レンドル最強説&フェデラー最強説blog

【レンドル最強説】の雑記部分をブログ化しました。右のリンクから本体へも是非どうぞ。

2009年、全米開幕!

今年最後のグランドスラムが開幕しました。
注目の選手は多いですが、まずは何といってもトップ4になるでしょう。
1回戦は4人全員がストレートで勝ち上がりました。

やはり4強なわけですから、いずれも強く勝ち上がってくれないと困ります。

中ではマレーが比較的てこずったでしょうか。
ネットプレーや技巧を凝らすタイプの選手は基本的に安定感に欠ける傾向にあります。
レーバーやサンプラスのような歴史的な選手ですらこの傾向は当てはまります。
マレーは生粋のネットプレイヤーとはいえませんが、
大きくはこのタイプに属すると考えていいでしょう。
初戦は調子が良いとは言えませんでした。
ただし、だからと言って心配というほどではないと思います。
長いトーナメントなので1試合での判断はそれほど大きな意味を持ちません。
その時々でどのように勝ち上がるかがポイントだと思います。
マレーはたしかに技巧的な選手ですが、
レーバーやサンプラスとの決定的な違いはサーブよりもレシーブの選手であることです。
サーブがキープできないとそのままずるずる行ってしまうネットプレイヤーとは違い
相手のサーブでも高いパフォーマンスを上げることが可能です。
結果として自分のサーブが良くなくてもストレートで勝利を収めました。
勝ち上がるにつれ調子を上げていってくれると面白いです。

怪我上がりのナダルは相手がガスケということで
苦戦も予想されていたようですが力強さを見せ付けました。
過去全勝であったという相性の良さと、ガスケも長期欠場していましたので
その辺りで試合前ほどの不安はなかったのかもしれません。
動きを見る限り今のところ膝は問題なさそうです。

ジョコビッチは相手がリュビチッチでした。
今の実力差ではジョコビッチの勝ち上がりは当然だったとは思いますが
むしろリュビチッチのほうは大丈夫かという気持ちが強くありました。
全盛期でもリュビチッチの初戦負けというのは珍しくなかったわけですが
ここ最近とんと名前を見なくなっていましたので久しぶりに姿を見て余計気になりました。
同世代の選手たちにはそろそろキャリアを終わらせる選手もでてきています。
オールドファンもこういった選手たちの動向には注目しているのではないでしょうか。
(しかしリュビチッチがオールドファンて、時代が変わりましたね)

フェデラーは2回戦まで終了しています。
3回戦の相手はヒューイットになりました。
まだ3回戦の全てのカードが決定したわけではないですが
屈指の注目カードではないですか。
ただ、かつての決勝の顔合わせです。
早くもここで、というのはこれも時代の変化といえそうですね。

スポンサーサイト

テーマ:テニス - ジャンル:スポーツ

  1. 2009/09/04(金) 09:20:49|
  2. 2009年7~9月
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<2009年、全米3回戦 | ホーム | マレーのランキング2位>>

コメント

久しぶりのコメントです…というか、また質問なんですが。
Au-Sagaさんは確かサフィンのfanでしたよね。サフィンの最後のグランドスラムも終わってしまいましたね。第一セットを取った時は、最後に奮闘したグランドスラムにするのかな?と思いましたが、結局負けてしまいましたね
所で質問なんですが、サフィンとサフィーナは兄妹との事ですが、兄妹なのになんで名字がサフィンとサフィーナと違うのでしょうか?ただ単に日本語での呼び方の違いだけなんでしょうか? いつも質問ばかりですみません
  1. URL |
  2. 2009/09/06(日) 12:29:41 |
  3. フェデラーfan #-
  4. [ 編集]

フェデラーfanさんへ

この質問は私に答えさせてください。

ロシア語圏では苗字に男性名詞、女性名詞と分かれており、そのため多少の違いがあるのです。
例として、シャラポワは父親がシャラポフという名字です。
女性名詞の方がなんとなく女性っぽい名前ですよね。
  1. URL |
  2. 2009/09/06(日) 17:12:14 |
  3. kou34615 #-
  4. [ 編集]

回答ありがとうございます。
とても納得です。
文化が違くて面白いですね。
  1. URL |
  2. 2009/09/07(月) 23:08:29 |
  3. フェデラーfan #-
  4. [ 編集]

>フェデラーfan様
>kou34615様

ご質問及びご回答をありがとうございます、
ロシア語の名前についてはkou34615様のお答えのとおりです。
チャイコフスキー夫人はチャイコフスカヤになりますね。

さて、サフィンの話ですが
残念ながらグランドスラムキャリアが終わってしまいました。
もう少し勝ち上がるようであれば良かったんですけど
最後の勇姿を観るまもなく姿を消してしまいました。
初戦敗退ですから仕方がないですね。
改めて振り返るととても寂しいです。

今期が終わって正式に引退ということになったら
想い出の試合などをじっくり振り返ろうかと思います。
少し引退が早かったのではないかとも思わせますが、
でもこのまま続けていてもきっとパフォーマンスは上がらなかったでしょう。
既に史上最低勝率No.1確定ではあるのですが
退き際としたら英断かもしれません。

まあ、正直なところもうせめて一華くらい(1試合でもいいんで)
咲かせてくれてもいいんですけどねえ。
でもそれもサフィンらしいというか。
  1. URL |
  2. 2009/09/08(火) 09:50:03 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ausaga.blog71.fc2.com/tb.php/505-e62a71e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Au-Saga

Author:Au-Saga

本体へのリンク

男子テニスデータ検証サイト
【レンドル最強説】
【更新履歴】
【ATP】

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター