率が高かったのはインドアハードであり
アウトドアに関してはここ1年のラッシュが目立つのみで
元々はそれほど得意としていたわけではありませんでした。

もちろんマレーが既に覚醒したと見て問題もないわけですが
好調のロディックやデル・ポトロと当たってどうなるかはわかりません。
ここ全米が正念場というのは間違いないでしょうね。


ビラスとナダルは重なりますね。もう一人、90年代のムスターも重ねて見られていました。
左利きのクレー巧者という点でもそうですが、時代形成の仕方も似ています。
ビラスはコナーズ、ボルグとの3強、ムスターはサンプラス、アガシとの3強
そしてナダルはフェデラー、ジョコビッチとの3強といずれも3強時代を形成しました。
ただ、ご指摘のとおり、3人の中では強烈な1位になりえたのはナダルだけですね。
  1. URL |
  2. 2009/08/31(月) 10:53:36 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ausaga.blog71.fc2.com/tb.php/504-18ae3331
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Au-Saga

Author:Au-Saga

本体へのリンク

男子テニスデータ検証サイト
【レンドル最強説】
【更新履歴】
【ATP】

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター