レンドル最強説&フェデラー最強説blog

【レンドル最強説】の雑記部分をブログ化しました。右のリンクから本体へも是非どうぞ。

2010年、インディアンウェルズ リュビチッチの勝ち上がり

ljubicic-1a.jpg
さて、昨日はフェデラーとジョコビッチの敗退に
焦点をあわせるためにあえて素通りしたわけですが、
やはりリュビチッチ!この選手に触れないわけにはいかないでしょう。

リュビチッチはここ最近、大会自体には出ていたようですが
勝ち上がる姿を見ることはあまりありませんでした。
ほんの数年前のフェデラー最盛期には上位の常連の選手だったのですが。

データ至上主義の当サイトにおいては
生涯勝率とGS勝率の差が激しいことで知られた選手です。
生涯勝率が高く(60%)、GS勝率が低い(48%)というパターンです。
その差12%というのは、当サイト収集データの現役選手の中でダントツの成績です。
2位のカルロビッチが6%差ですからその凄さもわかろうというものです。

そんなリュビチッチが活躍できる場といえば
やはりなんと言ってもマスターズ1000ということになります。
このインディアンウェルズは相性がよく、
過去5年のうち3回準々決勝に進出していました。
今回は初めての準決勝到達です。

しばらく低迷していたかのリュビチッチですが
実は去年のマスターズ1000に関しては結構な頑張りを見せています。
去年は7大会に出場しましたが、そのうち4大会でベスト8に進出しました。
負けた選手もナダルに2敗、ジョコビッチに2敗、マレーに1敗と
トップ選手と当たるまで負けないことも多かったのです。
ベルダスコ、ツォンガ、モンフィス、シモンといった選手にも勝っています。

まあもっとも、グランドスラムに関しては相変わらずで
1回戦敗退が3回、2回戦敗退が1回という有様でしたが。

さて、そのリュビチッチ、今日3/19が誕生日で31才になります。
完全にベテランと言っていい選手ですね。
全盛期は過ぎているのでしょうが、プレースタイルは
速いサーブがあり、柔らかなショットやネットプレーをこなすということで
こういうタイプの選手は結構晩年に一花咲かせたりします。

ダビデンコのケガで大いに残念な思いをしていたところですので
リュビチッチのこの頑張りには大いに勇気づけられました。
スポンサーサイト

テーマ:テニス - ジャンル:スポーツ

  1. 2010/03/19(金) 10:49:36|
  2. 2010年1月~3月
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<2010年、マイアミ4回戦まで | ホーム | 2010年、インディアンウェルズ ベスト8>>

コメント

イヴァン、ついにインディアンウェルズ優勝

準決勝対ナダル戦で第1セットを落としたあたりでTVの電源を切ったのですが、実は第2セットから大逆転。ついに決勝も2セットともタイブレークながら、ロディックを退けました、すごいぞイヴァン!!!
  1. URL |
  2. 2010/03/22(月) 21:18:36 |
  3. White City T.C. #o/PXu/q6
  4. [ 編集]

>White City様

リュビチッチ、まさかの快進撃でした。
これが最後の華となってはほしくないですね。
今年、鬼門であるグランドスラムでの奮起はあるのでしょうか。
  1. URL |
  2. 2010/03/30(火) 13:52:26 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ausaga.blog71.fc2.com/tb.php/540-a8a2c648
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Au-Saga

Author:Au-Saga

本体へのリンク

男子テニスデータ検証サイト
【レンドル最強説】
【更新履歴】
【ATP】

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター