レンドル最強説&フェデラー最強説blog

【レンドル最強説】の雑記部分をブログ化しました。右のリンクから本体へも是非どうぞ。

2010年、ウィンブルドン。史上初の両手打ちバックハンドのベスト4

昨日はあまりの衝撃には試合直後に記事をアップしました。
しかし大会は終わっていません。
フェデラーショックに放心状態になっている場合ではありません。

ここで我々は大会前の記事を思い返す必要があります。

今回遂に長いウィンブルドンの歴史上初めての
両手打ちバックハンドのみによるベスト4が行われることになりました。

既にベスト8の時点で片手打ちはフェデラー一人だったのですが
まさか今年達成されることになるとは・・・。

ベスト4の顔合わせは以下のとおりです。

・ベルディフvsジョコビッチ(0-2)
・マレーvsナダル(3-7)

ベルディフとジョコビッチはこれまで2度の対戦でいずれもジョコビッチが勝っています。
しかしどちらもハードコートであり、グランドスラムでの対戦はありません。
ベルディフは強打もある選手ですが緩い球も織り交ぜます。
最近のジョコビッチもそうですのでパワーだけでない技術の応酬もみたいものです。

どちらの試合も注目なのですが、より注目度の高いのがマレーvsナダル戦でしょう。
フェデラーなきいま、ナダルはトップシードの意地を見せなくてはなりませんが、
それよりも更に勝たなくてはいけないのがマレーではないでしょうか。
ここがフレッド・ペリーになるかティム・ヘンマンになるかの分かれ道です。

マレーは準々決勝で難敵ツォンガを下しました。
最初の方は手を焼きましたが次第にペースをつかんでいくと
最後は完全に安心感のあるプレーになりました。

前半はツォンガがよかったです。
ツォンガのような選手が活躍すると大会は盛り上がります。
ダイナミックで豪快な面もありその一方で繊細なショットを見せたりします。

しかし今回はマレーが上でした。
マレーは相手のペースを掴んで合わせていくのが上手いです。
自分からペースを作っていくことをあまりしないので、
受身のプレーにも見えますがこれがマレーの試合作りなんだと思います。
上手くいったときはプレーがじ本当に綺麗に決まっていきます。
もちろん上手くいかないことも多くあるのですが。

ただ、マレーはナダルと戦うときはこれが違います。
出だしからジョコビッチかと見紛うほどに積極的に仕掛けていきます。
これまでナダルを苦しめたいくつかの試合は全てそうでした。
次の対戦でもそういった違った面が見られるでしょうか。
スポンサーサイト

テーマ:テニス - ジャンル:スポーツ

  1. 2010/07/01(木) 15:39:52|
  2. 2010年4月~6月
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
<<2010年、ウィンブルドンはナダル優勝 | ホーム | 2010年、ウィンブルドン衝撃のフェデラー敗退>>

コメント

まさかの二大会連続での達成・・・

1年で2度達成されたのはフェデラーが1位になる以前の2003年、全豪と全米で達成されたとき以来ですね。
  1. URL |
  2. 2010/07/01(木) 18:11:02 |
  3. 2R #3DQr1K8I
  4. [ 編集]

片手打ちには片手打ちにの良さがあるんですけど、
今後もしばらくは両手打ちがテニス界を支配しそうですね。

トップ10レベルの選手ではフェデラー世代であればまだゴンザレスやブレークがいましたが
ナダル世代になるとガスケがほぼ唯一という感じです。
  1. URL |
  2. 2010/07/02(金) 10:35:36 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

ベルディフがジョコビッチを破りました。

いやあトップ4を2人連破です。

決勝を戦うのはナダルかマレーですので、優勝すればトップ4を3連破ということになりますね。

またこれでベルディフがトップ10に入ってきます。
  1. URL |
  2. 2010/07/02(金) 23:35:52 |
  3. 2R #3DQr1K8I
  4. [ 編集]

ナダル8度目のGS優勝

2010年ウィンブルドン決勝は、6-3,7-5,6-4でナダルがベルディフを破って2年ぶり2度目、グランドスラム通算では全仏に続いて2大会連続、8度目の優勝となりました。

オープン化後ではコナーズ、レンドル、アガシと並びました(オープン化前を含めばさらにペリーとローズウォール)。

また全仏・ウィンブルドン同一年制覇も2年ぶり2度目の快挙です。

フェデラーとのポイント差も一気に3640ポイント広げ、いよいよ本格的なナダル時代の到来の予感です。

次なる目標は、全米でのキャリアグランドスラムの完成です。
といいつつも、フェデラーによる6度目の全米制覇(+7年連続決勝進出)を願っている部分もあるので、心中は少々複雑です。

フェデラーは、全米で準決勝まで進出すれば、今年のグランドスラム勝利数が20に到達します。
また、ナダルは3回戦進出で同じく今年20勝です。
ジョコビッチはあと7勝必要ですので優勝しかありません。
マレーは決勝進出で20勝到達です。
20勝到達の可能性を残しているのはここまでです。


また、今回の集計に関するメールをお送りしました。
調べてみたうちでの最大の謎は『デル=ポトロのタイブレーク勝率の食い違い』でした。
時間のあるときにご一読くだされば幸いです。
  1. URL |
  2. 2010/07/05(月) 01:17:18 |
  3. 2R #3DQr1K8I
  4. [ 編集]

>2R様

これまで20勝の選手が3人登場したのは確か1991年の
エドバーグ、クーリエ、ベッカーの一度きりだけだったと思います。
ここでもしもジョコビッチが優勝、マレーが準優勝ということになったら
4人が達成するという前代未聞のことになるわけですが、
ある意味、歴史上の屈指の4強時代といった印象付けのためにも
そのような展開になってくれるのも面白いかもしれません。

またメールありがとうございました。
内容のほうはじっくり拝見します。
  1. URL |
  2. 2010/07/06(火) 14:21:40 |
  3. Au-Saga #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ausaga.blog71.fc2.com/tb.php/560-5114c7a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Au-Saga

Author:Au-Saga

本体へのリンク

男子テニスデータ検証サイト
【レンドル最強説】
【更新履歴】
【ATP】

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター